カテゴリー

最近のコメント

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

データ通信と音声を別で契約でき、それぞれで安い契約を選べる

スマートフォンでデータ通信と音声を別で契約でき、それぞれで安い契約を選べる通信サービスが広がってきた。
引き金は、米アップルの廉価版「iPhone」が契約者の情報の入ったカードの機能を端末に内蔵したことだ。
海外ではこの仕組みが普及期に入り、世界の対応機器は2023年に19年の3倍になる見通し。
国内は通信大手の対応が遅れている。
普及すれば通信料金の引き下げ競争を促す可能性がある。

温暖化ガスの排出量を自分で計測するカーボントラッキング

日々の消費活動から生じる温暖化ガスの排出量を自分で計測する「カーボントラッキング」の動きが欧州で広がっている。
アプリやクレジットカードなど対応サービスが登場し、認知度が高まった。
台風や山火事のような深刻な自然災害が相次ぎ、気候変動への意識が高まっていることも普及を後押しする。
日本でも導入の動きが出始めた。

治療の緊急度が低い症状の入院が減っている

新型コロナウイルス感染症の影響で、治療の緊急度が低い症状の入院が減っている。
急性期患者を治療する病院でみると、目の白内障手術、腸のポリープ切除などのための入院は7月に前年比2割ほど減った。
海外なら日帰り手術が多い病気を中心に減っている。
院内感染対策を強化してコロナ診療と両立できる環境をつくりつつ、本当に必要な治療に絞り込む必要がありそうだ。

国際的なマネーロンダリングに日本の中小企業経営者が関与

国際的なマネーロンダリング(資金洗浄)に日本の中小企業経営者が関与していたケースが相次いで発覚している。
日常的に海外との出入金が多い法人口座は違法な収益を紛れ込ませやすい。
犯罪グループは日本の経営者に狙いを定め、高額な報酬で勧誘しているという。

第65回有馬記念 クロノジェネシス

2020年12月27日(日曜) 5回中山8日
発走時刻:15時25分
11レース第65回有馬記念GⅠ
3歳以上 オープン(国際)(指定) 定量
コース:2,500メートル(芝・右)
実況:小林雅巳さん

クロノジェネシスです。ガッツポーズを見せました北村友一。拍手が沸き起こります中山競馬場。見事に9番クロノジェネシス、堂々と春秋グランプリ制覇。なお、1頭ジョッキーが下馬する模様です。2番ブラストワンピースが止まっています。残り300m地点で2番ブラストワンピース、今、ジョッキー下馬、競走中止となりました。第65回グランプリ有馬記念、9番クロノジェネシスです。2番手が接戦ですが、外からの14番サラキア、2番手まで上がったか。
内のフィエールマン、さらに追い込んできたサラキアを抑えて、堂々たる春秋グランプリ制覇。史上最多の票数を得て堂々たるファン投票1位。そして、1番人気。ファンの期待に応えた9番クロノジェネシス、北村祐一騎手です。

小児用の薬がなかなか増えない

先端的な抗がん剤などが次々に登場するなかで、小児用の薬がなかなか増えない。
患者数が少なく臨床試験(治験)がしづらいうえに薬の形状や量の工夫に手間がかかり、製薬会社も敬遠しがちなためだ。
個人輸入し、用量や服用期間がわからないまま不安を抱きながら使っている患者もおり改善を求める声は多い。

第37回ホープフルステークス ダノンザキッド

2020年12月26日(土曜) 5回中山7日
発走時刻:15時25分
11レース第37回ホープフルステークスGⅠ
2歳オープン(国際)牡・牝(指定)馬齢
コース:2,000メートル(芝・右)
実況:小塚歩さん

10番ダノンザキッド、人気に応えました。今年もまた3戦3勝のホープフルステークスウィナーの誕生です。2着争いは1番オーソクレース、最後、追い込んだ2番ヨーホーレイク。2着争いやや微妙になりました。なお4コーナーで3番ランドオブリバティが逸走してしまいました。ジョッキーは落馬しているようです。
好位の後ろで脚を溜めました10番ダノンザキッド、川田将雅騎手、直線堂々と抜け出て、3戦3勝でホープフルステークスを勝ちました。川田騎手はこれで2週連続で2歳GⅠ制覇。そして、ジャスタウェイ産駒は3世代目で初のGⅠタイトルとなります。
勝ちタイム2分2秒8、上りはゴールまでの800m49秒0、600mは36秒8でした。

日本の研究力低下が止まらない

科学技術が経済や安全保障を左右するいま、日本の研究力低下が止まらない。
米欧の後追いを脱却しようと、国は1996年度に科学技術基本計画を打ち出し、90年代後半には米国などに次ぐ地位を誇った。
その後も世界のけん引役を担うはずだったが、日本の研究力は中国などの後じんを拝し、今では世界9位に沈んだ。
日本はどこでつまずいたのか。

アメリカ21年も株高継続を予想

2020年12月25日(金)Newsモーニングサテライト

大和証券CMアメリカ シュナイダー恵子さん

アメリカ21年も株高継続を予想
大和ではイエレン、パウエル体制による緩和継続期待などから来年も株高が続き、ニューヨークダウは3万4500ドル、ナスダックは1万5000まで上昇すると予想しています。また、業界の垣根を超えるハイテク大手の動きにも注目しています。アップルは今年、自社開発の半導体を搭載したパソコンを販売したほか、電気自動車の開発も計画していると報じられました。マイクロソフトも半導体の内製化を目指していると伝わっています。コロナ禍でも積極的に成長機会を広げようとするアメリカ企業の力強さが来年も株価を後押ししそうです。

人材市場で未経験OKを掲げる求人案件が減少

人材市場で「未経験OK」を掲げる求人案件が減少している。
転職サイトでは未経験者歓迎の案件の比率が、新型コロナウイルスの感染拡大前の8割から直近は5割まで下がった。
コロナ禍で景気の先行きが見通しにくくなり、企業は育成に時間がかかる人材の採用を控え、スキルを明確にしたジョブ型で働ける即戦力を求めつつある。

CESオンライン開催の注目点

2020年12月24日(木)Newsモーニングサテライト

SMBC日興セキュリティーズ・アメリカ 大塚祐貴さん

CESオンライン開催の注目点
今年1月のCESは17万人以上が参加しましたが、今回はインターネット経由で世界中からより多くの人が参加すると見込まれます。CESの主催者は新製品発表会や商談、経営者による講演などをデジタル化するためにマイクロソフトと提携すると発表していて、マイクロソフトのクラウドサービス、アジュールなどが大規模イベントをデジタル上でどのように再現するのか、技術力にも注目しています。
従来型の見本市では資金力があり、より人目に付く場所にブースを構えられる大企業の方がアピールしやすい立場にありました。しかし、オンラインでの開催となれば、デジタルスペースの使い方や演出に工夫を凝らすことで、知名度を上げるスタートアップの企業も出てくると考えます。大企業に目を向けると、半導体のインテルとAMDがCESで新製品を発表すると予想されています。インテルは次世代製品の開発が遅れ、AMDに大きく水を開けられている状況で、インテルに巻き返しの兆しが見られる場となるのか注目しています。

米金融機関と中国企業の蜜月が鮮明

米金融機関と中国企業の「蜜月」が鮮明だ。
今年1~8月に株式による資金調達を通じて中国企業が米投資銀行に支払った手数料は前年同期比で8割増え、過去最高となった。
米株式相場の活況を背景に、中国企業や出資元の投資家が上場を急いでいるためだ。
一方で、米中対立の激化で米国は規制強化に動いている。
「うたげ」の持続力には懐疑的な見方もある。

追加経済対策 個人への影響は?

2020年12月23日(水)Newsモーニングサテライト

野村グループ 草田裕紀さん

追加経済対策 個人への影響は?
家計への現金給付として前回は大人一人当たり1200ドル、子供には500ドル支払われたのに対し、今回は一律600ドル、失業保険の上乗せ額が週600ドルだったのに対し、今回は週300ドルです。前回は消費支出が減り、個人貯蓄が急増しましたが、今回、消費支出の減少は限定的になると考えています。給付額の減少も踏まえると個人貯蓄の増加幅は前回の3分の1程度になると推測されます。
IPO銘柄で構成される指数とナスダック指数を比較するとIPO指数が大きくアウトパフォームしていることがわかりますが、背景に個人投資家の資金流入も株に影響していると考えられます。前回ほどの勢いはないでしょうが、今回も引き続き個人マネーの行き先としてIPO銘柄の値動きに注目しています。

放射線を使った医療行為による日本人の被曝量が世界で最も高い水準

コンピューター断層撮影装置(CT)検査など放射線を使った医療行為による日本人の被曝(ひばく)量が世界で最も高い水準にある。
特に小児は成人よりも放射線の影響を数倍受けやすく、がんや発育上のリスクが高い。
医療被曝を減らすため、放射線量を抑えた検査法や超音波を使うエコー検査の活用など取り組みが広がっている。

サイバーセキュリティーに注目

2020年12月22日(火)Newsモーニングサテライト

SMBC日興セキュリティーズ・アメリカ 大関千尋さん

サイバーセキュリティーに注目
アメリカの財務省など複数の政府機関が数カ月にわたり大規模なサイバー攻撃を受けていた問題をめぐり、18日にサイバーセキュリティー関連株が大幅高となりました。被害はヨーロッパや中東などの企業にも及んでおり、ポンペオ国務長官は実行犯はロシアだと非難しています。ほかにもサイバー攻撃をめぐっては今月8日にサイバーセキュリティ―大手ファイア・アイが政府などの顧客を守る目的で使っていたツールが攻撃を受けたと発表するなど事態は深刻です。
サイバー攻撃は年々高度化しています。在宅勤務の普及などでネットワークに接続される端末が増えるほか、今年の身代金要求型ウイルスによる被害は、前の年から40%増加、被害額の平均は23万ドル以上と急上昇しています。バイデン次期大統領は先週、サイバー攻撃への対応を新政府の最優先課題とすると明言しており、来年は官民ともに対策のための支出拡大が見込まれます。より強固なセキュリティへの需要を背景にサイバーセキュリティー関連銘柄の力強い上昇は続きそうです。

論文の量だけでなく質でも米中が他国を圧倒

新型コロナウイルス研究に関する国別の動向を分析した。
論文の注目度を表す被引用数で中国が1位、米国が2位だった。
論文の量だけでなく質でも米中が他国を圧倒し、2強体制でけん引している。
ただ米中のデカップリング(分断)が顕在化しており、研究推進への懸念が広がる可能性もある。

中南米の日本人学校が苦境に陥っている

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中南米の日本人学校が苦境に陥っている。
学校再開のメドが立たない中、各校ともオンライン授業で学習の継続を模索するが、駐在員や家族を一時帰国させたままの企業も多く、児童生徒数が激減している。
日本人学校は現地に進出する日本企業にとっても重要なインフラだが、コロナ禍が長引けば、負の影響が残りかねない。

第72回朝日杯フューチュリティステークス グレナディアガーズ

2020年12月20日(日曜) 6回阪神6日
発走時刻:15時40分
11レース第72回朝日杯フューチュリティステークスGⅠ
2歳オープン(国際)牡・牝(指定)馬齢
コース:1,600メートル(芝・右 外)
実況:大関隼さん

2番グレナディアガーズ、先んじて抜け出して、青い帽子2頭の追撃を封じました。未勝利を勝った後、挑んだこのGⅠの舞台で、一気に2歳王者の座を獲りました。勝ちタイム1分32秒3、レコード、上がりタイム、ゴールまでの800mが47秒1、600mが35秒4です。
川田将雅騎手に中内田充正厩舎、ゴールデンコンビ。ダノンプレミアム以来のこのレース制覇。縦長の隊列の番手ぐらいを追走、自ら仕掛けて、先んじて抜けて、人気の2頭の追撃も抑えました。到達順は5着まですんなり上がったところ、1着2番グレナディアガーズ、2着7番ステラヴェローチェ、3着8番レッドベルオーブ、4着11番バスラットレオン、5着6番ブルースピリットと挙がっています。
フランケル産駒のグレナディアガーズが2歳チャンピオンの座をこの仁川の地で獲りました。

働き方改革の余波が学校のウサギやニワトリに

働き方改革の余波が学校のウサギやニワトリに及び始めた。
教員の負担軽減のために飼育をやめる学校が相次いでいるという。
児童らが命の大切さを学ぶ貴重な場所でもある校庭の小屋。
教員に頼らず、飼育を続けることはできないか、地域を巻き込んで模索する動きも出ている。

切っても切れない材料を生み出した

世界最強の材料はどれか。
探究心に富む科学者らは長い歴史の中で様々な強い材料を開発してきたが、ついに「切っても切れない」材料を生み出した。
評判通りの性能ならば、驚くほど頑丈な家や破られない金庫が現実味を帯びてくる。
古代に遡れば、人類が使う道具は石から青銅、鉄製へと変わった。
金属との出合いは生活を豊かにし、文明の幕開けにつながった。
どうやっても切れない材料が実用化した先に、どんな未来が開けるのだろうか。

ビットコイン高騰で注目は?

2020年12月18日(金)Newsモーニングサテライト

米国みずほ証券 兼松渉さん

ビットコイン高騰で注目は?
決済サービス大手のペイパルとスクエア。アメリカではアプリを通じてビットコインを手軽に売買できるサービスなどを提供しており、ビットコイン市場の盛り上がりが利用者の増加につながるとの期待からこれらの株価は堅調に推移しています。17日、今日もそろって上場来高値を更新する勢いです。まだ収益への貢献度は小さいのですが、もっとも期待されているのは顧客エンゲイジメント、はまり度ですね、この高まりです。利用者は一度ビットコインに投資するとこまめにその価格をチェックするようになり、こういったアプリを利用する時間が増えることが見込まれます。結果として企業に対する満足度が高まり、お財布携帯の機能、また、オンライン決済などのサービスなども利用してもらえるとのシナリオが考えられています。
米国みずほ証券が行った調査によるとペイパルの利用者の2割近くが既にビットコインの売買を行っていることがわかりました。こういった暗号通貨の人気はペイパルやスクエアのアプリ、オンライン決算の普及を加速させ、結果的には業績に貢献するとみています。最も暗号資産の価格は変動が大きく、そういった動きに業績が左右されてしまうため、十分な注意が必要だと考えています。

事故や火災の現場に居合わせた人にスマートフォンで映像を送ってもらう

事故や火災の現場に居合わせた人にスマートフォンで映像を送ってもらうシステムの導入が各地の消防で広がっている。
周囲の状況把握や救命措置の説明に生かせるといい、東京消防庁も23区で試験導入した。
映像に個人情報が含まれる場合があり、専門家からは情報管理の統一ルールを求める声も上がる。

アメリカ量的緩和を長期継続へ

2020年12月17日(木)Newsモーニングサテライト

大和証券CMアメリカ 森本裕貴さん

アメリカ量的緩和を長期継続へ
FRBが現在の資産購入プログラムをいつまで行うのかというフォワードガイダンスを強化したことです。このこと自体に特段のサプライズはありませんが、足元の市場ではワクチンの早期普及期待に伴う先行きへの楽観論が強まり、FRBがいつまで緩和を続けてくれるのかを気にし始めていました。そんな中、今回のガイダンスで雇用の最大化と物価の安定という抽象的な目標をしましたことで、緩和長期化への期待をつなぎ、市場にショックを与えませんでした。さらに購入する国債の年限の長期化というカードを温存し、追加緩和の可能性を残しました。これにより感染のさらなる拡大など今後の短期的リスクに対応することが可能になり、こちらも市場に安心感を与えたと考えています。
株価が最高値圏にある時のFOMCではその後の株価が波乱含みの動きとなることが多々ありますが、今回の反応は冷静でした。金融緩和が長期化し、低金利が続くとの期待から、ITを中心とした成長株が買われただけではなく、FRBが積極的な金融緩和を続ける以上、議会指導部も追加経済対策を早期にまとめねばならないだろうという思惑から、景気敏感株も買われました。投資家の心理が楽観に傾いており、しばらくは株価上昇が続きそうです。

国内への生産回帰を支援する政府の補助金への応募が殺到

新型コロナウイルスでサプライチェーン(供給網)が混乱したことを受け、マスクや医薬品などを国内生産しようとする企業の動きが加速している。
国内への生産回帰を支援する政府の補助金への応募が殺到。
10月に採択予定の1600億円の競争率は11倍となった。
中国など特定国に調達先を依存するリスクを実感した企業が生産拠点を分散するケースが目立つ。

気候変動対策に注目

2020年12月16日(水)Newsモーニングサテライト

岡三証券NY 𠮷田拡司さん

気候変動対策に注目
バイデン次期大統領の環境政策では電気自動車の普及推進などに注目が集まりがちですが、エネルギー消費全体のおよそ4割を占める住宅や商業ビルのエネルギー改革も欠かせません。バイデン氏はこうした建物から排出される二酸化炭素を2035年までに半減することを目指し、4年間で200万軒の住宅と全米の7割に相当する400万棟の商業ビルの省エネ改築を実施することなどを公約に掲げています。
ねじれ議会の中でどこまで実現可能かは不透明ですが、気候変動問題に対する危機感は世界中に広がり、対策が急務であることは国際的な潮流となっています。国としてはもちろん企業レベルでも世界から取り残されるとの危機意識がバイデン氏の政策の追威風となる可能性があります。商業ビルのエネルギーの効率化が進めば、空調機器大手のジョンソンコントロールズや機械のハネウェルなどが恩恵を受けるとみられるほか、住宅向けの温度自動調節器の新型を発売したグーグルなどにも注目しています。

ハトの餌付けをめぐるトラブルが自治体を悩ませている

ハトの餌付けをめぐるトラブルが自治体を悩ませている。
餌に集まった大群のフンが街を汚す迷惑行為。
大阪市では長年、住民とトラブルになっていたグループを警察が摘発する事件が起きた。
罰則付きの条例で規制する自治体もあるが、違法かどうかの「線引き」は難しいという。

FOMC見通しは?

2020年12月15日(火)Newsモーニングサテライト

野村グループ 山腰健太郎さん

FOMC見通しは?
ワクチン開発に伴う経済正常化への期待からFRBは2021年に経済見通しについて前向きな見方を強める可能性が高く、従来の政策に大幅な変更はないと考えています。しかし、新型コロナの再拡大で足元の雇用関連の指標に悪化の兆しが見られるうえ、追加の経済支援の成立も不透明のことから、直ちに緩和の追加が必要との判断する可能性もあります。
前回会合の議事録では追加の緩和の実施については明確化されておらず、今回は買い入れ期間の延長、をもしくは資産購入の調整にとどめるとみています。FRBが現在、今後数カ月、少なくとも現在のペースで国債を購入するとしていますが、これをより長期間、あるいは数値条件を示す文言に変更する可能性があります。また、資産構成を調整する方法としてより長期の国債を購入するシグナルを送る可能性があります。今後、長期金利の下押し材料となり、株式市場にとってはプラスになります。

電子手形の普及が頭打ち

銀行業務のデジタル化が進む一方で、「電子手形」の普及が頭打ちになっている。
利用企業は45万社前後で、ここ3年間は横ばいが続く。
特に少額利用が中心の中小企業の登録が遅れている。
全国銀行協会は利用拡大に向けて料金引き下げなどの検討に入ったが、紙の手形や小切手を「2023年までに約6割削減する」という目標達成は遅れる可能性もある。

新型コロナウイルスに感染、厚生労働省はすべて労災を認めた

仕事が原因で新型コロナウイルスに感染したとして、労働者災害補償保険(労災保険)の申請が急増している。
5月の30件台から9月2日時点で1000件を超えた。
このうち審査を終えた約500件について厚生労働省はすべて労災を認めた。
認定率は脳疾患などで3割程度で、100%は異例の数字だ。

第72回阪神ジュベナイルフィリーズ ソダシ

2020年12月13日(日曜) 6回阪神4日
発走時刻:15時40分
11レース第72回阪神ジュベナイルフィリーズGⅠ
2歳オープン(国際)牝(指定)馬齢
コース:1,600メートル(芝・右 外)
実況:山本直さん

並んで入りました。さあ2歳女王はどちらか、馬群の中から抜けた6番ソダシ、内から追い詰めたサトノレイナス、並んで入りました。そして、ユーバーレーベン、そして、メイケイエール。際どい勝負になりました。白毛一族、シラユキヒメ一族の希望、ソダシか、バラダセール、母の夢をかなえたか7番サトノレイナス、これは接戦。最後にユーバーレーベン、メイケイエールも際どいところにはいるんですが、2歳女王の座には届きませんでした。阪神競馬場ターフビジョンにゴールの瞬間の映像が出ます。ソダシ、サトノレイナス、2歳女王の座は最後はこの2頭に絞られました。どうでしょうか、スリットラインを見てもわかりません。これは微妙。ソダシか、サトノレイナスか、場内からは大きな拍手が沸き起こっています。3着11番ユーバーレーベン、4着18番メイケイエール、そして、8番ヨカヨカ、5着に粘っています。
2歳女王決定戦、阪神ジュベナイルフィリーズ、負け知らずの2頭がきわどい勝負に持ち込みました。ソダシ、サトノレイナス、パドックから馬場入場にかけては2頭ともそれぞれに違うマスクをつけていました。そのマスクを外して臨んだ本番、1着争いは写真判定の表示です。時計1分33秒1。上がりタイム、ゴールまでの800m46秒3、600m34秒4。

一人ひとりの耐える力を把握して治療をする動きが活発

がん患者の7割強を占める高齢者の健康状態や認知機能などを事前に詳しく調べ、一人ひとりの「耐える力」を把握して治療をする動きが活発になってきた。
高齢者は同じ年齢でも健康状態などの個人差が大きく、抗がん剤の効き方や副作用など体への影響や負担の違いが生じやすい。
超高齢化社会のがん治療として普及する兆しが出てきた。

新型以前のコロナ、大手製薬会社の関与が乏しい分野

新型コロナウイルスのワクチンなどの開発が急ピッチで進むが、過去の知の蓄積への検証も欠かせない。
新型以前のコロナに関する特許出願状況を調べたところ、20年強でわずか650件と非常に少なく、大手製薬会社の関与が乏しい分野であることがわかった。
流行期間が短く、投資回収が難しいことが原因となっているとみられる。

「原状回復費用を過剰請求されるケースが多発

新型コロナウイルス感染の長期化でオフィス縮小や店舗閉鎖が相次ぐなか、退去時に支払う「原状回復」費用を過剰請求されるケースが多発している。
オーナーが施工業者を指定するのが慣例で競争原理が働かず、適正金額より3~6割高く請求されることがある。
第三者による査定が重要だ。

ドアダッシュ勢いは続く?

2020年12月10日(木)Newsモーニングサテライト

マキシム・グループ 久野誠太郎さん

ドアダッシュ新規上場
ドアダッシュの調達額は今年のIPOとして最大規模となりました。取引初日の本日、株価は77%ほど上昇しており、投資家の需要は旺盛です。ウーバーイーツなどが大都市を中心にサービスを展開しているのに対し、ドアダッシュは郊外や中小都市を重点に置き、高成長を遂げています。今では守備範囲を大都市にも広げ、フードデリバリー市場でのシェアは50%とウーバーイーツなどのライバルを大きく引き離しています。

ドアダッシュ勢いは続く?
2019年のドアダッシュの総注文金額は80億ドルでした。2020年は巣ごもり需要の影響で、さらに伸びるとみられています。アメリカのデリバーリーやテイクアウトなどの市場規模は3026億ドルと巨大で、成長余地はまだまだ大きいといえそうです。新型コロナが収束すれば、成長率は一時的に減速することにはあると思うのですが、今のペースで販売、マーケティングなどへの投資を継続し、レストラン、消費者、配達員のプラットフォームを拡大していけば、消費者のデジタル移行という大きな波に乗る形でドアダッシュの堅調は続くとみています。

公園の公募設置管理制度による公園整備

首都圏で公園の公募設置管理制度(パークPFI)による公園整備が進んでいる。
園内に収益施設を設ける代わりに、公園の通路や広場などの整備を民間資金でまかなう仕組みだ。
飲食店やアスレチック施設など様々な事業が始まり、多彩な公園が生まれている。

期待高まるmRNAワクチン

2020年12月9日(水)Newsモーニングサテライト

大和証券CMアメリカ シュナイダー恵子さん

期待高まるmRNAワクチン
ファイザー、ビヨンテック連合やモデルナのワクチンはウィルスの遺伝情報がコピーされたメッセンジャーRNAを投与する全く新しいタイプのものです。このメッセンジャーRNAが体内で新型コロナのたんぱく質を作り出すことにより、免疫反応を引き出します。従来のワクチンはウィルスを大量に培養したうえで、感染しないように不活性化するなど量産には時間がかかりましたが、メッセンジャーRNAワクチンはウィルス自体を使わないので、開発や生産がシンプルでスピーディに進められるとのことです。
ファイザーもモデルナも臨床試験では90%を超える予防効果が示されたと発表しています。しかし、効果がどれほど持続するのか、インフルエンザのように毎年受ける必要があるのかなどわかっていないことも多くあります。ただ、遺伝子解析によるアプローチであれば、変異種が出ても対応できると考えます。平常時ではこうした革新的技術は大規模な臨床試験が難しく、ファイナンスが続かないケースもありますが、パンデミックが科学の進歩を後押ししたといえそうです。

使用済みペットボトルの取引価格が急落

容器包装リサイクルの優等生とされてきた使用済みペットボトルの取引価格が急落した。
地方自治体が家庭から回収した使用済みボトルの2020年度下半期の落札価格は上半期より60%下がった。
下落は5半期ぶり。
新型コロナウイルス禍でボトルやシート向けなど再生樹脂の需要が急減し、リサイクル会社の入札意欲が後退した。

ストレステスト見通しは?

2020年12月8日(火)Newsモーニングサテライト

ホリコ・キャピタル・マネジマント 堀古英司さん

ストレステスト見通しは?
通常は年1回、6月の発表ですけれども、今年は新型コロナの影響を考慮し、追加でもう一回実施されます。今回のストレステストでは失業率はコロナを念頭に非常に厳しいシナリオが設定されていますけれども、実際の失業率はこれをはるかに上回る改善を見せています。また、一部の銀行、例えば、バンクオブアメリカやシティグループは前回のストレステストで厳しいシナリオの元でも強い財務体質を示していて、FRBは個別に株主還元策の制限を解除する可能性があります。
今回のストレステストにはワクチン開発の前進は加味されていないうえ、不良債権は来年前半も増えるとみられるため、すべての銀行の資本計画が承認されるわけではないと思います。銀行株はコロナによって株主還元策の制限、長短金利差の縮小による収益悪化、不良債権の増加懸念というトリプルパンチを受けて、まだ高値を回復していません。ただ、ワクチンの開発もあって、今後、このトリプルパンチがトリプルリカバリーになっていくだろうとみています。来年6月末のストレステスト発表までには銀行株への投資は報われるとみています。

電子カルテも病院や診療科ごとに表記がバラバラ

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、治療法の検討に不可欠な症例分析が進まない。
入力作業が煩雑でデータが集まりにくいうえ、電子カルテも病院や診療科ごとに表記がバラバラで、そのままでは使えないからだ。
宝庫といわれる症例データ活用は進まず、今後の対策に影を落とす。

医療関連の組織がサイバー攻撃の標的

医療関連の組織がサイバー攻撃の標的となっている。
新型コロナウイルス流行後も海外では病院のデータを凍結して「身代金」を要求する攻撃が起き、ワクチンなどの研究情報を狙う動きが表面化した。
セキュリティー意識の遅れが指摘される国内の医療機関にとっても対岸の火事ではない。

第21回チャンピオンズカップ チュウワウィザード

2020年12月6日(日曜) 3回中京2日
発走時刻:15時30分
11レース第21回チャンピオンズカップGⅠ
3歳以上 オープン(国際)(指定) 定量
コース:1,800メートル(ダート・左)
実況:檜川彰人さん

 

チュウワウィザード勝ちました。チュウワウィザード勝ちました。そして、2番手縺れそうな中、2番ゴールドドリーム、そして、13番インティ、3番手粘り切っております。11番チュウワウィザード、戸崎圭太ジョッキー、大きな仕事をやってのけました。チュウワウィザード、もちろんJRAのGⅠは初。地方ではGⅠを2回制していたチュウワウィザードですが、今回、見事にチャンピオンズカップ、中央のビッグタイトルをその手に収めました。勝ちタイムが1分49秒3です。そして、2番手には2番ゴールドドリーム、よく伸びて2番手は確保。そして、3番手、粘りに粘った13番インティ、そして、その後、15番クリソベリルは4番手の入線です。タイムは1分49秒3、上り800mは49秒0、600mは37秒0です。
11番チュウワウィザード、先行集団を見るような位置でレースを進めて、直線は力強く、力強く抜け出しております。チュウワウィザード、戸崎圭太ジョッキーとのコンビ。

 

40カ所以上ある旧陸軍墓地の保全

全国に40カ所以上ある「旧陸軍墓地」の保全が壁にぶつかっている。
太平洋戦争などで犠牲になった兵士らが眠るが、管理する自治会などの高齢化が進む。
地震で倒壊の恐れがあるのに予算の制約で補修が進まないケースもある。
専門家は「戦争の実態を伝える遺構で、国が文化財として保存すべきだ」と指摘する。

年間10万トンずつ減るという業界の定説をはるかに上回る減少幅

コメ離れが一段と進んでいる。
農林水産省がまとめた2019年産米の需要(19年7月~20年6月)は前年比22万トン減の713万トン。
「年間10万トンずつ減る」という業界の定説をはるかに上回る減少幅に衝撃が走った。
消費税増税や景気悪化で消費者の節約意識が強まるなか、減反廃止後も生産量を抑えてコメ価格を高値で維持してきた政策は限界を迎えている。

EV関連株 どう見極める?

2020年12月4日(金)Newsモーニングサテライト

マキシム・グループ 久野誠太郎さん

EV関連株 どう見極める?
11月の株価上昇を牽引したEV関連株ですが、12月に入ってもその勢いは衰えず、テスラは今日も上場来高値更新ペースで推移しています。各国政府が環境重視の方針に舵を切る中、2040年には世界の新車販売の58%をEVが占めるとの調査もあり、EVの生産開発の活発に投資が行われています。次なるテスラを目指して2020年は多くの新興EV企業が上場を果たしました。ただ、売上実績が乏しいまま上場した企業も多く、電動トラック企業二コラには技術を誇張してきた疑惑が浮上、ここにきて車づくりの技術力や将来性の評価の難しさも意識されています。
GMジェネラルモーターズは先月、2025年末までにEVと自動運転技術に270億ドルを投資すると発表しました。3月に発表していた計画から大幅に積み増した形です。また、2025年末までにEVを30車種投入する計画を明らかにしています。アメリカではフォードモーターも増産計画を打ち出しており、大手の本腰を入れた参入が続きます。トランプ政権下で中国やヨーロッパに後れを取っていたアメリカのEV市場ですが、今後は成長が加速することが見込まれています。

本人の同意なく第三者に暴露するアウティング

性的指向や性自認を本人の同意なく第三者に暴露する「アウティング」を防ぐための自治体の動きが広がっている。
三重県は都道府県で初めて禁止を明記した条例の制定を進める。
深刻なトラブルに発展するケースもあり、職場や学校での理解が重要になっている。

アメリカ中小型株の上昇続く?

2020年12月3日(木)Newsモーニングサテライト

SMBC日興セキュリティーズ・アメリカ 大塚祐貴さん

アメリカ中小型株の上昇続く?
11月に新型コロナワクチンへの期待が一段と高まったことなどで大型株だけではなく、出遅れていた中小型株にも投資資金が回り始めています。中小企業は新型コロナの打撃が大きかったこともあり、中小型株で構成される指数、ラッセル2000のパフォーマンスはS&P500を下回っていますが、11月には18.3%の上昇を記録、月間の上昇率としては1984年の算出開始以来最大となりました。
ラッセル2000の構成銘柄をバリュー株とグロース株に分けるとグロースは3月のコロナショック分を取り戻し、さらに上昇しているのに比べ、バリューは出遅れていて、年初来リターンは依然マイナスです。中小型バリューは金融や資本財を中心に景気敏感セクターが7割近くを占めており、景気回復が遅れるとの懸念がくすぶっているようです。来年に向けてアメリカの景気回復が本格化すれば、中小型のバリュー株が上昇し、ラッセル2000を押し上げる可能性があります。

メガソーラーの設置に身構える自治体

大規模太陽光発電所(メガソーラー)の設置に身構える自治体が増えている。
神戸市は豪雨による太陽光パネルの崩落事故を受け、事業用の一部を許可制とし、撤去費の事前積み立ても義務化する。
静岡県伊東市は災害への懸念から大規模発電を認めない条例を設けたが、すでに計画を進めていた事業者との対立が続く。
国の環境規制が遅れたしわ寄せが、地方の現場に及んでいる。

半導体株の見通し

2020年12月2日(水)Newsモーニングサテライト

米国みずほ証券 川尻賢弥さん

半導体株の見通し
半導体の業界団体であるWSTS、世界半導体市場統計は1日、新型コロナでデータセンター向け需要が拡大していることを背景に来年の市場規模が2020年から8.4%増え、過去最大になるとの予想を発表しました。また、半導体メモリー大手、マイクロン・テクノロジーは1日、足元の四半期の業績見通しを上方修正しました。これまでは米中摩擦を背景に軟調な見通しを示していましたが、足元の需要は堅調のようです。発表を受け、マイクロンの株価は20年ぶりの高値圏まで上昇しましたが、半導体株全体の上昇と比べれば、比較的割安感があり注目しています。
米国みずほ証券ではフェイスブックやマイクロソフトなどの大手が来年1-3月期に設備投資を拡大することで、大規模なデータセンターを運営するクラウド企業からの半導体需要が高まるとみています。コロナの再拡大の影響やバイデン氏の米中摩擦の対応方針など不透明感はありますが、データセンター向けにプロセッサーを手掛けるAMDやインテルなどが恩恵を受ける構図が継続しそうです。

日本は小学校と中学校長の女性割合が最下位クラス

子供に身近なリーダー、校長に女性を推す動きが広がり始めた。
2018年の経済協力開発機構(OECD)調査で日本は小学校と中学校長の女性割合が最下位クラス。
事務や部活動など長時間労働を見直して女性が就きやすくし、多様な社会の早期実現を目指す。

ソフトウェア株の注目は?

2020年12月1日(火)Newsモーニングサテライト

大和証券CMアメリカ 森本裕貴さん

ソフトウェア株の注目は?
情報技術セクターは半導体、ハードウェア、ソフトウェアの三つに分けることができます。それぞれの1株当たり利益の推移を見ると半導体企業はテレワークの普及などによるデータセンター需要の高まりを受け、業績が堅調です。一方、ソフトウェア企業の業績は相対的に弱含んでいます。中小企業やレジャー、外食、小売りなどコロナでダメージを強く受けた企業からの需要が減ったためですが、ワクチンが普及すれば、IT投資が比較的早い段階で持ち直し、ソフトウェアの需要も回復するとの期待が足元では広がっています。
ワクチンによる業績回復は期待先行の側面が強いため、コロナの影響が相対的に小さかった企業に注目すべきだと考えます。例えば、業務効率化ソフトを手掛けるサービスナウです。同社のソフトは大企業を中心に使われていて、顧客維持率は98%にのぼります。結果、新型コロナの環境でも業績はほとんど悪化せず、株価は右肩上がりで上昇しています。他にも決済サービスのペイパルはEコマースの利用増加を背景に株価が上場来高値圏にあります。ワクチンが広く普及するまではこういった企業が選好されやすいと考えています。

要介護になる手前の状態かどうかを判断するフレイル健診

今年4月から75歳以上の高齢者を対象に、要介護になる手前の状態かどうかを判断する「フレイル健診」が始まった。
15項目の質問票で要介護"予備軍"を見つけ、個別指導や医療機関の受診につなげる。
長く健康を保てば、高齢化で膨らむ社会保障費の抑制も期待できる。
指導にあたる保健師らの確保などが課題だ。

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ