カテゴリー

最近のコメント

« ふるさと納税で多額の寄付を集めた自治体で基金増 | トップページ | 通信事業者が相次ぎ位置情報サービスを高度化 »

ダウ 14%上昇予想の根拠

2020年1月8日(水)Newsモーニングサテライト

ホリコ・キャピタル・マネジマント 堀古英司さん

ダウ 14%上昇予想の根拠
32500ドルまで行くとなると 14%の上昇ということになりますけれども、 これは決して無理な数字ではないと思っています。 まず、1986年以降のS&P500指数企業の株価収益倍率は 現在予想されている今年末時点の株価収益倍率は17.9倍 で、 この34年間の平均は19.2倍 です。すなわち平均に戻るだけで株価の上昇は7%見込めるということになります。
残りが利益成長率なんですよね 現在市場の予想の利益成長率の平均は10%なんですけれども、やや保守的に見て7%というのを当てはめました。すなわち利益成長の寄与分が7%、株価収益倍率の上昇分の寄与が7%、 合計で14%という予想を出しました。
過去の例からすると息切れというのは実はあまりないんですよね。過去50年間、年間で25% 以上上昇したケースというのは10回あるんですけれども、そのうち8回はその翌年も上昇しています。その上昇した8回の平均の翌年の上昇率というのは15.6%となっていますので、ここからしても14%の上昇というのは無理がないと考えています。

« ふるさと納税で多額の寄付を集めた自治体で基金増 | トップページ | 通信事業者が相次ぎ位置情報サービスを高度化 »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ふるさと納税で多額の寄付を集めた自治体で基金増 | トップページ | 通信事業者が相次ぎ位置情報サービスを高度化 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ