カテゴリー

最近のコメント

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

第87回 東京優駿 コントレイル

2020年5月31日(日曜) 2回東京12日
発走時刻:15時40分
第87回 東京優駿
3歳オープン(国際)牡・牝(指定)定量
コース:2,400メートル(芝・左)
実況:小塚歩さん

5番コントレイル、父以来、2005年ディープインパクト以来、無敗での2冠制覇です。文句ありません、突き抜けました5番コントレイル。12番サリオス、今日は中団から5番コントレイルを追いましたが、その差は詰まることはありませんでした。終わってみたら1強。父と同じ赤い帽子、3枠5番、コントレイル、5戦5勝で無敗で皐月賞、日本ダービー、2冠制覇です。2着12番サリオス、3着混戦ですが、6番ヴェルトライゼンデ3着。勝ちタイム2分24秒1、上りはゴールまでの800m46秒1、600mは34秒3。
プレッシャーもなんのその、3コーナーでややポジションが下がるシーンもありましたが、鞍上福永祐一騎手、コントレイルの力を信じ切っていました。直線、難なく外に持ち出すと、馬場の真ん中、真一文字に突き抜けました。2分24秒1、去年のダービーレコードには及ばないものの、見事な後続との差をつけての無敗での2冠達成です。

事実上の関税を課す国境炭素税を導入する検討

欧州連合(EU)の欧州委員会は、環境規制の緩い国からの輸入品に対し、事実上の関税を課す「国境炭素税」を導入する検討に入った。
EUは今後、温暖化ガス排出の削減目標を大幅に引き上げる方針。
それに対応するEU域内の企業には短期的にコスト増が懸念される。
そのため、同税の導入で域内と域外の企業間で不公平感を減らしたいのが狙いだ。
21年にも導入する計画。
ただ米中はEU独自の関税引き上げに反発する。

2019年産米の最高位 特Aの取得数は54銘柄

日本穀物検定協会が発表した食味ランキングで、2019年産米の最高位「特A」の取得数は54銘柄と過去最多だった前年より1減ったが、高水準を維持した。
コメ産地で食味の優れた高級ブランド米が増えているためで、特Aは出品数全体の3分の1に上る。
高品質のコメが増えていることで産地間の競争が一段と激しくなっている。

アメリカ 人の移動は回復するか?

2020年5月29日(金)Newsモーニングサテライト

SMBC日興セキュリティーズ・アメリカ 大塚祐貴さん

アメリカ 人の移動は回復するか?
アメリカの多くの州で外出制限措置が徐々に緩和される中で人々の移動を示すデータに注目しています。TSAアメリカ運輸保安局が開示している空港で手荷物検査を受けた人数の推移は4月下旬ごろから緩やかに持ち直していることが確認できます。ただ、前の年と比べれば、依然として9割近い減少となっています。
確かに足元では外出制限が追い風となってきたハイテク銘柄が売られ、経済活動再開への期待から航空株などの景気敏感株が買われる動きも見られています。ただ、引き続きソーシャルディスタンスの確保などが求められる中で、顧客の数は市場が期待するほど早くは回復しない可能性があります。また、中国がアメリカ航空会社による中国便の再開を認めないなど米中対立の悪影響も警戒され、慎重な見方が必要だと考えています。

超高額な医薬品の相次ぐ登場が医療制度を揺さぶっている

価格が超高額な医薬品の相次ぐ登場が医療制度を揺さぶっている。
厚生労働省の審議会は、米国で1回2億円を超す価格のついた遺伝子治療薬の国内での販売を承認すると決めた。
だが、高額医療の自己負担を抑える仕組みが適用されるため患者の負担は小さい。
治療効果が大きい薬の誕生は喜ぶべきことだ。
一方で医療保険の財政はきしみ、持続可能性が危ぶまれる。

アメリカ経済再開でオフィス回帰?

2020年5月28日(木)Newsモーニングサテライト

大和証券CMアメリカ シュナイダー恵子さん

アメリカ経済再開でオフィス回帰?
アジアではほぼ平常に戻っているようですが、コロナによる死者が10万人に迫るアメリカではオフィスに戻ることに慎重です。同僚との距離をどう保つか、地下鉄や高層ビルのエレベーターなど通勤も大きなハードルになります。アメックス、フェイスブック、グーグルなど年末まで在宅勤務を続ける企業が多くなっています。
テレワークでも十分に働ける通信環境が進んでいますので、コロナ終息後もテレワークが広く定着しそうです。これを受けてデータセンター需要が増加し、ZOOMなど情報共有ソフトはイノベーションが進みそうです。そして、働き方が変わると服装も変わります。ステイホームでビジネスカジュアル化が一気に進み、スポーツアパレルのルルレモンの株価は3月の安値から2倍になりました。コロナでライフスタイルが大きく変わりそうです。

農薬への規制が世界で厳しくなっている

昆虫など生態系に影響を与えかねない農薬への規制が世界で厳しくなっている。
日本では農薬取締法の改正に伴い、今年4月以降、農薬の安全性の評価が厳格になる。
先行する欧州連合(EU)では、虫などの神経に作用する農薬の使用を禁じた。
健康や環境への影響を懸念する消費者の声に応える各国政府の動きに農薬メーカーは対応を迫られている。

アメリカ住宅建設セクターに注目

2020年5月27日(水)Newsモーニングサテライト

ホリコ・キャピタル・マネジマント 堀古英司さん

アメリカ住宅建設セクターに注目
住宅建設セクターが面白いと思います。歴史的に見れば、住宅はこれまでのほとんどのリセッションの原因となってきたと同時に、この住宅市場を回復させることが経済の回復につながっていきました。今回は違って、住宅はリセッションの原因ではないんですけれども、同じなのは住宅市場への刺激が経済の回復につながるということです。アメリカの中古住宅の在庫の推移は足元では歴史的な低水準となっています。需給バランスが良くなっていて、消費者のマインドが少しでも改善するだけで、住宅市場は敏感に反応するはずだと思います。
住宅を取得する能力があるかどうかを示す指数は、今回、金利が一気に引き下げられたことで、住宅を買う余裕はおよそ4年ぶりの水準に上昇しています。これまでリセッションといえば、住宅建設セクターへの投資は避けられてきましたけれども、最近の住宅建設メーカーは借金も在庫も少なくなってきています。この歴史にとらわれ過ぎていると、このような投資のチャンスを逃す可能性があると思います。

ビールのシェアが分からなくなった

アサヒビールが2020年から販売量の公表をやめた。
これで30年近く続いたビールのシェアが分からなくなった。
アサヒ、キリンビール、サントリービール、サッポロビールの4社で争ってきた業界だが、トップを巡るアサヒとキリンの暗闘の果ての結末と言える。
商品を選ぶ基準でもあったシェアの消失は消費者も混乱させる。

デジタル市場の透明性を高めるための新法案

政府は閣議で、巨大IT(情報技術)企業による市場寡占が懸念されているデジタル市場の透明性を高めるための新法案を決定した。
インターネット通販やアプリストアを運営する事業者に、契約条件の開示や契約変更時の事前通知を義務付ける。
巨大IT企業は運営状況を毎年度、政府に報告し、政府は報告を評価・公表する。

管理職の女性の方がセクハラの被害を受けることが多い

非管理職の女性に比べ、管理職の女性の方がセクハラの被害を受けることが多いことが、日本とスウェーデンの研究者による共同調査で分かった。
セクハラなどは一般的に、上司ら立場の強い人が弱い人に行うケースが多いとされるが、研究にあたった専門家は「女性は地位が上がるにつれ、部下からも嫌がらせを受けるようになっている」と分析している。

第81回 優駿牝馬 デアリングタクト

2020年5月24日(日曜) 2回東京10日
発走時刻:15時40分
第81回 優駿牝馬 3歳オープン(国際)牝(指定)定量
コース:2,400メートル(芝・左)
実況:大関隼さん

後方から馬群を捌いて、捌いて、あっという間に突き抜けました4番デアリングタクト、無敗の2冠達成です。昭和32年のミスオンワード以来、63年ぶり、無敗の2冠牝馬の誕生でございます。そして、2着争いは接戦。16番ウインマリリンと7番ウインマイティ―、接戦になりました。1着は4番、2着争いは2頭、16番、7番、接戦。勝ちタイム2分24秒4、上がりタイムゴールまでの800mは46秒3、600mは34秒2です。
計ったように差し切りました、4番デアリングタクト、松山弘平騎手。最内からしぶとく脚を繰り出して16番ウインマリリンが2着。最後、この2頭の間に入る形、7番ウインマイティ―が3着。その後にリアアメリア、クラヴァシュドールと続いています。

世界的なスタートアップ企業が生まれる都市・東京

世界的なスタートアップ企業が生まれる都市・東京をめざした官民の取り組みが動き出した。
国内外の企業が相次ぎ起業家向けの施設を開設。
行政も企業や大学と連携して支援体制を拡充しているが、起業の環境は海外に大きく後れを取る。
経済の起爆剤となるイノベーション(技術革新)を生み出す都市へ東京は巻き返せるか。

電力の相対取引が成立しやすくなる新たなサービス

東京商品取引所は、電力会社などによる電力の相対取引が成立しやすくなる新たなサービスを3月に始める。
注文の仲介業者が集めた売買の希望価格を確認できる場を立ち上げ、取引相手を見つけやすくする。
成約した注文は東商取の先物市場で決済や清算をする。
電力取引は海外の取引所が参入するなど競合が激しい。流動性を高め顧客の囲い込みにつなげる。

アメリカ小売決算にサプライズ

2020年5月22日(金)Newsモーニングサテライト

野村グループ 田部井智春さん

アメリカ小売決算の傾向は?
大型ディスカウント小売りを中心に買いだめ需要などで既存店売上高が堅調となったほか、各社ともオンライン販売の好調が目立つ内容となりました。マージンの低い食品や生活必需品が売上の大半を占めたこと。また、感染拡大に伴う手当の支払や安全衛生対策など新型コロナ対策費用の増加が企業利益の重石となる格好になっています。

アメリカ小売決算にサプライズ
最もサプライズとなったのはカー用品店の既存店売上高が第2四半期の4月以降でプラスとなったことです。これは感染の懸念から外出の際、公共の交通機関ではなく、個人的な移動手段を好む傾向があるためではないかと考えています。アメリカ各地で段階的な外出規制の緩和が進む中、気温が上がって、移動機会が増えることや足元のガソリン価格低下も後押しし、カー用品店への追い風が続くのではないかと考えています。

中小企業について1年間猶予されていた残業時間規制

中小企業について1年間猶予されていた残業時間規制が4月から始まる。
「月100時間未満、年720時間」を上限とする規制が先行している大企業からしわ寄せがいく形で、中小の長時間労働が続くことのないように政府は監視を強める。
経済産業省は下請中小企業振興法に基づく行政指導も視野に入れる。
労働時間を短縮し、生産性向上をめざす国際的な競争は激しく、人手不足のなかで働き方改革の成果が問われる。

ファーウェイ禁輸で半導体に明暗か

2020年5月21日(木)Newsモーニングサテライト

米国みずほ証券 川尻賢弥さん

ファーウェイ禁輸で半導体に明暗か
半導体関連銘柄の中でも明暗が分かれる可能性があります。台湾や中国に本拠地があり、半導体受託製造各社はファーウェイからの受注が減ることになり、間接的には半導体製造装置への支出額への影響が出てくる可能性があるとみています。
ファーウェイはAI、人工知能に使われる半導体も手掛けていますが、今回の制裁で部品の調達が滞り、出荷が制限されることになれば、中国のデータセンター市場において競合するアメリカの半導体大手エヌビディアなどの存在感が一層高まる可能性もあります。エヌビディアの株価はやや割高な水準で取引されていますが、明日発表される決算の中身次第では長期投資の観点から引き続き注目できると考えています。

家庭向け蓄電池の価格が重要な節目

再生可能エネルギーの普及に欠かせない家庭向け蓄電池の価格が重要な節目に差し掛かっている。
米テスラが日本に投入する製品は蓄電容量1キロワット時あたりの価格でみると、国内の既存製品より格段に安い。
太陽光パネルの設置費用などを考慮しても、電力会社から電気を買うより合理的となる水準に迫る。

機関投資家の株式保有は?

2020年5月20日(水)Newsモーニングサテライト

大和証券CMアメリカ 森本裕貴さん

機関投資家の株式保有は?
セクター別で最も保有比率が増えたのが情報技術とヘルスケアで、この両セクターの人気が高いと改めて感じました。実は10-12月期の保有状況でも最も比率を増やしたのが情報技術とヘルスケアでした。12月時点ではリスクオン、3月はリスクオフと相場環境が一変したにもかかわらず、物色の矛先が変わっていないのは興味深いことだと思いました。
この両セクターが上位を占めるもう一つのデータがあります。それは1-3月期決算のサプライズ比率です。売上と利益が市場予想を上回った銘柄の比率を示すものですが、1位はヘルスケア、2位は情報技術でした。新型コロナウイルスによる景気不透明感が高まる中でしたが、ヘルスケアは景気耐性が強いこと、情報技術は巣ごもり消費やテレワークといった追い風を受けたことが背景にあります。思い返せば、昨年12月は高値警戒感が市場を覆っていました。業績に安定感がある企業を求めるといったトレンドは当時から一貫して変わっておらず、それが情報技術とヘルスケア株への物色につながっているということでしょう。

介護保険料、年1万円を超える負担増になる人が続出

主に大企業で働く会社員の介護保険料が4月から大幅に上がる。
年収が高い人に多く払ってもらう仕組みが全面施行され、年1万円を超える負担増になる人が続出する。
大企業が中心の健康保険組合の保険料は前年度より700億円増える見通しだ。
介護保険は高齢化が進む中で現役世代の負担が増し、高齢者の負担上げやサービスの絞り込みが避けられない。

小売決算 オンライン対応に注目

2020年5月19日(火)Newsモーニングサテライト

SMBC日興セキュリティーズ・アメリカ 大関千尋さん

小売決算 オンライン対応に注目
4月小売売上高は前の月から16.4%の減少となり、3月に続いて過去最大の下げ幅となりました。一方で、項目別ではオンラインショッピングを含む無店舗販売が前の月から8.4%増と過去2番目の増加となり、多くの地域でロックダウンが続く中、消費者がオンラインへのシフトを加速させていることが改めて示されました。
明日に発表を控えるウォルマートに注目しています。ウォルマートは過去数年にわたりネットと実店舗の融合に大掛かりな投資を実施しており、オンラインにシフトする消費者の動きをとらえる体制が整っていたものと思われます。アメリカの調査会社によると、食料品を注文するアプリの1日当たりのダウンロード数は4月5日時点で、1月時点と比べ5.6倍となり、急速な普及が示唆される状況です。決算でeコマースの力強い成長が示されれば、消費行動の変化に伴う長期的な恩恵を受けることへの確信が一段と高まりそうです。

ひきこもりの人や家族が集う居場所を設置しているのは約18%

都道府県と政令市にある「ひきこもり地域支援センター」と、市町村の生活困窮者窓口を対象にした調査で、ひきこもりの人や家族が集う居場所を設置しているのは約18%にとどまることが分かった。
NPO法人「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」(東京)が神戸市で開いたシンポジウムで明らかにした。

民事紛争をインターネット上で解決する仕組み

離婚や金銭トラブルといった民事紛争をインターネット上で解決する仕組みをつくる官民の動きが活発になってきた。
裁判所などに出向く手間を省き、速く安く解決できる手段として海外で急拡大しているが、日本では法律の壁があり、参入を目指す企業の実験が始まったばかりだ。

第15回 ヴィクトリアマイル アーモンドアイ

2020年5月17日(日曜) 2回東京8日
発走時刻:15時40分
第15回 ヴィクトリアマイル
4歳以上オープン(国際)牝(指定)定量
コース:1,600メートル(芝・左)
実況:小林雅巳さん

現役最強馬アーモンドアイ、ここにあり。残り300mの地点でしたでしょうか、まったく手応えが違います。懸命に逃げるトロワゼトワル、追い込むサウンドキアラなど、あっさりと交わして、突き抜けて、GⅠ7勝目。恐れ入りました。これがアーモンドアイです。そして、2番手はどうでしょう、一旦サウンドキアラ、2番手に上がったところ、ノームコア追い込んできています。勝ち時計は1分30秒6。12番アーモンドアイ、圧勝です。2番手は18番サウンドキアラ、3番手、追い込んだ16番ノームコア、そして、逃げた13番トロワゼトワル、ダノンファンタジーと続いています。

私立学校法を改正するなどして役員に刑事罰を適用

医学部の不適切入試など大学の不祥事が続くなか、文部科学省の有識者会議が学校法人のガバナンス強化に向けた検討を始めた。
意思決定に外部の意見をより反映させるほか、私立学校法を改正するなどして役員に刑事罰を適用するといった改革案の是非を検討する。
ただ「一部の不祥事によって規制を強化するのはよくない」との意見も根強く、議論は難航しそうだ。

農業法人の誘致や育成に力を入れ始めた

首都圏自治体が農業法人の誘致や育成に力を入れ始めた。
農地確保を仲介したり、農業機械・設備にかかる費用を助成したりと、支援制度を相次ぎ拡充。
担い手不足や高齢化が深刻さを増すなか、最大の消費地を抱え、物流網も整っている首都圏ならではの強みを生かして、農業を再び「稼げる」産業へと生まれ変わらせることを目指す。

アメリカ シスコ決算 ビデオ会議好調

2020年5月15日(金)Newsモーニングサテライト

マキシム・グループ 久野誠太郎さん

アメリカ シスコ決算 ビデオ会議好調
2-4月期決算は7.5%減収、8.9%の減益となりましたが、市場予想ほど悪くない結果となり、株価は今日の取引で5%近く上昇しました。製品部門は12%減収、新型コロナによるサプライチェーンへの影響などから主力の通信機器であるルーターなどが足を引っ張りました。サービス部門は5%増収、ソフトウェアの74%を定期購入、サブスクリプションが占める結果となり、新型コロナの悪影響を緩和する役目を果たしたといえます。
シスコのビデオ会議システムWebexです。Webexの会議に参加した人数は1カ月間で3倍以上に増え、5億人を超えたほか、4月の利用時間は2月の3倍以上に増えました。これらの多くはお試し期間中であり、将来の売上高に貢献するものとなりますが、新型コロナにより需要の増加が見込まれるクラウド関連ソフトウェアが引き続き相場の注目を集めることになりそうです。

小売りや外食の現場を担ってきたフリーターが急減

コンビニエンスストアなど小売りや外食の現場を担ってきたフリーターが急減している。
2019年には全国で140万人を下回り、ピーク時に比べて4割弱減った。
卒業後に可処分所得の高い正規従業員になる学生が増え、個人消費にはプラスといえる。
その半面、非正規雇用に頼ってきた小売りやサービスの現場は深刻な働き手不足に悩まされている。

センチメント回復はいつ?

2020年5月14日(木)Newsモーニングサテライト

野村グループ 草田裕紀さん

センチメント回復はいつ?
弊社で作成している米国株式センチメント指数という投資家心理を数値化した指数を見ると底値からは大きく回復しています。ただ、過去のセンチメントの典型的な回復パターンと比較すると、概ね同様のパターンで戻っており、ここからセンチメントがプラスに転じるにはしばらく時間がかかりそうです。
新型コロナウイルスの影響を相対的に受けにくいグロース株は当面継続すると思われる低金利環境も追い風となり、バリュー株に比べて大きく上昇しています。S&P500グロース株指数をバリュー株指数で割ったチャートで見ると、90年代のITバブル絶頂期の水準以上にグロース株が選好されているのがわかります。このグロース優位の傾向はしばらく続く可能性が高そうです。ただ、中期的には本格的な経済再開などを起因としたグロース優位の傾向が逆流する可能性に注意しながら投資することが望まれると思います。

犯罪死の見逃しの発覚は急激な減少傾向

警察が病死や自殺として処理した死者が後に殺人事件などの被害者と判明する犯罪死の「見逃し」の発覚は2011~19年の9年間で11件だったことが警察庁のまとめで分かった。
うち5件は近畿連続青酸殺人事件で、急激な減少傾向にある。
警察庁の有識者研究会が11年に見逃し防止のための新たな死因究明制度の必要性を提言し、後に成立した死因・身元調査法などの効果とみられる。

堀古流 これからの投資戦略

2020年5月13日(水)Newsモーニングサテライト

ホリコ・キャピタル・マネジマント 堀古英司さん

堀古流 これからの投資戦略
バランスシートと新型コロナの業績への影響に基づいて5つのグループに分けて考えてみるべきと思います。第一はバランスシートもよく、むしろコロナの影響が業績にプラスに働いているグループです。アマゾン、ネットフリックス、必需品などで、すでに高値を更新している銘柄が多く、ここからのリターンは限定的と思われます。ただ、二番底があった場合は狙い目かと思います。第二はバランスシートは良いのだけれども、コロナの影響が避けられないグループです。アップルや広告収入が減少するグーグル、フェイスブックなどが挙げられますけれども、この辺もすでに高値に近づいてきています。
第三のグループはバランスシートは良いとは言えず△で、コロナの影響も受けていて、すでに市場が怖がっていて、だからこそ中長期的に見て割安でリターンが期待できるグループです。半導体、金融、住宅建設などが挙げられます。第四のグループはバランスシートは同じく△ですけれども、コロナの影響が大きすぎて、航空、ホテル、クルーズは現時点では生き残れるかどうかというリスクがかなりあると思います。有効なワクチンが開発されたり、普及などの状況になれば、もっとも上昇率が高くなるとみられますけれども、現時点ではまだまだ怖いグループだと思います。最後に投資を避けるべきは第五なんですけれども、エネルギー、商業不動産のセクターです。今回、多くの企業が苦境を乗り切るのは難しいのではとみています。

名目国内総生産600兆円の目標達成が一向に視野に入らない

政府が4年半前に掲げた「名目国内総生産(GDP)600兆円」の目標達成が一向に視野に入らない。
内閣府は年2回作る試算で「実現は3年後」と繰り返す。
米中貿易摩擦など想定を超えて膨らんだ海外リスクに加え、経済のデジタル化が見かけの成長を低く抑え込んでいるとの指摘がある。
新型コロナウイルスという新たな脅威も広がり、安倍政権の看板「経済成長なくして財政再建なし」が揺らいでいる。

アメリカ中小企業に回復の兆し?

2020年5月12日(火)Newsモーニングサテライト

米国みずほ証券 兼松渉さん

アメリカ中小企業に回復の兆し?
アメリカでは従業員の数が20人未満の中小企業が企業全体のおよそ9割を占めるとされていますので、今後の景気回復を見通し上で中小企業のサバイバルといいますか、復活が重要なポイントとなると考えています。家族経営のレストランなど10万件以上の小売店を対象に人事サービスなどを展開するホームベース社のデータでは4月の半ばから営業を続ける店舗の数などが極めて緩やかなペースではありますが、回復に向かっていることがわかります。
外出規制の緩和というのも大きいのですが、もう一つ注目されるのはPPPなんですね。給与保存プログラムと呼ばれる、4月に実施が始まった2500億ドル相当の中小企業、個人事業主への政府支援策の効果なんですね。アメリカでは市場で資金を調達できるはずの一部の上場企業がこのPPPを使い、融資を獲得していたことなどが問題となっているだけに、本来あるべき形で中小企業にきちんと行き届き、雇用などに向けられ、景気回復に貢献しているかが一つの焦点になると考えています。

デジタル社会に対応する規制のあり方

政府の規制改革推進会議は、デジタル社会に対応する規制のあり方の議論に入る。
人工知能(AI)やドローンの普及拡大をにらみ、医療・介護やインフラ点検の分野で対面確認を求める規制の見直しを訴える。
AIに関しては、誤った判断をした場合の責任の所在など制度のあり方も検討する。

太陽光パネル次世代型の開発の財政措置を使った支援

国際競争が激化する太陽光パネルを巡り、経済産業省は軽量で電気自動車(EV)やドローンにも搭載できる次世代型の開発の財政措置を使った支援に乗り出す。
従来型の太陽光パネルで中国勢などに圧倒的な差をつけられたのを教訓に、官民連携で商用化をめざして巻き返しを図る。
国土面積の狭い日本でも太陽光発電を導入できる余地を広げて、再生可能エネルギー利用の拡大につなげる狙いもある。

第25回 NHKマイルカップ ラウダシオン

2020年5月10日(日曜) 2回東京6日
発走時刻:15時40分
第25回 NHKマイルカップ
3歳オープン(国際)牡・牝(指定)定量
コース:1,600メートル(芝・左)
実況:米田元気さん

11番ラウダシオンです。鮮やかにレシステンシアを差し切って、GⅠ制覇です。鞍上はミルコ・デムーロ騎手、タイムは1分32秒5。スタートを決めたのはレシステンシアの方でしたが、序盤では一旦、並びかける展開。しかし、抑えての2番手。レシステンシア、ゴール前粘るところを捕らえた11番ラウダシオンです。クロッカスステークス、東京の走り、これはマイルでも通用していました、11番ラウダシオンです。2着は3番レシステンシア、こちらも負けてなお豪の2着。しかし、またしても2着。3着は6番ギルデッドミラーが僅かに上がったか。あとは2番タイセイビジョンですが、最後は3着争い接戦。タイムは1分32秒5、上がりタイムゴールまでの800mは46秒5、600mは34秒5です。
2番手追走から11番ラウダシオン、捕え切って抜けています。鞍上ミルコ・デムーロ騎手、今回はこの馬とは初コンビ、そして、去年のアドマイヤマーズに続いてNHKマイルカップ連覇です。

予算委員会の舞台に働き方改革やデジタル化といった時代の波

国会は衆院予算委員会での与野党による論戦が続く。
安倍晋三首相をはじめ全閣僚が出席して実施した基本的質疑はテレビ中継もされ、有権者への絶好のアピールの機会となる「国会の花形」といわれる。
その討議の舞台に、働き方改革やデジタル化といった時代の波が押し寄せている。

嫡出否認の権利を夫だけに認める民法の規定は合憲

生まれた子との父子関係を法的に否定する「嫡出否認」の権利を夫だけに認める民法の規定は違憲として、神戸市の女性らが国に損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第2小法廷(岡村和美裁判長)は女性らの上告を退ける決定をした。
規定は「合憲」として請求を退けた一、二審判決が確定したが、同小法廷としての憲法判断は示さなかった。

米中貿易摩擦が再燃

2020年5月8日(金)Newsモーニングサテライト

SMBC日興セキュリティーズ・アメリカ 大塚祐貴さん

米中貿易摩擦が再燃
トランプ大統領が新型コロナウイルス感染拡大の原因は中国にあるとして、報復措置を検討していますが、コロナ関連以外にも米中の貿易をめぐって新たな動きが出てきています。アメリカの商務省は先月28日、中国、ロシア、ベネズエラに対してアメリカ企業が特定の製品を販売する際、商務省の許可を求める輸出管理の強化を発表しました。軍事目的で使用されるのを防ぐためで、半導体製造装置などが対象となっています。
ラムリサーチなどアメリカの半導体製造装置メーカー大手では地域別売上高に占める中国の比率が2割から3割になっています。ラムリサーチはこの新たな規制が適用されれば、国外の売上高に重大な悪影響を及ぼす可能性があると警鐘を鳴らしています。米中の対立はすでにコロナによって業績が悪化した企業が政治によってさらなる打撃を受ける展開を呼ぶ可能性があり、注意が必要とみています。

輸出に限って日本酒製造への新規参入

2020年度の税制改正大綱に、輸出に限って日本酒製造への新規参入を認める制度改正が盛り込まれた。
日本酒への参入では事実上、戦後初めての規制緩和となる。
だが、新規参入者が造る日本酒は国内では販売できない。
旧大蔵省の天下りを受け入れている業界団体が既存事業者の保護を強く訴え、中途半端な規制緩和にとどまった。

コロナ危機を乗り越える銘柄は?

2020年5月7日(木)Newsモーニングサテライト

大和証券CMアメリカ シュナイダー恵子さん

コロナ危機を乗り越える銘柄は?
学校の閉鎖が長引く中で、ネット上で家庭教師や塾のサービスを提供するチェグという遠隔教育サービスの企業が伸びています。ビデオ教材や教え方のデータベースを強みとし、オンライン指導では生徒と教師をマッチングします。5日の決算発表では4-6月期の加入者が45%以上増加するとの見通しを示しました。
医療テクノロジーの分野です。新型コロナの治療薬としてレムデシビルなどの既存の薬を緊急的に使用することが検討されていますが、新薬の開発はこれからが本番です。多くの製薬会社に対して臨床試験や分析サービスを提供するIQVIAという企業は膨大な臨床データを保有していることもあり、コロナショックを乗り越えることに貢献する可能性がありそうです。

救急車の受け入れ台数が多い大病院の入院料に5200円を上乗せ

厚生労働省は医療サービスの公定価格である診療報酬について、4月に改定する内容をまとめた。
勤務医の負担軽減が柱で、救急車の受け入れ台数が多い大病院の入院料に5200円を上乗せする。
病院が職員を増やして医師の働き方改革を進めるための原資となる。
紹介状のない軽症患者による大病院の受診を減らす対策も強化し、医療の質を高める。

一部の区道で電柱の新設を禁止

東京都中野区は一部の区道で電柱の新設を禁止した。
道路法の規定に基づき、道路に電柱を設置することを禁止・制限する区域を指定した。
法的に電柱新設を禁止するのは東京23区では初めてだという。
電柱は大規模地震で倒壊する恐れがあるほか、歩行者の通行の妨げになりやすい。
電柱新設を法的に禁止することで、無電柱化を推進する。

コンビニ加盟店と本部のコスト配分や販売価格決定のあり方が焦点

人手不足に揺れるコンビニエンスストアの改革で、フランチャイズチェーン(FC)加盟店と本部のコスト配分や販売価格決定のあり方が焦点になってきた。
経済産業省は報告書で食品廃棄コストの大部分を加盟店が負う今の仕組みなどを念頭に、環境変化に応じて利益やコストの配分を勘案するよう指摘。
売れ残った商品の見切り販売などで店の創意工夫を引き出すことにも期待を示した。

70歳現役社会を見据えた法整備

少子高齢化が進むなか、「70歳現役社会」を見据えた法整備が進み始めた。
政府は、70歳までの就業機会の確保を企業の努力義務とする高年齢者雇用安定法などの改正案を閣議決定した。
意欲のある人が長く働ける環境を整える狙いだが、企業には人件費の負担増につながる可能性もある。
企業が活力を保てるよう、年功型賃金など雇用慣行の見直しも欠かせなくなる。

第161回 天皇賞(春)フィエールマン

2020年5月3日(日曜) 3回京都4日
発走時刻:15時40分
第161回 天皇賞(春)
4歳以上オープン(国際)(指定)定量
コース:3,200メートル(芝・右 外)
実況:檜川彰人さん

さあどうでしょうか。内が6番スティッフェリオか、最後、外からフィエールマン猛追。2頭並んでいます。わかりません。まったく並んでいます。そして、その後5番ミッキースワロー、あるいは7番ユーキャンスマイル以下続いています。タイムは3分16秒5と掲示になっています。スティッフェリオ、粘り込みを図るところ、最後、外からフィエールマン。最後、2頭並んだ瞬間がゴール。さあ、そのゴールの瞬間、場内のビジョン、場内の映像に映し出されます。ゴールの瞬間、どうでしょうか。首の上げ下げ、その後の、1着2着はどうでしょうか。微妙です。外14番フィエールマン、内6番スティッフェリオ、これはわかりません。さあ、令和初の春の盾、制したのはフィエールマンか、6番スティッフェリオか。写真です。3着に5番ミッキースワロー、4着7番ユーキャンスマイル、5着3番トーセンカンビーナ。ゴール前、2頭並んでいます。これは微妙です。6番スティッフェリオか、あるいは14番フィエールマンか、レースを終えた各馬が京都競馬場、戻ってまいりました。
写真判定の結果は今、出ます。14番フィエールマン、フィエールマンが春の盾連覇を達成いたしました。平成最後、令和初、ともに春の盾を制したのは14番フィエールマン、クリストフ・ルメール騎手、秋春合わせて天皇賞4連覇。人馬ともに見事な春の盾でした。

全大学生・高等専門学校生の受講を目指す初級水準のAI教育

政府が1学年で約50万人いる全大学生・高等専門学校生の受講を目指す初級水準の「人工知能(AI)教育」のモデル案が固まった。
モデルに沿った授業を受けることで、日常の生活やビジネスでAIを使いこなすための基礎的な能力を身につけてもらう狙い。
AIを使いこなす人材が世界的に不足する中、政府は教員の養成も含めて各大学を支援し、AI社会の担い手づくりを急ぐ。

独シーメンスが日本の中小製造業に対しIoTの売り込みを強めている

独シーメンスが日本の中小製造業に対し、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の売り込みを強めている。
アプリの開発や営業で外部企業と幅広く連携して、ソフトを格安で提供。
独自プラットフォーム(情報基盤)「マインドスフィア」の浸透を図る。
ソフトで稼ぐ姿勢を鮮明にするシーメンスは、ハードを主軸とする日本勢のIoT戦略も揺さぶる。

株価上昇も警戒続く

2020年5月1日(金)Newsモーニングサテライト

野村グループ 田部井智春さん

株価上昇も警戒続く
新型コロナウイルスの治療薬への期待や各国中央銀行の大規模な資金供給もあり、S&P500指数は4月におよそ13%上昇しましたが、12カ月先の予想EPSをベースにしたPERは本日時点で約22倍程度と割高といわざるを得ない水準です。
米企業が例えば、年内にもV字回復する見込みが立つのであれば、割高なPERへの警戒感が高まることなく、株価はさらに上昇する可能性もあります。しかし、実体経済の減速度合いを見る限り、米企業の回復はV字ではなく、U字ないしはL字に近い形状になるとみています。新たなリスクが顕在化した時には株安に振れる可能性が高まっている状況であり、ここから先の株価の戻りを追うには注意が必要だと思います。

女性首長は全国にわずか36人

世界経済フォーラムのジェンダー・ギャップ指数で153カ国中121位となった日本。
政治分野は144位とさらに低い。
男性に偏った意思決定の場で多様な意見を反映するのは難しい。
女性首長は全国にわずか36人(2019年6月時点)。

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ