カテゴリー

最近のコメント

« 日本が知的財産の収支で黒字を伸ばし続けている | トップページ | モバイルPOSレジが中小の飲食店や小売りの現場に広がる »

ディズニー・プラスの注目点は

2019年11月20日(水)Newsモーニングサテライト

マキシム・グループ 久野誠太郎さん

サービス開始初日に1000万人の契約者数を獲得したことが話題となりました。ネットフリックスの四半期での獲得契約者数の最高が今年1-3月期の960万人で、これを上回る数字を24時間で達成したことになり、予想以上の人気の高さがうかがえます。
競争激化を懸念する声もありますが、ウォールストリートジャーナルの調査ではアメリカ人は動画配信サービスに月々平均44ドルを支出し、平均3.6件のサービスに加入するとの結果が出ています。ディズニー・プラスはネットフリックスと顧客を取り合うのではなく、むしろ共存して、動画配信サービス市場全体が拡大していくといえそうです。
ディズニーは5年間は投資が先行する時期としており、5年後の2024年度に契約者数が6000万から9000万人、収支も黒字化するとの見通しを示しています。投資家としてもしばらく動画配信サービスの契約者数に注目することになりそうです。まずは10-12月期のアメリカを中心とした契約者数、そして3月末にヨーロッパで開始されるサービスの数字が4-6月期決算で明らかになります。それまでは期待が先行して、株価も堅調に推移するとみています。

« 日本が知的財産の収支で黒字を伸ばし続けている | トップページ | モバイルPOSレジが中小の飲食店や小売りの現場に広がる »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本が知的財産の収支で黒字を伸ばし続けている | トップページ | モバイルPOSレジが中小の飲食店や小売りの現場に広がる »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ