カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー「歴史」の9件の記事

池田屋にたどり着くのは、なかなか可能性として低いと思いますし、遭わなかった可能性も

2009年5月13日放送 NHK総合 歴史秘話ヒストリア

新撰組 京都青春録 素顔の沖田・土方・近藤

幕末史研究家 菊地明さん
8月18日の政変で、ただの浪士の集まり、烏合の衆の集まりとは違って、組織だって動くことができたんじゃないかと思うんですね。当時、組織の局長、副長、出来ていましたので、それに沿って命令系統がしっかりしていて、勝手な動きをする人間もいなかった。それを会津藩なり、幕府側に評価されたんではないかと思います。

沖田総司の戒名とその縁者の戒名というのが、使われている文字、それをひとつづつ比べていきますと、非常に共通している印象があるんですね。意味も互いに同じような意味を共有している文字が並んでいるんですね。それは、何らかの意図があって、縁者の方が先に死んでいますから、そのあとで亡くなった沖田総司の戒名があえてまねをするように、縁者の戒名が下敷きになって、作られたんじゃないかと。

歴史地理史学者 中村武生さん
よくドラマなどでいうように、拷問をして、その時にすべての彼らの計画をしゃべったというのは、たぶん事実ではない。当時の事件から二日たった会津松平家の役人の記録が残っていて、そこには具体的なことは一切書いてなく、ただ、機会を失わずに行動すべきだというようなものしか書いてない。
祇園から三条小橋あたりまで、無数に茶屋があります。その中のたった一軒、池田屋にたどり着くのは、なかなか可能性として低いと思いますし、遭わなかった可能性もないとは絶対に言えないです。見込み捜査以外の何物でもありませんので。
多分池田屋に切り込んだ段階で、誰かが土方らを探しに行ったと思いますが、土方らがどこを調査しているかをなかなかわかりにくいと思いますから、だから合流には時間がかかったと思います。

闘茶で金もうけて何が悪いんだよ。うるせいよ、お前、馬鹿野郎

2009年5月13日放送 NHK総合 タイムスクープハンター

沸騰!闘茶バブル

茶勝負というのは運任せではござらん。それというのも、当人の精進次第です。だから、風香を嗅ぎ極める。風味を味わい極める。それらをより精進したものが勝者になります。
私はもっと茶を知りたいと思っています。そのためにも、身分の高い方々の贅沢な茶会で一度腕を競ってみたいと思っています。

当世、賭けごとはご法度なんよね。名目上はそうなっている。
闘茶で金もうけて何が悪いんだよ。お前だって金欲しいだろう。金もうけて何が悪いんだよ。闘茶で金もうけて何が悪いんだよ。うるせいよ、お前、馬鹿野郎。

絵師としては、地位も名誉も手に入れた等伯ですけれども

2009年4月15日放送 NHK総合 歴史秘話ヒストリア

美の戦国合戦 長谷川等伯VS狩野永徳 絵師たちの夢と野望

山形大学 教授 宮島新一さん
朝倉、それから武田、頂点に足利義昭という、包囲網を形成するという動きがあった。等伯もそれに乗ってみようと思ったんでしょう。できれば、それをきっかけに、足利将軍家に出入りするような画家になりたいと。

石川県七尾美術館 学芸員 北原洋子さん
絵師としては、地位も名誉も手に入れた等伯ですけれども、気がついてみれば、ライバル、そして後継者、そしてよき理解者と、次々に人の死に直面してしまうわけですね。これは私の想像なんですが、そんなとき、等伯の心の中にあったのは、郷里への思いとか、家族への思いだったんじゃないかと思うんです。そして、最終的に到達したのが、人のためではなくて、自分自身のために、心の中の風景を描いた松林図屏風だったんではないでしょうか。

自分が目ぼしい武将を探して、それに切りかかっていくという場面は、多分あったと思いますね

2009年4月8日放送 NHK総合 歴史秘話ヒストリア

謙信、変身 悩める若者、ヒーローになる

愛知大学教授 山田邦明さん
当時の武士というのは、一応誇り高いものですから、あの人には従ってあげてもいいけど、あの人は嫌だというのがあるんですね。身分関係からいくと、腹の中では、なんでお前だけがというふうに思っているに違いない、そういう意識が明らかにあって、それが謙信の悩ましかったところだったと思いますね。

あの文章を素直に読むと、私がいなくても、大丈夫ですかという質問状としか考えられないですね。ほっておいても何とかなるというのが普通の発想なんですよね。だけど、謙信はおそらく自分の仕事に自信を持っているし、おそらく誇りを持っているからこそ、ほっておけなかったんじゃないですかね。あれは一種のストライキなんです。俺がいなくても大丈夫ですか、大丈夫ですかというストライキなんですよ。

元静岡大学教授 小和田哲男さん
信玄と戦うという中で、あの場面では、自分も戦わざるを得ないというか、ただ後ろにいて、号令をするだけでは、この戦い勝てないという思いがあって、周りを士気鼓舞するために、自ら太刀打ちに及んだ。そういう中で、自分が目ぼしい武将を探して、それに切りかかっていくという場面は、多分あったと思いますね。必死さというかね、その戦いに賭けた意気込みが、多分そういう行動を取らせたんだろうなと思いますけどね。

自分たちの仲間である北条氏のお嬢さんが頼朝の隣に必ずいる

2009年4月1日放送 NHK総合 タイムスクープハンター

忍者、その真の姿とは

映画で描かれる格好とはほど遠い。農民や山伏、行商、旅芸人、僧侶などに変装し、その土地土地に潜伏する。使える主君のため、極秘任務を請け負う彼らだが、普段は農民としてすっかりその土地に溶け込んでいる。
彼らは特別な忍術を使うわけではないようだ。その代わり、独特の歩き方を披露してくれた。それは。深草兎歩と呼ばれる歩き方。手の甲に足をのせ、両手を床に接地させながら歩く。難しいが、足音を消す効果がある。

-------------------------------------------

2009年4月1日放送 NHK総合 その時 歴史が動いた

最終回スペシャル

松平定知さん
人間の魅力が歴史への興味へとつながるんだということでございます。歴史は勝者のためだけじゃない。敗者のものでもあるわけですね。そして、また同時に、勝者、敗者として歴史に名が残る人たちの何百万倍、何千万倍、何億万倍の無名の人々の歴史でもあるということに思いをいたそうということでもあります。歴史は決して古臭いものではないということであります。むしろ、新しいんだと。新しい資料が発見される。それがもとで、新しい研究が始まる。その新しい研究の過程で、今までだったら、その古い資料も見方を変えることで、切り口を変えることで、全く違った歴史の顔が見えてくることがある。その新しい歴史の顔を皆さん方に積極的にご報告しようじゃないかと。それはただ単なる受け狙い、視聴率狙いのあざといものでは困りますけれども、しかし、放送するに足る、きちんとした資料であるならば、それにきちんとした検証をしたうえで、その新しい歴史の可能性を皆さん方にお伝えしていくということにしゅんじゅうしちゃあいかんと思っております。それを全部やってまいりました。そのことが、皆さん方から高いご支持をいただいている大きな理由の一つだと思うんですけれども、そのことをさせてくださったのは実は皆さん方なんですね。

-------------------------------------------

2009年4月1日放送 NHK総合 歴史秘話ヒストリア

愛あるケンカ 武士の世をひらく 北条政子・源頼朝 夫婦の革命

東京大学史料編纂所 本郷和人准教授
政子が頼朝に求めたもの、これは割とわかりやすい。要するに、当時の関東地方の武士には珍しい雅やかさ、育ちの良さ、ぽうとなってしまったというようなことがいわれています。頼朝が政子に求めたもの、こっちはちょっと難しいんですけど、推測になってしまいますけど、おそらくは土地に根差して生きる人間本来の率直さというか、力強さというか、そういうものだったんではないかなあと。

頼朝という象徴的な存在の傍らに、自分たちの仲間の女性がいるということが、どれだけ重要かというのがみんな分かっていたわけですね。まさに、自分たちの仲間である北条氏のお嬢さんが頼朝の隣に必ずいる。となれば、頼朝という存在は、武士団の中にしっかりと根を下ろすことができるし、それは頼朝にとってもいいことだし、武士団にとってもいいことのわけですね。だから、ばかばかしいといえばばかばかしいけど、二人が壊れそうになると、みんなで一生懸命支えていると。

アイアンルックです。前走アーリントンカップの悔しさをこの毎日杯で晴らしました

2009年03月28日 2回阪神1日 9R 15:01発走

陽春ステークス(4歳上1600万下)
4歳上1600万下 (混合)[指定](ハンデ)

ダ:1400m 晴/ダート:良
実況:舩山陽司さん
さあ、どちらでしょうか、エリモハルカか、トウショウブリッツか、結局、前に行った2頭が最後の最後まで、この2頭の争いとなりました。12番エリモハルカか、6番トウショウブリッツか。後続勢はなすすべなし。3番手争い、1番フルブラッサム、間14番ヴォレハクユウ、そして13番のトーセンマエストロなど。1分24秒3、ゴールまでの800メートル48秒9、600メートル36秒6です。
先手を取った12番エリモハルカ52キロ、6番トウショウブリッツ54キロ、この2頭の争いとなりましたが、わずかにエリモハルカ優勢でしょうか。渡辺薫彦騎手。しかし接戦。3番手は14番ヴォレハクユウでしょうか。13番トーセンマエストロも際どい争い。そのあと、やや遅れまして1番フルブラッサム5番手。あとは横一線。
さあ、ゴール前、粘った12番エリモハルカ、並んだ6番トウショウブリッツ、そして3番手には14番ヴォレハクユウ。トーセンマエストロも際どく差を詰めて、3番手も接戦。
いったいったの競馬で、前にいった馬の有利な流れになりました。後続勢、差しは全く届きません。

-------------------------------------------

2009年03月28日 2回阪神1日 10R 15:35発走

毎日杯(G3)
3歳オープン (国際)(特指)(別定)

芝:1800m 晴/芝:良
実況:舩山陽司さん
アイアンルックです。前走アーリントンカップの悔しさをこの毎日杯で晴らしました。クラッシック戦線に名乗りを上げたアイアンルック、毎日杯を制しました。内は12番のゴールデンチケット、3番手はずらっと広がっています。7番ミッキーパンプキンの粘リ、8番ストロングリターン、外は10番のワイドサファイア、さらには5番のオオトリオウジャ、11番のアプレザンレーヴなど、3番手は横一線。1分48秒0の勝ち時計で、14番アイアンルック、小牧太が制しました。上がり4ハロン47秒0、3ハロン34秒5と上がっています。制したのは14番アイアンルック、2着は12番ゴールデンチケット、3着接戦で、11番アプレザンレーヴか、7番のミッキーパンプキンか。3着はこの2頭の争いに絞られています。制したのは、アドマイヤボスの産駒、アイアンルック、小倉でデビュー戦を勝ちまして、前走、阪神のアーリントンカップ4着、そして毎日杯で重賞タイトルを手にしました。

-------------------------------------------

2009年03月28日 3回中山1日 11R 15:45発走

日経賞(G2)
4歳上オープン (国際)(指定)(別定)

芝:2500m 晴/芝:良
実況:小林雅己さん
アルナスライン、ここで重賞初制覇。先に抜けたアルナスライン、最後はマイネルキッズ、モンテクリスエス、2頭が差を詰めましたが、アルナスラインです。2分31秒2の勝ち時計。鞍上は蛯名正義騎手。坂を上がって抜けたアルナスライン、これにモンテクリスエス、マイネルキッズ、差を詰めましたが、アルナスラインです。2番手はマイネルキッズで、最後3番手モンテクリスエス。上がり4ハロン47秒4、3ハロン35秒3です。アルナスライン、見事に日経賞を制しまして、さあ、次なる舞台は淀の3200メートルか、どうでしょう。

関東というのは、京都に対立する一つの軸を形成する

2009年2月10日放送 NHK総合 その時 歴史が動いた

武者の世になりにける 保元・平治の乱 源義朝の戦い

東京大学史料編纂所准教授 本郷和人さん
義朝は貴族の京都で失敗をするわけです。そのあとを継いだ平清盛、彼は貴族の中でだんだん成長して、やがて政権を奪取するわけですけれども、これもやはり不十分であったと。そこで出現してくるのが、全く違う価値観を持った頼朝ということになります。結局、関東というのは、京都に対立する一つの軸を形成するのだろうと思います。それは京都ではぐくまれた価値観とは全く別の価値観。ですから、京都の貴族に対する関東の武士というのは、政権の一つの基軸になりうる。これがやがて、話は少し大きくなってしまうんですけど、後々江戸幕府というものに繋がっていくんじゃないかというふうに思っています。

人間の生命を守ることが第一義なんだ

2009年2月3日放送 NHK総合 その時 歴史が動いた

わが会社に非あり 水俣病と向き合った医師の葛藤 医師 細川一

水俣病研究会 有馬澄雄さん
結局、生産をやって、自分たちが利潤を追求するために、第三者というか、他の人たちを傷つけることはできないというようなことを、つまり、人間の生命を守ることが第一義なんだということで、責任を取るということがはっきりすることが一つ。もう一つは、患者さんたちは、チッソで成り立っているような地域経済の中で、全く孤立していた。それが、最後にはっきりさせて、表舞台というか、堂々と自分たちが悪いんではない、言うような立場になられたというようなことがあると思います。

過去、現在、未来というものを見通しながら

2009年1月14日放送 NHK総合 その時 歴史が動いた

岩倉使節団 世界一周の旅 明治日本 西洋と出会う

慶応義塾大学教授 太田昭子さん
近代化の道筋というのはそれぞれの国にあったものを選んでいかなければいけない。岩倉とか大久保、木戸など有力な影響力のある政治家だけではなくて、若手・中堅の人材も、結局これからの日本を担う人材ですね、彼らも経験を共有して、たくさんの選択肢を手に入れたということが非常に大きな意味を持ったんではないかと思います。岩倉使節団が帰ってきた時というのは、日本が近代化の出発点に立った、その時と言えるのではないかと思います。
岩倉使節団は、今だけを見ていたんではなくて、歴史、過去からそれを説き起こして、それを日本の将来にどうつなげていこうかと。結局、過去、現在、未来というものを見通しながら旅を続けていって、多くのものを学んでいった。こういうものの見方とか、物事への取り組み方というのは、しかも目先のことにもとらわれていませんし、21世紀に生きる私たちにとっても、大きなものの取り組み方というのを教えてくれるんではないかと思います。

その他のカテゴリー

10/11 プレミアリーグ | 3カット美人 | AFCチャンピオンズリーグ | E.N.G イングランドサッカー情報番組 | Foot! | UEFA Europa League | UEFAチャンピオンズリーグ | たけしアート☆ビート | たべもの一直線 | にっぽん紀行 | やべっちFC | ようこそ先輩 | アインシュタインの眼 | アスリートの魂 | アレ今どうなった? | イングランド プレミアリーグ | インタビュー | オンリーワン | カンブリア宮殿 | ガイアの夜明け | クローズアップ現代 | サキどり↑ | サッカー | サッカーネット プレスパス | ジェネレーションY | スポーツ大陸 | スーパーサッカー | セカイでニホンGO! | ソロモン流 | タイムスクープハンター | ディープピープル | トップランナー | ドキュメンタリー | ドキュメント20min. | バラエティ | バルサTV | ファミリーヒストリー | ファーストジャパニーズ | フットボールクラッキ | ブラタモリ | ブンデスリーガ | プレミアリーグ09/10 | プレミアリーグ・ワールド2009 | プロフェッショナル | ボクシング | マーケットウィナーズ | ラップトゥデイ | リーガダイジェスト | ワンダー×ワンダー | ワールドビジネスサテライト | 世界の競馬 | 井崎脩五郎のニッポン競馬史 | 働くって夢見ること? | 名将の采配 | 告白TV | 地球アゴラ | 地球イチバン | 大相撲 | 将棋 | 情熱大陸 | 映画・テレビ | 月刊やさい通信 | 月刊サッカーアース | 未来をつくる君たちへ | 歴史 | 歴史秘話ヒストリア | 水上の挑戦者 | 熱中人 | 熱中時間 | 爆問学問 | 爆笑問題のニッポンの教養 | 特報首都圏 | 百年旅行 | 目撃!日本列島 | 知る楽選 | 競馬 | 競馬場の達人 | 管理人のつぶやき | 経済ワイドビジョンe | 経済・政治・国際 | 経済最前線 | 追跡!A to Z | 週刊 ニュース深読み | )アスリートの魂 | A1 NEWS STAGE | CHANGE MAKER | COOL JAPAN | FOOT × BRAIN | GLOCALジャポン | Jリーグアフターゲームショー | Jリーグタイム | Mプラス Express_ | NEWS FINE | NHKスペシャル | Newsモーニングサテライト | S☆1スパサカ | TOKYO ニュース REMIX | UEFAチャンピオンズリーグ09/10 | UEFAチャンピオンズリーグ・マガジン

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ