カテゴリー

最近のコメント

« 漁港がおいしく楽しい施設へ変化 | トップページ | NTTは独自の電力網の整備に乗り出す »

魚種交代という数十年規模の変化

秋の味覚を代表するサンマの不漁が食卓に打撃を与えているそうだ。
イワシやスルメイカの漁獲も不振が続くらしい。
全ての魚が捕れなくなっているのではなく、マサバなどは漁獲量が増えたそうだ。
どうやら日本を取り巻く漁場で「魚種交代」という、数十年規模の変化が起きているようだ。
専門家は持続可能な漁業を目指し海の生態を詳しく調べる必要があると訴えているらしい。
単純に獲れる魚を食べるということをもっと認知されることが重要なはずだが、その取り組みは進まない。

 

« 漁港がおいしく楽しい施設へ変化 | トップページ | NTTは独自の電力網の整備に乗り出す »

管理人のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 漁港がおいしく楽しい施設へ変化 | トップページ | NTTは独自の電力網の整備に乗り出す »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ