カテゴリー

最近のコメント

« フィンテック事業者を排除することが独占禁止法に違反する恐れ | トップページ | 日本が宇宙開発で後れを取っている »

第61回 宝塚記念 クロノジェネシス

2020年6月28日(日曜) 3回阪神8日
発走時刻:15時40分
第61回 宝塚記念
3歳以上オープン(国際)(指定)定量
コース:2,200メートル(芝・右)
実況:小林雅巳さん

クロノジェネシス、この馬もまた最強牝馬です。クロノジェネシス快勝、そして、離された2番手は14番キセキ、去年に続いてキセキ2着。3着は12番モズベッロで、その後に5番サートゥルナーリア4番手に終わりました。
強かった16番クロノジェネシス、4コーナー手前で動いて、ラッキーライラックなどと前を行き、直線、堂々と抜けて、最後はどうでしょう、5馬身、6馬身は差をつけましたか。圧勝といってもいいでしょう、第61回宝塚記念、16番クロノジェネシス、お見事でした。鞍上は北村友一騎手です。離された2番手、14番キセキ。そして、3番手は12番モズベッロで、5番サートゥルナーリアは今、4着と発表されました。5着10番メイショウテンゲンです。
2分13秒5の勝ち時計。上がり4ハロン48秒7、3ハロン36秒3です。
どうだと言わんばかりに指を一つ立てて、天を仰ぎました、鞍上の北村祐一騎手。去年の秋華賞に続いてビッグタイトル二つ目を手にしました。

« フィンテック事業者を排除することが独占禁止法に違反する恐れ | トップページ | 日本が宇宙開発で後れを取っている »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フィンテック事業者を排除することが独占禁止法に違反する恐れ | トップページ | 日本が宇宙開発で後れを取っている »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ