カテゴリー

最近のコメント

« 新国立競技場、大会後の活用を不安視 | トップページ | 国産の鶏卵輸出量の伸び »

相場急落でも好調な銘柄は?

2020年3月4日(水)Newsモーニングサテライト

マキシム・グループ 久野誠太郎さん

相場急落でも好調な銘柄は?
S&P500指数は2月19日に付けた高値から2日の時点で8.7%の下落となっていましたけれども、同じ期間に新型肺炎の治療薬の開発が期待されるバイオ関連のギリアド・サイエンシズ、リジェネロン・ファーマシューティカルズ、また、ウイルス対策への特需から抗菌製品メーカーのクロロックス、防護作業服メーカーのレイクランド・インダストリーズ、さらにクラウドベースのビデオ会議システムを提供するズーム・ビデオの上昇が目立ちました。
コロナウイルスの感染拡大を受けて、需要の増加が期待されており、4日に予定されている決算ではどのような業績見通しを示してくるのか注目しています。
確かにウイルス対策製品などはいわゆる特需で、一時的な需要とみられますが、ズームのような遠隔からのアクセスが可能なクラウドベースのサービスへの需要は一過性ではないとみています。というのも、企業や教育機関、政府などは今回の問題を機に危機管理の必要性を認識させられ、今後は在宅勤務や在宅学習などへの備えを充実させるはずです。こうしたサービスへの需要はむしろ加速するのではないでしょうか。

« 新国立競技場、大会後の活用を不安視 | トップページ | 国産の鶏卵輸出量の伸び »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新国立競技場、大会後の活用を不安視 | トップページ | 国産の鶏卵輸出量の伸び »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ