カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー「歴史秘話ヒストリア」の29件の記事

失明は古代の謎を解くために天が私に与えた試練ではなかったのか、と考えた時、邪馬臺国の4字は再び太陽のように暗黒の私の視界に輝き始めた

2011年11月 2日(水)歴史秘話ヒストリア「女王さま振り向いて!~最新研究!邪馬台国・卑弥呼のヒミツ」
 

宮﨑康平「まぼろしの邪馬台国」
私の邪馬台国追求は歴史のジャンルとしてではなく、私自身が生きるために自己への対決として出発した。失明は古代の謎を解くために天が私に与えた試練ではなかったのか、と考えた時、邪馬臺国の4字は再び太陽のように暗黒の私の視界に輝き始めた。

命もいらず、名もいらず、官位も金もいらずという人は始末に困るものだ。しかし、この始末に困るような人でなければ、国家の大業は成し遂げられない

2010年8月25日放送 NHK総合 歴史秘話ヒストリア

のほほんと大胆にいきましょう 西郷隆盛のマイペース人生

西郷の死後、荘内に戻った藩士たちは西郷の教えをまとめました。そこにはこんな名言が記されています。
命もいらず、名もいらず、官位も金もいらずという人は始末に困るものだ。しかし、この始末に困るような人でなければ、国家の大業は成し遂げられない。
まさに西郷さん自身の生き方を象徴するような言葉です。

外部に、ここは石田三成さんの生まれたとこやとね、堂々とお話しすることができなかった、そういう時代があったんですよ

2010年7月28日放送 NHK総合 歴史秘話ヒストリア

決戦!関ヶ原 石田三成の一途な戦い

石田三成公事蹟頸彰会 木下茂昭さん
外部に、ここは石田三成さんの生まれたとこやとね、堂々とお話しすることができなかった、そういう時代があったんですよ。何とか、そういう三成さんの霊を慰めていきたい。

古橋出身 橋本勝利さん
何とかして逃れたい、そういう気持ちからうちの村を頼ってきた。その気持ち、それは計り知れない、悔しいやろうと思う。だから、その気持ちはうちのもんは持っていると思うね、うちの集落の人たちは。

災いを払って、幸せを呼び込みたい、人々が星に託したその思いは時代を超えて受け継がれています

2010年4月28日放送 NHK総合 歴史秘話ヒストリア

謎の呪術使い 陰陽師の真実 不吉な鬼を追い払え

毎年夏、京都で行われる祇園祭、豪華絢爛な山鉾が町をめぐり、疫病などを払い、無病息災などを願う平安時代から続く伝統の行事です。高くそびえる山鉾は神さまが天から降りてきて宿る寄り城だと言われています。この神聖な山鉾に星の神様をうかがわせるものが残っています。これは山鉾に使われている天井板です。周りをぐるりと取り囲むように28の星座が飾られています。都の平穏を願う山鉾の中で、星星は古から変わることなく、今もめぐり続けているのです。災いを払って、幸せを呼び込みたい、人々が星に託したその思いは時代を超えて受け継がれています。

果たして一休からの謎を解く頓智はあるのでしょうか。答えを待ちながら、木像は凛然と佇んでいます

2010年4月21日放送 NHK総合 歴史秘話ヒストリア

みんな好き好き一休さん 禅の心で自由に生きろ

一休は自分が世を去った後も弟子たちが迷わないように、彼らが守るべき規則を残しました。弟子たちへのメッセージとも言うべきずらりと並ぶ10カ条あまりの規則。その冒頭に挙げたのが和合の精神でした。皆で相談をしながら、腰を据えて、物事の本質を考えなさい。鮮やかな頓智によって、一人で解決してきた一休が最後に弟子たちに残した教えは、自分が歩んだ奇抜な生き方ではなく、実にまっとうなものでした。

一休はあえて自分の生々しい姿を後世に残しました。木像は生きた一休なのか、あるいはただの人形なのか、見るものに静かに問いかけてきます。

一休が私たちに残してくれたのは、考える時間でした。果たして一休からの謎を解く頓智はあるのでしょうか。答えを待ちながら、木像は凛然と佇んでいます。今までも、そしてこれからもずっと。

悩むよりも、失敗を恐れるよりも、まず一歩踏み出してみよう。吉田松陰、人生をかけた教えです

2010年4月14日放送 NHK総合 歴史秘話ヒストリア

先生、そりゃムチャです! 吉田松陰 人生体当たり

墓に刻まれた名は、二十一回猛士、自分の限界とその先の理想に何度も挑み続ける姿こそ、弟子たちの心に刻み込まれた松陰先生、その人でした。悩むよりも、失敗を恐れるよりも、まず一歩踏み出してみよう。吉田松陰、人生をかけた教えです。

神様を拝むんじゃなくてね、人間信長が大好きだということでね

2010年4月7日放送 NHK総合 歴史秘話ヒストリア

女中は見た!! 本能寺の変 信長最後の3日間

建勲神社 宮司 松原宏さん
信長が理想に燃えて、こういう日本を作りたいということに一生懸命になられたでしょ。人生のすべて、50年の一生を燃え尽きたと、そうじゃないでしょうか。神様を拝むんじゃなくてね、人間信長が大好きだということでね。

激しく残酷な魔王として、乱世を治めた英雄として、人々を愛した人間として、さまざまな顔を見せながら本能寺の炎の中に消えていった織田信長。その底しれぬ奥深さは、時代を越えて人々の心をとらえ続けています。

毎年3月、春の訪れを前に、東大寺で行われる儀式、修二会。大仏開眼の年から一度も中断されることなく続けられています

2010年3月31日放送 NHK総合 歴史秘話ヒストリア

大仏ってなんで大きいの? あなたの知らない意外な秘密

大仏完成からおよそ40年、都は奈良平城京から京都平安京へと移ります。その後さらに地震や戦争など内続く災難で、大仏は何度も焼かれ、崩れてしまいます。それでも大仏は壊れるたびに、東大寺の僧侶や時の権力者、そして大勢の庶民の協力で修復され続け、今に至ります。
台座の蓮弁には、奈良時代の彫金職人たちが彫った釈迦如来の姿。ところどころにメッキ職人が苦心した金メッキも見えます。1250年もの昔に、大仏にかかわった無数の人の想いがここに刻まれています。
毎年3月、春の訪れを前に、東大寺で行われる儀式、修二会。大仏開眼の年から一度も中断されることなく続けられています。その期間中、東大寺ゆかりの人の冥福を祈って、さまざまな人の名が読み上げられます。その中に、奈良時代の大仏づくりにかかわった無名の人たちも含まれています。
知識とは仏のために身をささげて働いた人々のこと。はるか昔、大仏造立にかかわった人々の記憶を毎年思い返し、後世に伝え続けているのです。
大きな仏像に理想の世界を見出し、その姿をこの世にあらわそうと苦難に挑んだ人々。そうした思いを蘇らせながら奈良の大仏は1259回目の春を迎えます。

日本の若者たちは自分の存在を認められたい、好きに使われるだけでは嫌だと思っている。それが多喜二の小説が心を捕える理由だ

2010年2月24日放送 NHK総合 歴史秘話ヒストリア

たった一人のあなたへ 蟹工船 小林多喜二のメッセージ

グローバル化が進む世界経済の中、貧困や格差は多くの国で問題となっています。フランスのある新聞の書評です。日本の若者たちは自分の存在を認められたい、好きに使われるだけでは嫌だと思っている。それが多喜二の小説が心を捕える理由だ。そしてフランスの若者たちも同じように蟹工船を自分たちと重ね合わせて読むことだろう。
多喜二の思いは作品とともに蘇り、今、国境を越えて届き始めています。

織部の中にはいつも安定化、あるいは秩序化に対する抵抗の精神を持っている

2010年2月10日放送 NHK総合 歴史秘話ヒストリア

ひょうきんに命がけ 戦国武将 古田織部 美の革命

国立民族学博物館名誉教授 熊倉功夫さん
つまり茶の湯ということは、いわば人間の生き方と不可分なんですね。織部というのは、織部焼というものを含めて、織部の生き方なんですね。ですから、社会のほうはどうなっていくかというと、秩序を求めて安定した社会へどんどん固まっていくわけですよね。だけど、織部の中にはいつも安定化、あるいは秩序化に対する抵抗の精神を持っている。その抵抗の精神と安定化の衝突がいわゆる世間一般の常識を破らざるを得ない。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

10/11 プレミアリーグ | 3カット美人 | AFCチャンピオンズリーグ | E.N.G イングランドサッカー情報番組 | Foot! | UEFA Europa League | UEFAチャンピオンズリーグ | たけしアート☆ビート | たべもの一直線 | にっぽん紀行 | やべっちFC | ようこそ先輩 | アインシュタインの眼 | アスリートの魂 | アレ今どうなった? | イングランド プレミアリーグ | インタビュー | オンリーワン | カンブリア宮殿 | ガイアの夜明け | クローズアップ現代 | サキどり↑ | サッカー | サッカーネット プレスパス | ジェネレーションY | スポーツ大陸 | スーパーサッカー | セカイでニホンGO! | ソロモン流 | タイムスクープハンター | ディープピープル | トップランナー | ドキュメンタリー | ドキュメント20min. | バラエティ | バルサTV | ファミリーヒストリー | ファーストジャパニーズ | フットボールクラッキ | ブラタモリ | ブンデスリーガ | プレミアリーグ09/10 | プレミアリーグ・ワールド2009 | プロフェッショナル | ボクシング | マーケットウィナーズ | ラップトゥデイ | リーガダイジェスト | ワンダー×ワンダー | ワールドビジネスサテライト | 世界の競馬 | 井崎脩五郎のニッポン競馬史 | 働くって夢見ること? | 名将の采配 | 告白TV | 地球アゴラ | 地球イチバン | 大相撲 | 将棋 | 情熱大陸 | 映画・テレビ | 月刊やさい通信 | 月刊サッカーアース | 未来をつくる君たちへ | 歴史 | 歴史秘話ヒストリア | 水上の挑戦者 | 熱中人 | 熱中時間 | 爆問学問 | 爆笑問題のニッポンの教養 | 特報首都圏 | 百年旅行 | 目撃!日本列島 | 知る楽選 | 競馬 | 競馬場の達人 | 管理人のつぶやき | 経済ワイドビジョンe | 経済・政治・国際 | 経済最前線 | 追跡!A to Z | 週刊 ニュース深読み | )アスリートの魂 | A1 NEWS STAGE | CHANGE MAKER | COOL JAPAN | FOOT × BRAIN | GLOCALジャポン | Jリーグアフターゲームショー | Jリーグタイム | Mプラス Express_ | NEWS FINE | NHKスペシャル | Newsモーニングサテライト | S☆1スパサカ | TOKYO ニュース REMIX | UEFAチャンピオンズリーグ09/10 | UEFAチャンピオンズリーグ・マガジン

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ