カテゴリー

最近のコメント

« 授業でのデジタル機器の活用が国際比較で際だって少ない | トップページ | 世界は新たな学歴社会に突入 »

国家戦略特区の利用者は開始から1年強で16人

インターネットで服薬指導を受け、自宅から処方薬を購入する制度の普及に黄信号がともっている。
厚生労働省は薬剤師が対面販売する規制を緩和し、2020年度にもオンラインの指導を介した「ネット処方薬」の解禁を見据える。
ただ先行実施した国家戦略特区の利用者は開始から1年強で16人どまりで、登録した薬局数29店より少ない。
要件が煩雑で利便と逆行するルールもある。
制度の浸透は医療費抑制につながると期待されるが課題は山積している。

« 授業でのデジタル機器の活用が国際比較で際だって少ない | トップページ | 世界は新たな学歴社会に突入 »

管理人のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 授業でのデジタル機器の活用が国際比較で際だって少ない | トップページ | 世界は新たな学歴社会に突入 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ