カテゴリー

最近のコメント

« アメリカ今週の相場 注目点は? | トップページ | 第56回スプリンターズステークス ジャンダルム »

アメリカ金融大手 決算見通し

2022年9月30日(金)Newsモーニングサテライト

大和証券CMアメリカ シュナイダー恵子さん

アメリカ金融大手 決算見通し
先日開催された金融セクターの投資家向け説明会でアメリカの金融大手トップらが足元の動向について報告しました。
資産規模大手25社の預金残高の推移は高水準で安定しており、消費は力強いことがわかります。
また、貸出金残高の推移を見ると企業の資金需要は強く、増加基調が続いています。
貸倒は低い水準にとどまり、純金利収入は上振れる方向です。
決算で投資銀行業務は前年同期比でほぼ半減する見込みです。
世界のM&Aは発表金額ベースでおよそ3分の1まで落ち込んでいます。
ただ、進行中の案件は豊富で、市場のセンチメント回復を待つ状況との見方も示されました。
一方、トレーディング部門は各社が高水準を維持しています。
JPモルガンのピント社長は政策金利が5%まで引き上げられ、失業率は4.5~5%に上昇するという前提で、ソフトランディング、または数四半期の浅いリセッションの可能性が5分5分との見方を示しました。
マイルドな景気後退でも金融大手は底堅い業績を維持できる見通しですが、マーケットでは過度な貸し倒れリスクの織り込みが進んでおり、景気後退の深さについて不確実性が低下すれば、株価は反発に向かうと見ています。

« アメリカ今週の相場 注目点は? | トップページ | 第56回スプリンターズステークス ジャンダルム »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ