カテゴリー

最近のコメント

« 情報を評価する力などが不十分 | トップページ | 日本の内需企業で海外事業が成長の柱 »

複合的な問題を抱えている家庭に対応

引きこもりを中心に介護、困窮といった複合的な問題を抱えている家庭に対応するため、厚生労働省は市区町村の体制整備を促す方針を決めた。
医療、介護など制度の縦割りをなくして窓口を一本化し、就労から居場所まで、社会とつながる仕組み作りを進める自治体を財政面で支援する。
通常国会に関連法案を提出し、早ければ2021年度から実施する。

« 情報を評価する力などが不十分 | トップページ | 日本の内需企業で海外事業が成長の柱 »

管理人のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 情報を評価する力などが不十分 | トップページ | 日本の内需企業で海外事業が成長の柱 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ