カテゴリー

最近のコメント

« 機関投資家の保有動向は | トップページ | サンダース大統領で伸びる業種は? »

アジアで農水産業に最先端技術の導入

食料の一大生産拠点であるアジアで、農水産業に最先端技術の導入が始まった。
タイ最大財閥チャロン・ポカパン(CP)グループは人工知能(AI)による養豚に取り組む。
エビ輸出世界最大手、ベトナムのミンフー水産は水質管理などで養殖の効率を3倍に上げる。
感染症を防ぐとともに上昇傾向にある人件費の抑制にもつなげる。
人海戦術だったアジアの1次産業が大きく変わる。
気がつけば、日本の農水産業が周回遅れになっているかもしれない。

« 機関投資家の保有動向は | トップページ | サンダース大統領で伸びる業種は? »

管理人のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 機関投資家の保有動向は | トップページ | サンダース大統領で伸びる業種は? »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ