カテゴリー

最近のコメント

« 第44回 エリザベス女王杯GⅠラッキーライラック | トップページ | RPAが働き方改革や業務効率化の切り札として定着しつつある »

運送会社やバス会社の働きやすさを評価する制度を創設する

トラックなどの運転手不足が常態化するなか、国土交通省は運送会社やバス会社の働きやすさを評価する制度を2019年度中に創設するという。
労働時間の長さや休暇制度の充実ぶりなどを採点し、「三つ星」まで3段階で認証するらしい。
労働環境の改善につなげるとともに、認証取得をハローワークなどでアピールして人材確保を後押しするそうだ。
国が認証機関を創設しても機能するか疑問。評価項目と結果を国土交通省が公表すれば、民間企業が労働者のためになるものを作ってくれるはずだ。

« 第44回 エリザベス女王杯GⅠラッキーライラック | トップページ | RPAが働き方改革や業務効率化の切り札として定着しつつある »

管理人のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第44回 エリザベス女王杯GⅠラッキーライラック | トップページ | RPAが働き方改革や業務効率化の切り札として定着しつつある »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ