カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー「競馬」の520件の記事

勝ったのはサトノクラウンです。勝ったのはサトノクラウン、香港を制したその脚はこの阪神の馬場でも素晴らしいパフォーマンスを見せました。鞍上はミルコデムーロ

2017年6月25日(日) 3回阪神8日
11R 第58回 宝塚記念(GI)
サラ系3歳以上 オープン (国際)(指定) 定量
2200m 芝・右
実況:檜川彰人さん

勝ったのはサトノクラウンです。勝ったのはサトノクラウン、香港を制したその脚はこの阪神の馬場でも素晴らしいパフォーマンスを見せました。鞍上はミルコデムーロ、11番サトノクラウン、好位につけていたキタサンブラックを目標にしながら、直線は堂々抜け出しての快勝。そして、内から前に詰めていった2番ゴールドアクターの追撃、しっかりととらえて先着。そして、後ろからレースを進めておりましたミッキークイーン、直線伸びて3番は確保しています。2分11秒4です。上がり800メートルは47秒5、600メートルは35秒7。サトノクラウンです。2着には2番ゴールドアクターです。3着には8番ミッキークイーンです。4着6番シャケトラ、そして5着にレインボーライン。後はミッキーロケット。そして、そのあとに、そのあとに、さあキタサンブラックは沈んでいます。11番サトノクラウンが見事にこの宝塚記念を制しまして、JRA初のGI制覇となりました。

サトノアラジン、今日は切れた、サトノアラジン、まとめて捕え切りました。鮮やかサトノアラジン、期待を集めながらなかなか結果が出なかったサトノアラジン、6歳にしてようやくその力をいかんなく発揮。サトノアラジンが決めています

2017年6月4日(日) 3回東京2日

11R 第67回 安田記念(GI)

サラ系3歳以上 オープン (国際)(指定) 定量

1600m 芝・左

実況:舩山陽司さん

サトノアラジン、今日は切れた、サトノアラジン、まとめて捕え切りました。鮮やかサトノアラジン、期待を集めながらなかなか結果が出なかったサトノアラジン、6歳にしてようやくその力をいかんなく発揮。サトノアラジンが決めています。そして外から伸びた6番レッドファルクス、内で食い下がった16番ロゴタイプ、ずらっと横に広がりましたが、切れに切れた14番サトノアラジンが決めています。鞍上は川田将雅騎手。時計は1分31秒5、レコードに迫る好タイムでサトノアラジン快勝。そして2着争い、内16番ロゴタイプ、6番レッドファルクス接近して、2着争い。しかし、16番ロゴタイプ粘っています。6番レッドファルクス3着。後は7番グレーターロンドン、8番エアスピネル、そして12番ビューティーオンリーと続いています。1分31秒5、ゴールまでの800メートル46秒0、600メートル34秒4と挙がっています。

遂にやりましたクリストフルメール、藤沢和雄の名コンビ、レイデオロ、第84回日本ダービーを制しました。3度目の挑戦で決めたクリストフルメール、そして19頭目の挑戦でついにその栄光を掴みました藤沢和雄調教師、レイデオロ、長い直線押し切りました

2017年5月28日(日) 2回東京12日

10R 第84回 東京優駿(GI)

サラ系3歳 オープン (国際)牡・牝(指定) 定量

2400m 芝・左

実況:中野雷太さん

遂にやりましたクリストフルメール、藤沢和雄の名コンビ、レイデオロ、第84回日本ダービーを制しました。3度目の挑戦で決めたクリストフルメール、そして19頭目の挑戦でついにその栄光を掴みました藤沢和雄調教師、レイデオロ、長い直線押し切りました。そして2着に4番スワーヴリチャード、懸命に追いましたが、わずかに及びませんでした。3着争いに18番アドミラブル、2冠を狙った7番アルアイン、内は逃げた3番マイスタイル、3頭広がっていました。レイデオロがダービー制覇。スワーヴリチャード2着、3着18番アドミラブル、3着です。そのうちで7番アルアイン、3番マイスタイル、4着争い。1番ダンビュライト、11番ペルシアンナイトとそのあと続いていました。勝ち時計は2分26秒9、ゴールまでの800メートル46秒5、600メートルは33秒8でした。

桜花賞の雪辱、ソウルスターリング勝ちました。これがソウルスターリングの力です。桜花賞は無念の3着。巻き返しましたソウルスターリング。直線半ばで先頭に立って、堂々押し切っています

2017年5月21日(日) 2回東京10日

11R 第78回 優駿牝馬(GI)

サラ系3歳 オープン (国際)牝(指定) 定量

2400m 芝・左

実況:小塚歩さん

桜花賞の雪辱、ソウルスターリング勝ちました。これがソウルスターリングの力です。桜花賞は無念の3着。巻き返しましたソウルスターリング。直線半ばで先頭に立って、堂々押し切っています。3連勝でトライアルを勝って、ここに臨んだ1番モズカッチャンが2着。3着争い接戦、内7番ディアドラ、外16番アドマイヤミヤビです。勝ちタイムは2分24秒1、上がりタイムゴールまでの800メートル45秒7、600メートルは34秒1でした。堂々と好位から早め先頭押し切りましたソウルスターリング、クリストフルメール。先週のアドマイヤリードに続いて自身2週連続のGI制覇。そして、藤沢和雄調教師は史上二人目の重賞100勝達成です。藤沢和雄調教師のクラッシックはダンスインザムードの桜花賞以来13年ぶり。去年はチェッキーノでこのオークス2着と涙をのんでいた藤沢和雄調教師が今年はソウルスターリングでオークスを制しました。

アドマイヤリードです。ガッツポーズを見せましたアドマイヤリード鞍上クリストフルメール騎手、最後馬群の間から抜け出てきたのは5番アドマイヤリードです

2017年5月14日(日) 2回東京8日

11R 第12回 ヴィクトリアマイル(GI)

サラ系4歳以上 オープン (国際)牝(指定) 定量

1600m 芝・左

実況:小林雅巳さん

アドマイヤリードです。ガッツポーズを見せましたアドマイヤリード鞍上クリストフルメール騎手、最後馬群の間から抜け出てきたのは5番アドマイヤリードです。重賞初制覇がGIタイトルとなりましたアドマイヤリード、マイルの女王の座を手にしました。そして外から伸びた10番デンコウアンジュがわずかに2番手か。3番ジュールポレールも差を詰めています。内には2番スマートレイアー、間に先行した4番ソルヴェイグです。2番手は横に広がっていますが、5番アドマイヤリード、堂々抜けて第12回ヴィクトルアマイルを制しています。勝ち時計1分33秒9、上がり4ハロン46秒0、3ハロン33秒8です。

ミッキーアイル、そしてルージュバックは見せ場なく敗れています。5番アドマイヤリード、前走阪神牝馬ステークス2着の後、この大一番に進んで、見事にビッグタイトルを手にしました。アドマイヤリード1着。2着10番デンコウアンジュです。3着4着写真判定、5着4番ソルヴェイグ。17頭の出走でした第12回ヴィクトリア、見事に牝馬ベストマイラーの座を手にした5番アドマイヤリード、ただ1頭芝コースを引き揚げてきます。

今年も牝馬、アエロリットです。外から14番リエノテソーロ、好位を押し上げて外目を回って、先に抜けたアエロリットに追いすがりましたが、届かず2番手。今日は逃げていった6番ボンセルヴィーソ

2017年5月7日(日) 2回東京6日
11R 第22回 NHKマイルカップ(GI)
サラ系3歳 オープン (国際)牡・牝(指定) 定量
1600m 芝・左

実況:大関隼さん

今年も牝馬、アエロリットです。外から14番リエノテソーロ、好位を押し上げて外目を回って、先に抜けたアエロリットに追いすがりましたが、届かず2番手。今日は逃げていった6番ボンセルヴィーソ、そして15番レッドアンシェル追い込んで、3、4着争いは内外離れて2頭。勝ち時計は1分32秒3、上がりゴールまでの800メートルは46秒2、600メートルは34秒4です。

牝馬のワンツーです。16番アエロリット、ハイレベルといわれる今年の牝馬戦線の上位馬がマイル界統一です。2馬身ほど遅れて14番リエノテソーロ2着、3着争い、今ターフビジョンに映りますが、わずかに6番ボンセルヴィーソが3着残れたようです。際どく接近した15番レッドアンシェルですが、これはわずかに遅れた4番手の大勢。そのあとにオールザゴー、タイムトリップ、ミスエルテ以下。22回目のNHKマイルカップ、1着は16番アエロリットです。父はクロフネ、親子制覇。鞍上は横山典弘騎手。2着には交流GI全日本2歳優駿を去年制した14番リエノテソーロ、牝馬で1、2着を占めて、3着に6番ボンセルヴィーソ。

キタサンブラックです。2番手追走から堂々と最後の直線先頭で、そのままゴールまで押し切りました。2番手は最後6番シュヴァルグランか、外に15番サトノダイヤモンド、内10番アドマイヤデウス

2017年4月30日(日) 3回京都4日

11R 第155回 天皇賞(春)(GI)

サラ系4歳以上 オープン (国際)(指定) 定量

3200m 芝・右 外

実況:小林雅巳さん

キタサンブラックです。2番手追走から堂々と最後の直線先頭で、そのままゴールまで押し切りました。2番手は最後6番シュヴァルグランか、外に15番サトノダイヤモンド、内10番アドマイヤデウス。この3頭が2番手3番手4番手。勝ち時計はレコード、3分12秒5です。見事にレコードで天皇賞春連覇を達成しました3番キタサンブラック、武豊騎手です。2番手はどうやら6番シュヴァルグラン、3番手が接戦で、内アドマイヤデウス、外サトノダイヤモンド、3番手は接戦です。見事に天皇賞春連覇を達成しましたキタサンブラック1着、3番キタサンブラック、2着6番シュヴァルグラン、3着は15番サトノダイヤモンド3着。4着10番アドマイヤデウス、そのあと離されました5番手はアルバートです。レコードの勝ち時計3分12秒5、上がり4ハロン47秒7、3ハロン35秒5です。今、左手ガッツポーズを見せました武豊騎手、今度は右手で大きくガッツポーズ。史上4頭目となる天皇賞春連覇を達成。GIは5勝目。今年はレコードのおまけつき、堂々たるレース、堂々たる勝利でした。第155回天皇賞春、キタサンブラック、現役最強馬、連覇で幕を閉じました。

アルアインです。7番ペルシアンナイト2着。10番ダンビュライト3着。皐月賞初騎乗の松山弘平、決めました。11番アルアインです。アルアインが突き抜けました。最内から脚を伸ばした7番ペルシアンナイトとの追い比べ。アルアインです

2017年4月16日(日) 3回中山8日

11R 第77回 皐月賞(GI)

サラ系3歳 オープン (国際)牡・牝(指定) 定量

2000m 芝・右

実況:中野雷太さん

アルアインです。7番ペルシアンナイト2着。10番ダンビュライト3着。皐月賞初騎乗の松山弘平、決めました。11番アルアインです。アルアインが突き抜けました。最内から脚を伸ばした7番ペルシアンナイトとの追い比べ。アルアインです。シンザン記念で進路が塞がり、そして毎日杯では強気の競馬、厳しい経験、ここで生きました。11番アルアイン、皐月賞制覇です。2着7番ペルシアンナイト、そして踏ん張った10番ダンビュライト3着。その後16番クリンチャー、5番レイデオロ、そして2番スワーヴリチャード、4着、5着、6着というところか。そのあとに直線に向いたところで先頭に立った牝馬8番ファンディーナ、17番ウインブライト。あとは一団での入線でした。勝ち時計1分57秒8、昨年のディーマジェスティのレコードをコンマ1秒更新。11番アルアイン、皐月賞を手にしました。ゴールまでの800メートル46秒4、600メートルは34秒5でした。

激戦を制したのは11番アルアインでした。松山弘平騎手、皐月賞初騎乗で堂々たる競馬、見事な自身初GI制覇。クラシック制覇、やってのけました。前走毎日杯で好タイムで重賞を制していながら、評価は伏兵。しかし、堂々と突き抜けました、11番アルアイン。松山弘平騎手、見事な皐月賞制覇でした。今年もディープインパクトの子供が皐月賞を制しました。それもレースレコード、1分57秒8、ガッツポーズで大観衆に応えます、笑顔を見せます、松山弘平騎手、今、高々と天に向かって指を一本突き上げました。アルアインが第77代皐月賞馬の栄光を掴みました。管理されます池江泰寿調教師、オルフェーヴル以来2度目の皐月賞制覇。チャンピオンは11番アルアインでした。

レーヌミノルです。レーヌミノル勝ちました。長い直線押し切った10番レーヌミノルです。最後追った6番リスグラシュー、これが2番手か。14番ソウルスターリングは初黒星。8番カラクレナイとともに3番手争いです

2017年4月9日(日) 2回阪神6日

11R 第77回 桜花賞(GI)

サラ系3歳 オープン (国際)牝(指定)定量

1600m 芝・右 外

実況:小塚歩さん

レーヌミノルです。レーヌミノル勝ちました。長い直線押し切った10番レーヌミノルです。最後追った6番リスグラシュー、これが2番手か。14番ソウルスターリングは初黒星。8番カラクレナイとともに3番手争いです。レーヌミノルです。初コンビ池添謙一騎手、見事にレーヌミノルを桜の女王へと導きました。最後はリスグラシュー、カラクレナイは並んで追い上げてきて、リスグラシューが2番手。14番ソウルスターリング、レーヌミノルを捕らえられず、そしてリスグラシューにも交わされての3着争い。8番カラクレナイとの3番手争いですが、14番ソウルスターリング3着は死守したか。そのあと12番アエロリットが追い上げていました。勝ちタイムは1分34秒5、上がりタイム、ゴールまでの800メートル48秒0、600メートルは36秒2です。

第77代桜の女王は10番レーヌミノルでした。今回初めてコンビを組みました池添謙一騎手、2002年のアローキャリー以来、実に桜花賞は15年ぶりの制覇です。そして管理するのは本田優調教師。ジョッキー時代、2001年テイエムオーシャンでこの桜花賞を制していました。16年の時を超えて今度は調教師として管理馬レーヌミノルを桜花賞馬へと育て上げました。去年の小倉2歳ステークスを圧倒的なリードで勝ってからは京王杯2歳ステークス2着、阪神ジュベナイルフィリーズ3着、今年2戦も勝ち星を挙げることができていませんでした。心機一転、新コンビ、池添謙一騎手とのコンビで見事に好位から早め先頭に立って、後続を封じました。レーヌミノルが今年の桜花賞馬です。

1分58秒9、勝ったのは5番キタサンブラック、年度代表馬キタサンブラック、今年の初戦、いきなりGIを制しました。武豊騎手、JRA残したGIあと二つとなりました。5番キタサンブラック、3番手からあわてず騒がず、最後は後続を突き放しての快勝でした

2017年4月2日(日) 2回阪神4日

11R 第61回 大阪杯(GI)

サラ系4歳以上 オープン (国際)(指定) 定量

2000m 芝・右

実況:檜川彰人さん

1分58秒9、勝ったのは5番キタサンブラック、年度代表馬キタサンブラック、今年の初戦、いきなりGIを制しました。武豊騎手、JRA残したGIあと二つとなりました。5番キタサンブラック、3番手からあわてず騒がず、最後は後続を突き放しての快勝でした。2番手には4番ステファノス。3番手、直線追い上げた13番ヤマカツエース、そのあと4、5番手争いは広がりました。タイムは1分58秒9です。上がりは47秒1、35秒3です。

人気に応えた5番キタサンブラック、鮮やかです。2着4番ステファノス、そしてヤマカツエースが3着。そのあとの4、5番手の争いにサトノクラウン、マカヒキ、アンビシャスとずらっと3頭が広がっております。直後1番ミッキーロケット。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

10/11 プレミアリーグ | 3カット美人 | AFCチャンピオンズリーグ | E.N.G イングランドサッカー情報番組 | Foot! | UEFA Europa League | UEFAチャンピオンズリーグ | たけしアート☆ビート | たべもの一直線 | にっぽん紀行 | やべっちFC | ようこそ先輩 | アインシュタインの眼 | アスリートの魂 | アレ今どうなった? | イングランド プレミアリーグ | インタビュー | オンリーワン | カンブリア宮殿 | ガイアの夜明け | クローズアップ現代 | サキどり↑ | サッカー | サッカーネット プレスパス | ジェネレーションY | スポーツ大陸 | スーパーサッカー | セカイでニホンGO! | ソロモン流 | タイムスクープハンター | ディープピープル | トップランナー | ドキュメンタリー | ドキュメント20min. | バラエティ | バルサTV | ファミリーヒストリー | ファーストジャパニーズ | フットボールクラッキ | ブラタモリ | ブンデスリーガ | プレミアリーグ09/10 | プレミアリーグ・ワールド2009 | プロフェッショナル | ボクシング | マーケットウィナーズ | ラップトゥデイ | リーガダイジェスト | ワンダー×ワンダー | ワールドビジネスサテライト | 世界の競馬 | 井崎脩五郎のニッポン競馬史 | 働くって夢見ること? | 名将の采配 | 告白TV | 地球アゴラ | 地球イチバン | 大相撲 | 将棋 | 情熱大陸 | 映画・テレビ | 月刊やさい通信 | 月刊サッカーアース | 未来をつくる君たちへ | 歴史 | 歴史秘話ヒストリア | 水上の挑戦者 | 熱中人 | 熱中時間 | 爆問学問 | 爆笑問題のニッポンの教養 | 特報首都圏 | 百年旅行 | 目撃!日本列島 | 知る楽選 | 競馬 | 競馬場の達人 | 管理人のつぶやき | 経済ワイドビジョンe | 経済・政治・国際 | 経済最前線 | 追跡!A to Z | 週刊 ニュース深読み | )アスリートの魂 | A1 NEWS STAGE | CHANGE MAKER | COOL JAPAN | FOOT × BRAIN | GLOCALジャポン | Jリーグアフターゲームショー | Jリーグタイム | Mプラス Express_ | NEWS FINE | NHKスペシャル | Newsモーニングサテライト | S☆1スパサカ | TOKYO ニュース REMIX | UEFAチャンピオンズリーグ09/10 | UEFAチャンピオンズリーグ・マガジン

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ