カテゴリー

最近のコメント

« RPAが働き方改革や業務効率化の切り札として定着しつつある | トップページ | 公立小学校教員の人気低下に歯止めがかからない »

アメリカ資本財株が最高値圏に

2019年11月12日(火)Newsモーニングサテライト

大和証券CMアメリカ シュナイダー恵子さん

アップル、マイクロソフトなどに続き、先週はグーグルが最高値を更新しました。最高値近辺にいる企業を調べると、意外にも資本財の企業が多くて驚きます。先週は資本財セクターが最高値を付けたことがメディアでも話題になっていました。
最高値更新といっても、資本財セクターは2年ほどレンジ相場をやっと上に抜けた高値です。例えば、鉄道株の場合は今年の輸送量が貿易戦争で大きく落ち込んでいるので、来年は前年との比較が楽になりますし、米中協議に進展があれば、さらにプラスです。コスト削減や事業見直しなどの効果もこれからの業績に貢献しそうです。
これまでは貿易戦争のリスクを回避するため、一部の優良銘柄に資金が集中する相場でしたが、景気減速懸念が後退するとともに、資本財などバリュー株を見直す動きがみられます。物色の対象、買われる企業の幅が広がることは株価上昇のサインと投資家の注目を集めています。

« RPAが働き方改革や業務効率化の切り札として定着しつつある | トップページ | 公立小学校教員の人気低下に歯止めがかからない »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« RPAが働き方改革や業務効率化の切り札として定着しつつある | トップページ | 公立小学校教員の人気低下に歯止めがかからない »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ