カテゴリー

最近のコメント

カテゴリー「競馬」の579件の記事

第37回 フェブラリーステークスGⅠモズアスコット

2020年2月23日(日曜) 1回東京8日
発走時刻:15時40分
11レース 第37回 フェブラリーステークスGⅠ
4歳以上オープン(国際)(指定)定量
コース:1,600メートル(ダート・左)
実況:大関隼さん

2度目のGⅠ制覇をダートで決めました、12番モズアスコット。初ダートの根岸ステークス完勝に続いて、今日も完勝。史上5頭目、芝ダート両方のJRAのGⅠ制覇達成です。これを懸命に追った15番ケイティブライヴ、長岡禎仁ですが、前とは3馬身、4馬身と差がありました。3着争いに16番ワンダーリーデルと9番サンライズノヴァ。1着は12番、2着は15番、3着争いは16番、9番接戦。勝ちタイム1分35秒2、上がりタイム、ゴールまでの800mは48秒8、600mは36秒5です。3着争い、今、ターフビジョンのストップモーション映像写っていますが、かなり際どくなりました。3着争いは9番サンライズノヴァ、16番ワンダーリーデルと際どくなっています。

第36回 ホープフルステークスGⅠコントレイル

2019年12月28日(土曜) 5回中山9日
発走時刻:15時30分
第36回 ホープフルステークスGⅠ
2歳オープン(国際)牡・牝(指定)馬齢
コース:2,000メートル(芝・右)
実況:小塚歩さん

最後は鞍上、手綱を持ったまま、今日も楽々と勝ちました、2番コントレイル、3戦3勝でホープフルステークス制覇です。2着5番ヴェルトライゼンデ、3着は7番ワーケア。2戦2勝でこのレースに臨んでいた各馬での決着。2番コントレイル、デビュー戦の手綱を取っていた福永祐一騎手。再びこの馬の背中に戻って、ホープフルステークスを難なく制しました。2着5番ヴェルトライゼンデ、3着7番ワーケア。勝ちタイムは2分1秒4、上がりはゴールまでの800m48秒4、600mは36秒4でした。
スタートからゴールまで全く危なげありませんでした2番コントレイル、ディープインパクト産駒、ノースヒルズの生産馬が第36回ホープフルステークスGⅠを制して、ノーザンファームのGⅠ連勝を止めました。

第64回 有馬記念GⅠリスグラシュー

2019年12月22日(日曜) 5回中山8日
発走時刻:15時25分
第64回 有馬記念GⅠ
3歳以上オープン(国際)(指定)定量
コース:2,500メートル(芝・右)
実況:小林雅巳さん

リスグラシューです。リスグラシューです。見事に令和初のグランプリホースの座を手にしました6番リスグラシュー。ダミアン・レーン騎手です。そして、2番手が10番サートゥルナーリア。最後は7番ワールドプレミアが後方から追い込んできて、3番手に上がっています。勝ち時計は2分30秒5。ゴール前で左手を挙げながら、ガッツポーズを見せながらリスグラシュー鞍上ダミアン・レーン騎手、ゴールを通過。2番手に10番サートゥルナーリア。3番手7番ワールドプレミア。後はフィエールマン、キセキです。後シュヴァルグランがいて、9番アーモンドアイは後方でした。後方に敗れています。

第71回 朝日杯フューチュリティステークスGⅠサリオス

2019年12月15日(日曜) 5回阪神6日
発走時刻:15時40分
第71回 朝日杯フューチュリティステークスGⅠ
2歳オープン(国際)牡・牝(指定)馬齢
コース:1,600メートル(芝・右 外)
実況:山本直さん

6番サリオス、好位追走から堂々と抜け出ました。この馬の時代がやってくることになるのでしょうか、背中にはライアン・ムーア、見事にGⅠタイトルを掴みました。2着8番タイセイビジョン、武豊、またしても朝日杯のタイトルに届かず。3着争い、最後、大外から9番グランレイ差を詰めていまして、14番タガノビューティーとの争い、きわどくなっています。1分33秒0の勝ち時計。ゴールまでの800m47秒6、600m35秒8。朝日杯フューチュリティステークス、レースレコードです。1分33秒0。見事にサリオスが2歳王者に輝きました。8番タイセイビジョン、2着。9番グランレイが3着。14番タガノビューティー、わずかに劣勢。13番プリンスリターン、平地GⅠ初騎乗、原田和真、5番手に食い込んでいます。

阪神ジュベナイルフィリーズGⅠレシステンシア

2019年12月8日(日曜) 5回阪神4日
発走時刻:15時40分
11レース 第71回 農林水産省賞典 阪神ジュベナイルフィリーズGⅠ
2歳オープン(国際)牝(指定)馬齢
コース:1,600メートル(芝・右 外)
実況:米田元気さん

逃げ切りました4番レシステンシア、これで3戦3勝、鞍上北村友一騎手、今年の重賞3勝、そして、タイムはレコード、1分32秒7が出ました。1分33秒台を乗り越えて、1分32秒7のレコードタイム。4番レシステンシア、好ダッシュからハナを切って、鮮やかに逃げ切りました。後続を寄せ付けませんでした。ダイワメジャー産駒、4番レシステンシア、新馬、ファンタージーステークス、そしてこの阪神ジュベナイルフィリーズ、3戦3勝としました。鮮やかでした。ゴール前はむしろ突き放す一方。5馬身から6馬身突き放して完勝です、4番レシステンシア。しかもレコードタイムのおまけつき。1分32秒7、ウォツカの基準タイム、1分33秒1を0.4秒更新しました。2着はマルターズディオサ上がったか、外は10番クラヴァシュドール、そして3番ウーマンズハート、1番ヤマカツマーメイド、その後ろに15番リアアメリアは遅れています。

第20回 チャンピオンズカップGⅠクリソベリル

2019年12月1日(日曜) 4回中京2日
発走時刻:15時30分
11レース 第20回 チャンピオンズカップGⅠ
3歳以上オープン(国際)(指定)定量
コース:1,800メートル(ダート・左)
実況:中野雷太さん

古馬の壁など関係なし。着差は僅かも6連勝。無傷の6戦全勝。5番クリソベリル、3歳馬、新王者に就きました。鞍上、川田将雅です。タイムは1分48秒5。フェブラリーステークスの覇者、4番インティ、外GⅠ5勝の古豪、ゴールドドリーム、その間に入る形で追い比べ。5番クリソベリル、3歳馬、この追い比べを制しました。首一つ遅れて11番ゴールドドリーム2着。最後は交わされて4番インティ3着。3番チュウワウィザード4着。そして12番キングズガード5着。6着争いが16番ヴェンジェンス、そして6番オメガパフューム以下続いていました。タイム1分48秒5、ゴールまでの800m47秒7、600mは35秒7でした。

第39回 ジャパンカップGⅠスワーヴリチャード

2019年11月24日(日曜) 5回東京8日
発走時刻:15時40分
11レース 第39回 ジャパンカップGⅠ
3歳以上オープン(国際)(指定)定量
コース:2,400メートル(芝・左)
実況:小塚歩さん

スワーヴリチャード、オイシン・マーフィー、ここで2つ目のGⅠタイトルを獲得。内が伸びる馬場で最内を突きて伸びてきました。今、ルックトゥワイス、ランフランコ・デットーリ騎手がマーフィー騎手の頭をポンポンと叩いて、祝福を見せました。若き名手、オイシン・マーフィー、スワーヴリチャードで日本のJRAのGⅠ初制覇です。1番カレンブーケドール、またも2着。そして、3着に2番ワグネリアン、上がってきました。時計は2分25秒9、上りはゴールまでの800m49秒3、600mは37秒2でした。

第36回 マイルチャンピオンシップGⅠインディチャンプ

2019年11月17日(日曜) 5回京都6日
発走時刻:15時40分
11レース 第36回 マイルチャンピオンシップGⅠ
3歳以上オープン(国際)(指定)定量
コース:1,600メートル(芝・右 外)
実況:山本直さん

5番インディチャンプ、春秋マイルGⅠ連覇達成。池添謙一が見事に導きました。そして、ダノンプレミアムが2着争いの外。中を伸びたペルシアンナイト、粘りに粘ったマイスタイル、そして、ダノンキングリー広がっています。マイル王が見事に秋の京都で自らの地位を守りました。5番インディチャンプ、池添謙一、凱歌。1分33秒0の勝ち時計。2着争いはダノンプレミアムとペルシアンナイト、僅かにダノンプレミアムが一応優勢とお伝えをしておきます。アーモンドアイを振り切った安田記念に続いて、今日は馬群の間を見事に突き抜けて見せました。インディチャンプ、春秋マイルGⅠ連覇達成です。1分33秒0の勝ち時計。上がりタイム、ゴールまでの800m45秒8、600m34秒2。

第44回 エリザベス女王杯GⅠラッキーライラック

2019年11月10日(日曜) 5回京都4日
発走時刻:15時40分
11レース 第44回 エリザベス女王杯GⅠ
3歳以上オープン(国際)牝(指定)定量
コース:2,200メートル(芝・右 外)
実況:米田元気さん

ガッツポーズ、スミヨン、見事に復活2番ラッキーライラック、完全復活しました2番ラッキーライラック。最内から伸びて、まさにスミヨンマジック。タイムは2分14秒1。鮮やかに2番ラッキーライラック、これまでの悔しさをすべて晴らす勝利です。そして、6番クロコスミア、今年も2着。11番ラヴズオンリーユー、最後再び差を詰めましたが3着まで。あとは12番センテリュオ、そして8番クロノジェネシス、17番サラキアの順番です。2番ラッキーライラック、馬上で6番クロコスミア、鞍上の藤岡佑介と握手しました。鮮やかでした2番ラッキーライラック、およそ1年8カ月ぶりの勝利。GⅠとしてはおよそ1年11カ月ぶりの勝利となります。おととしの阪神ジュベナイルフィリーズ以来のGⅠ制覇。2番ラッキーライラック1着。2着6番クロコスミア、3着11番ラヴズオンリーユー、4着12番センテリュオ、5着は8番クロノジェネシスです。3歳馬に期待が集まった今年のエリザベス女王杯でしたが、結局、勝ったのは4歳馬、2番ラッキーライラック、鮮やかでした。鞍上はクリフトフ・スミヨンです。

第160回 天皇賞(秋)GⅠアーモンドアイ

2019年10月27日(日曜) 4回東京9日
発走時刻:15時40分
11レース 第160回 天皇賞(秋)GⅠ
3歳以上オープン(国際)(指定)定量
コース:2,000メートル(芝・左)
実況:山本直也さん

アーモンドアイ、手が挙がりましたクリストフ・ルメール。これは強い。全く相手にしませんでした。最内を突いて、楽々と突き抜けましたアーモンドアイ。これがアーモンドアイです。2番手が9番ダノンプレミアム、そして、逃げた5番アエロリットもしぶとくしぶとく粘りました。最後、外から6番ユーキャンスマイルが並んできました。間には14番ダービー馬ワグネリアン、3番手争いが最後、接戦となりました。しかし、後続の争いを尻目に2番アーモンドアイ完勝です。勝ち時計は1分56秒2です。トーセンジョーダンが持つ1分56秒1にコンマ1迫る、素晴らしい勝ち時計。2番アーモンドアイ快勝です。ものすごい強さ、アーモンドアイ。2番手9番ダノンプレミアム、3番手は5番アエロリット残した。そして、6番ユーキャンスマイル、14番ワグネリアン、4番手の争いです。勝ち時計1分56秒2、上がり4ハロン45秒6、3ハロン34秒3でした。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

10/11 プレミアリーグ 3カット美人 AFCチャンピオンズリーグ E.N.G イングランドサッカー情報番組 Foot! UEFA Europa League UEFAチャンピオンズリーグ たけしアート☆ビート たべもの一直線 にっぽん紀行 やべっちFC ようこそ先輩 アインシュタインの眼 アスリートの魂 アレ今どうなった? イングランド プレミアリーグ インタビュー オンリーワン カンブリア宮殿 ガイアの夜明け クローズアップ現代 サキどり↑ サッカー サッカーネット プレスパス ジェネレーションY スポーツ大陸 スーパーサッカー セカイでニホンGO! ソロモン流 タイムスクープハンター ディープピープル トップランナー ドキュメンタリー ドキュメント20min. バラエティ バルサTV ファミリーヒストリー ファーストジャパニーズ フットボールクラッキ ブラタモリ ブンデスリーガ プレミアリーグ09/10 プレミアリーグ・ワールド2009 プロフェッショナル ボクシング マーケットウィナーズ ラップトゥデイ リーガダイジェスト ワンダー×ワンダー ワールドビジネスサテライト 世界の競馬 井崎脩五郎のニッポン競馬史 働くって夢見ること? 名将の采配 告白TV 地球アゴラ 地球イチバン 大相撲 将棋 情熱大陸 映画・テレビ 月刊やさい通信 月刊サッカーアース 未来をつくる君たちへ 歴史 歴史秘話ヒストリア 水上の挑戦者 熱中人 熱中時間 爆問学問 爆笑問題のニッポンの教養 特報首都圏 百年旅行 目撃!日本列島 知る楽選 競馬 競馬場の達人 管理人のつぶやき 経済ワイドビジョンe 経済・政治・国際 経済最前線 追跡!A to Z 週刊 ニュース深読み )アスリートの魂 A1 NEWS STAGE CHANGE MAKER COOL JAPAN FOOT × BRAIN GLOCALジャポン Jリーグアフターゲームショー Jリーグタイム Mプラス Express_ NEWS FINE Newsモーニングサテライト NHKスペシャル S☆1スパサカ TOKYO ニュース REMIX UEFAチャンピオンズリーグ09/10 UEFAチャンピオンズリーグ・マガジン

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ