カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー「世界の競馬」の11件の記事

マイク・スミスは終わった後の記者会見で、僕のせいだと言って、机を叩いて悔しがったんですけどね

2010年11月15日放送 NHK BS1 世界の競馬 ブリーダーズカップ

解説:合田直弘さん
実況:刈屋富士雄さん

最後、レッドディザイア、あるいは勝てるんじゃないかという感じでしたけどね。
いい手応えの割には、弾けなかったですね。実はチャーチルダウンというのは、芝の草丈がアメリカの競馬場の中でも最も長いんですよ。日本に比べると、長かった芝が最後、伸びを欠いた要因かなという感じしますね。
ミッディも2連覇なりませんでしたね。
逆にミッディには馬場が硬過ぎましたね。
シェアードアカウントは見事でしたね、最後。
これはスローペースを見越して、好位につけて、内するすると抜けた鞍上エドガー・プラド、彼の好騎乗が光った一戦だったと思います。

届かなかったですね。いつものレースだったと思うんですが、たらればを言ったらきりがないんですが、出てすぐ外のプレザントプレースにちょっと寄られているんですがね。ただ、一つだけ言えるのは、これがゼニヤッタの競馬なんですよ。毎回毎回こういう競馬を重ねつつ19連勝、内13がG1というのはどれだけ途轍もない競馬かというのが、今日は負けちゃったんですがね、この馬のすごさというのは十分お分かりいただけたと思いますし、この馬が何でこれだけ人気が出るかというのもお分かりいただけたと思いますね。
エスポワールシチーは最後ちょっと疲れましたかね。
ハイペースに巻き込まれました。先頭馬群にいた馬はみんな後ろに沈んじゃいましたね。
ブレイムも強かったですね。
3歳春のクラッシックには縁がなかったんですが、3歳の秋からぐっと強くなって、強くなってからは、GⅠ戦線でずっと連対を重ねているんですよ。今が充実している4歳の男馬にこれだけ。マイク・スミスは終わった後の記者会見で、僕のせいだと言って、机を叩いて悔しがったんですけどね。

前走アイルランドの2000ギニーを勝っているキャンフォードクリフスが実に危なげのない、たとえて言えば、横綱相撲と言っていい内容だったと思いますね

2010年6月14日放送 NHK BS1 世界の競馬

ロイヤルアスコット 

合田直弘さん
前走アイルランドの2000ギニーを勝っているキャンフォードクリフスが実に危なげのない、たとえて言えば、横綱相撲と言っていい内容だったと思いますね。一方で、まずポイントは、エイダン・オブライエン陣営が出してきた、ラビット役として出してきたエンコンパッシングというのがちょっと出が悪くて、行けなかったですね。これはスタインベックあたりはまさか自分がハナを切る展開になるとは思わなかったですね。マクフィは伸びなかったですね。これが一番がっかりしましたね。キャリアの浅い馬ですので、初めての競馬場でちょっと走りたくない何かがあったのかもしれません。これで3歳のマイル、男馬のチャンピオンはこれと決定と言っていいと思います。

去年のシーザスターズのダービー終了時よりもこの馬のほうが強いというような公式ハンデキャッパーの見解なんですよ

2010年6月14日放送 NHK BS1 世界の競馬

合田直弘さん
レース前、主役不在の混戦と申し上げたんですがね、そういう時に限って、こうした傑出した勝ち方をする馬が出るんですね。
オブライエン軍団が出してきたペースメーカー役アットファーストサイトが非常に強いプレス、ハイペースを作りましたね。
勝ちタイム2分31秒33というのは、あのラムタラが作ったトラックレコードを15年ぶりに1秒近く更新するという大レコードなんですよね。
ここから見せたワークフォースの脚というのは鮮やかでしてね。結局、ゴール地点では2着のアットファーストサイトに7馬身差、これはダービー史上でも3番目という大差勝ちでしてね、この馬のパフォーマンスに関しては、今現地でも大変高い評価が与えられています。
例えば、凱旋門賞の前売りで一躍一番人気になったり、あるいは、公式ハンデキャッパーがレイティングを付けますね。去年のシーザスターズのダービー終了時よりもこの馬のほうが強いというような公式ハンデキャッパーの見解なんですよ。
無謀なペースで逃げたペースメーカー役のアットファーストサイトが2着に残った。この馬を他の馬は交わせないの。だとしたら、ほかの馬のレベルはどうなのかという見方もあるんですよね。

イギリスなんかは、30年ぶりの最悪の冬だと。やっぱりそういう天候の中、実戦を使わずに馬を100%にもってくるのは天才エイダンといえども難しかったようですね

2010年5月8日放送 NHK BS1 世界の競馬

合田直弘さん

イギリス2000ギニー
前半はスローだったですね。そして、後半の瞬発力勝負になりました。実は、こういう展開になって向かなかったのが圧倒的1番人気を裏切って、6着に敗れましたセントニコラスアビー。瞬発力がすごくあるタイプの馬ではないので、前半スローというのは向かなかったですね。それから、硬めの馬場も彼にはあまり向かなかった。ただ、最大の要因は、調子だったと思うんですよ。なぜかと言いますと、セントニコラスアビーはここぶっつけ本番、前哨戦使ってないんですね。これはいつものエイダン・オブライエンのパターンなんですが、今年はシーズン始まってから天気が良かったんですが、冬、ヨーロッパ、すごい厳しかったんですよ。イギリスなんかは、30年ぶりの最悪の冬だと。やっぱりそういう天候の中、実戦を使わずに馬を100%にもってくるのは天才エイダンといえども難しかったようですね。
マクフィは前哨戦をひとたたきされました。ここまで2戦2勝、なのにあんまり人気がなかったのは、ここまで使った2戦がものすごい道悪だったんですよ。こんな瞬発力がある馬だとは、誰も思っていなかった。中で、ただ一人、この馬がこういう脚を使えるとわかっていたのがおそらく鞍上のクリストフ・ルメールだったと思いますね。後半に控えて、最後の最後まで追いだし我慢していましたね。これは鮮やかな騎乗ぶりだったと思いますね。
おとうさんのドバウィの初年度産駒に当たるんですが、ドバウィというのは実は、ミレニアムイヤーのドバイワールドカップをぶっちぎったドバイミレニアム、早くに亡くなっちゃったんですが、この世に残した唯一の世代の一頭がドバウィなんですよ。これ、ファンとしてはドバイミレニアムの血統が残ることになりました。嬉しいですよね。

イギリス1000ギニー
ニューマーケットにおける3歳クラシックでの降着というのが、何と1980年以来30年ぶり、のちの名種牡馬、ヌレイエフが失格になって以来ということで、大変久しぶりの、大変劇的な幕切れとなりました。

オリビエ騎手が左鞭を使って、ちょっと外の芦毛にプレッシャーをかけて、自分のルートを作って、ダーレミに並びかけたというレースですよね

2010年4月5日放送 NHK BS1 世界の競馬

JRAアドバイザー 岡部幸雄さん

ブエナビスタは小柄な馬ですから、狭いところに入ってしまうと、本来の脚が使えなくなる可能性がありますから、オリビエ騎手が左鞭を使って、ちょっと外の芦毛にプレッシャーをかけて、自分のルートを作って、ダーレミに並びかけたというレースですよね。これはオリビエ騎手のファインプレーだと思います。

レッドディザイアという馬はすごくフットワークのいい馬ですから、狭い中に押し込められて走らされるというのは、非常にストレスがたまると思うんですよね。馬がなんとなくイライラして、いやだいやだという形で走っていたと思います。途中でリラックスできなかったから、最後のいつものような脚は使えなかったですよね。

私の選んだ今年のベストレースはシーザスターズが優勝したイギリスダービーでございます

2009年12月19日放送 NHK BS1 世界の競馬

JRAアドバイザー 岡部幸雄さん

私の選んだ今年のベストレースはシーザスターズが優勝したイギリスダービーでございます。騎手にとっても、馬関係者、いろんな人たちにとってダービーというレースは絶対取りたいタイトルなんですよね。今年はシーザスターズが素晴らしいレースをして優勝しましたよね。一番印象に残っているレースの一つです。
ちょうど前の馬を捕えに行く時の耳を絞って、ギュッと交わしにいくときの、これが素晴らしい脚ですよね。シーザスターズも引退、キネーン騎手も日本での騎乗は最後で引退するという話を聞いた時に、鮮やかな幕引きだなあ、ちょっと格好良すぎるよと、本当に素晴らしい数々のレースをキネーン騎手は見せてくれてますよね。本当にお疲れさまでしたと言いたいですよね。歴史に残るジョッキーだと思います。

ゼニヤッタはスタートしたときに、左手前で出てしまっているんですよね。そこをスミス騎手は右手前に変えさせようとしております

2009年11月22日放送 NHK BS1 世界の競馬

JRAアドバイザー 岡部幸雄さん

まず一つ目のポイントとして、ゼニヤッタはスタートしたときに、左手前で出てしまっているんですよね。そこをスミス騎手は右手前に変えさせようとしております。なぜかというと、ゼニヤッタは非常に大きな馬ですから、途中で手前が逆になったりすると非常に力をロスしますから、そこを意識して、変えさせております。
3コーナーに入って、徐々に差を詰めていくんですけど、4コーナー手前まで、前の馬との距離をわざと開けているんですね。強かったのは、その距離をずっと保っているわけです。前の馬との距離が大分離れていますから、近づきたい、追いつきたいという意識が強いわけですけれども、そこをしっかりと距離を取って、前の様子を見て、自分がどこに行ったらいいかなというのを冷静に見て乗っていますよね。斜めに徐々に上がって、すぐに外に切り替えして、マイク・スミスの本当に冷静な判断ですよね。ブリーダーズカップ史上、あれだけ後方からクラッシックを勝った馬というのはいないと思うんですね。本当に歴史に残る馬だと思います。

1頭だけ、4コーナーからようやくギアがトップに入ったかなと、そんな感じで、脚色が全く違う脚色ですよね

2009年11月2日放送 NHK BS1 世界の競馬

JRAアドバイザー 岡部幸雄さん

今回、パドックを見ていて、春先から成長したなと。もうパドックを悠々と歩いていますよね。耳の使い方とか、歩き方なんか見ていても、ゆったり歩くし、特に、シーザスターズ一人だけ落ち着きはらっているなというのが非常に印象的ですよね。緊張してたら、手綱って、両手で持たなければ駄目だし、あのようにぶらぶらしてられないですからね。右手だけでもって、左手は遊んでいてという感じですからね。全く馬任せで、本当に馬がリラックスしているなというのが見て取れますよね。

ちょっとスタートが良すぎて、よすぎた誤算というか、それでも、逆に言うと、遅れるよりはまだ自分でポジションを探せますからね。なだめてなだめて、頭上げ加減なんですけどね。オブライエン勢のペースメーカーが出てくれて、後ろに下げて、また後ろに下げて、この辺頭上げ気味なんですよね。我々見ているほうからすると、ちょっと頭上げるぐらい抑えつけなきゃならないのかなというのがちょっと印象的だったですよね。あの位置でベストポジションだと思うんですよね。あんまり内埒沿いでもないし、前に壁を作るということをキネーン騎手は意識していたと思います。ロンシャンのこのコースは、3コーナーからフォルスストレートを通って、4コーナーを向くまでの距離が相当ありますから、外を回ってしまうと、距離ロスがすごく大きくなっちゃうんで、どのジョッキーもみんな外に出たくないんですよね。馬場状態が、今回のように内外関係なしに、いい馬場状態なわけですから、できるだけ距離ロスをしないというのが鉄則ですよね。さあ行くぞとゴーサインを出してからの早さはすごいものがありましたですね。さっと追い出すと、ビジョンレタの内に入って、あっという間ですよね、出てくるのが。1頭だけ、4コーナーからようやくギアがトップに入ったかなと、そんな感じで、脚色が全く違う脚色ですよね。乗っている騎手に取ったら、騎手冥利と言おうか、もう快感ですよね。これがシーザスターズの強さだよというのを本当に見せてもらいましたね。

キネーン騎手は意識は凱旋門賞にあるわけです

2009年9月19日放送 NHK BS1 世界の競馬

JRAアドバイザー 岡部幸雄さん

凱旋門賞レースはヨーロッパにおいて、本当に最高峰のレースであります。今年の凱旋門賞レースの中で一番注目される馬はなんといってもシーザスターズだと思います。最後のホームストレッチで、しっかりと脚が使えるという、これが一番の武器だと思います。
4頭立てで、3頭はエーダン・オブライエン厩舎の馬なんですよね。その3頭を相手にレースをしているんですけど、ライバルがちょうど真ん中を抜けていく、わざとその中に入れるという、わずか4頭立てですから、普通に考えると狭い中に入れることはないんじゃないかなというふうに見えるんですけど、キネーン騎手は意識は凱旋門賞にあるわけです。3-4コーナーのコーナーリングがすごく大きいので、外枠になっちゃうと、距離ロスがすごく多いので、どちらかというと、馬の中に入れて、内側に入れて、我慢をさせてという競馬をしないと、なかなか勝ちにつながらないというのがキネーン騎手なんかは、いろいろ経験していますから、わかっていますから、ですから、そういうことを意識してレースをさせたと思います。

シーザスターズは一戦ごとに大人になっているというところをいろんなところで見せてくれていますよね

2009年8月2日放送 NHK BS1 世界の競馬

JRAアドバイザー 岡部幸雄さん
シーザスターズは一戦ごとにレースぶりが成長しているというか、大人になっているというところをいろんなところで見せてくれていますよね。パドックでの様子を比較してみますと、2000ギニーの時は口に泡を吹いて、ナーバスになっているという歩き方をしていましたよね。ダービーの時はまだ厩務員を両サイドにおいて、まだ馬のほうが引っ張っているというそんな歩き方で歩いていましたけど、もうエクリプスの時には、手綱が、厩務員が抑えてなくても、緩く持っていても、手綱が緩んで歩いている、そういうふうに余裕を持って歩いていますよね。その辺が非常に印象的でしたね。
このまま順調に行ってくれれば、世界を制するような馬になってくれる馬だと思いますね。

裁決委員とジョッキーが映像を見ながら裁決室で、いろいろ説明しているというシーンが流れていましたけれども、日本では見られない、珍しい映像だと思います。

その他のカテゴリー

10/11 プレミアリーグ | 3カット美人 | AFCチャンピオンズリーグ | E.N.G イングランドサッカー情報番組 | Foot! | UEFA Europa League | UEFAチャンピオンズリーグ | たけしアート☆ビート | たべもの一直線 | にっぽん紀行 | やべっちFC | ようこそ先輩 | アインシュタインの眼 | アスリートの魂 | アレ今どうなった? | イングランド プレミアリーグ | インタビュー | オンリーワン | カンブリア宮殿 | ガイアの夜明け | クローズアップ現代 | サキどり↑ | サッカー | サッカーネット プレスパス | ジェネレーションY | スポーツ大陸 | スーパーサッカー | セカイでニホンGO! | ソロモン流 | タイムスクープハンター | ディープピープル | トップランナー | ドキュメンタリー | ドキュメント20min. | バラエティ | バルサTV | ファミリーヒストリー | ファーストジャパニーズ | フットボールクラッキ | ブラタモリ | ブンデスリーガ | プレミアリーグ09/10 | プレミアリーグ・ワールド2009 | プロフェッショナル | ボクシング | マーケットウィナーズ | ラップトゥデイ | リーガダイジェスト | ワンダー×ワンダー | ワールドビジネスサテライト | 世界の競馬 | 井崎脩五郎のニッポン競馬史 | 働くって夢見ること? | 名将の采配 | 告白TV | 地球アゴラ | 地球イチバン | 大相撲 | 将棋 | 情熱大陸 | 映画・テレビ | 月刊やさい通信 | 月刊サッカーアース | 未来をつくる君たちへ | 歴史 | 歴史秘話ヒストリア | 水上の挑戦者 | 熱中人 | 熱中時間 | 爆問学問 | 爆笑問題のニッポンの教養 | 特報首都圏 | 百年旅行 | 目撃!日本列島 | 知る楽選 | 競馬 | 競馬場の達人 | 管理人のつぶやき | 経済ワイドビジョンe | 経済・政治・国際 | 経済最前線 | 追跡!A to Z | 週刊 ニュース深読み | )アスリートの魂 | A1 NEWS STAGE | CHANGE MAKER | COOL JAPAN | FOOT × BRAIN | GLOCALジャポン | Jリーグアフターゲームショー | Jリーグタイム | Mプラス Express_ | NEWS FINE | NHKスペシャル | Newsモーニングサテライト | S☆1スパサカ | TOKYO ニュース REMIX | UEFAチャンピオンズリーグ09/10 | UEFAチャンピオンズリーグ・マガジン

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ