カテゴリー

最近のコメント

« 東京都内の最低賃金は1013円 | トップページ | スルメイカ漁が昨年を上回る記録的不漁 »

公的年金を巡り世代間のあつれき

公的年金を巡り、世代間のあつれきが強まっているそうだ。
厚生労働省は働く高齢者の年金を減らす在職老齢年金制度で、対象者の月収額を51万円超とする案を審議会に示したようだ。
当初案は働く高齢者の意欲を引き出すため、月収62万円超として減額の対象を大きく減らす方針だったという。
だが、高齢者への給付増への批判から、絞り込みは小幅にとどまったらしい。
本格的な給付抑制を避けたままでは、年金改革が空回りすることが改めて浮き彫りになったそうだ。
月収51万円以上の人ばかりで構成される審議会で自分たちのための議論が進んでいく。

« 東京都内の最低賃金は1013円 | トップページ | スルメイカ漁が昨年を上回る記録的不漁 »

管理人のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京都内の最低賃金は1013円 | トップページ | スルメイカ漁が昨年を上回る記録的不漁 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ