カテゴリー

最近のコメント

« 蓄電池で経済産業省が賭けに出た | トップページ | 意外な地域で地価が上向いている »

アメリカ大統領選の民主党候補は?

2020年1月15日(水)Newsモーニングサテライト

野村グループ 草田裕紀さん

アメリカ大統領選の民主党候補は?
参加基準を満たした候補者6人による討論会が予定されています。マンモス大学が実施したアイオワ州の直近の世論調査では24%の支持を集めたバイデン氏を筆頭に、サンダース氏、ブティジェッジ氏、ウォーレン氏が続きます。ここに多くの州で予備選が行われる3月のスーパーチューズデーからブルームバーグ氏が加わり、5強の混戦状態になるとみられています。
民主党の候補者は各州の党員集会や予備選で選ばれた代議員の数で決まります。直近の世論調査の数字をもとに2月に行われる4つの州における候補4人の代議員の獲得見通しを推計すると、トップのバイデン氏でも過半数には届いておらず、序盤に誰かが抜け出すという展開は想定されません。
今年はカリフォルニア州など多くの代議員を抱える州がスーパーチューズデーに合わせて前倒しされていて、3月末までに代議員の約3分の2が選ばれます。裏を返せば、今回は4月以降に大きな山場がなく、3月末までにほかの候補を引き離して先行できなければ、7月の民主党全国大会まで指名争いが長引くこともあると考えています。

« 蓄電池で経済産業省が賭けに出た | トップページ | 意外な地域で地価が上向いている »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蓄電池で経済産業省が賭けに出た | トップページ | 意外な地域で地価が上向いている »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ