カテゴリー

最近のコメント

« 巨大IT企業の規制強化に向けた新法案 | トップページ | デジタル技術で業界に古くからある規制や慣行に挑んでいる »

人工衛星の観測データを使って漁業を効率化

人工衛星の観測データを使って漁業を効率化する取り組みが広がっている。
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は地球観測衛星「しきさい」で調べた海水温などのデータを提供。
魚が多い漁場の予測や養殖魚の餌の量を調節するのに活用され「深刻化する担い手不足を補える」と漁業者らに好評だ。
農業分野でも今後、利用が進む可能性がある。

« 巨大IT企業の規制強化に向けた新法案 | トップページ | デジタル技術で業界に古くからある規制や慣行に挑んでいる »

管理人のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 巨大IT企業の規制強化に向けた新法案 | トップページ | デジタル技術で業界に古くからある規制や慣行に挑んでいる »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ