カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー「百年旅行」の23件の記事

そういう人たちがたとえプロになれなかったとしてもサッカー産業、サッカー界に戻ってきてもらう。愛情を持って職業に就いてもらうことって、すごくいいことだと思うんですよね

2011年11月5日(土)百年旅行Jリーグのある風景▽Jリーグ版よのなか科~将来のことを考えられる選手に~

 
アカデミーにいる子どもたちって、サッカー大好きなんですよ。サッカー愛しているんですよね。そういう人たちがたとえプロになれなかったとしてもサッカー産業、サッカー界に戻ってきてもらう。愛情を持って職業に就いてもらうことって、すごくいいことだと思うんですよね。

ホームシックにかかる人もなかにはいましたし、なるべくそうさせないようにするのが僕の仕事でもあり、常にみんなに言っているのは、うちら選手3人で僕一人なんですけれども、うちらは家族

2010年4月23日放送 BS日テレ 百年旅行 明日へ紡ぐメッセージ

勝利の言葉!通訳奮闘記 甲府の外国人通訳夢と感動物語

ヴァンフォーレ甲府 通訳 ソウザ・ジュリオさん

彼たちは日本にきて、家族もいないし、さみしいと思うんですよね。さみしい思いすると思うんですよね。ホームシックにかかる人もなかにはいましたし、なるべくそうさせないようにするのが僕の仕事でもあり、常にみんなに言っているのは、うちら選手3人で僕一人なんですけれども、うちらは家族。

ケンペスのプレーとか、ブラジルのサッカーとかすごく好きになりましたね

2010年4月16日放送 BS日テレ 百年旅行 明日へ紡ぐメッセージ

キャプテン翼の情熱! 原作者・高橋陽一が語る誕生秘話

アルゼンチンのワールドカップが高校生の時にあって、それをたまたまNHKで放送しているのを見て、サッカーって、こんなに面白いんだというのをちょっと気付いたというか。ケンペスのプレーとか、ブラジルのサッカーとかすごく好きになりましたね。ただ、野球漫画だと当時いろんな人が描いていたしというのもあって、まだ手のついてないサッカーの方にいったという感じですかね。

ゴール前でのいろんなアイデアとか、工夫とか、それも技術とか、やはり少ないんじゃないかなと

2010年3月26日放送 BS日テレ 百年旅行 明日へ紡ぐメッセージ

新たなる船出 帰ってきたミスターマリノス

横浜F・マリノス 木村和司 監督

技術的な部分も入れていくというかね。今までは戦術のことばっかりとか、そういう感じだったと思うけど、やはり基本的な技術というのは常にやっておかなければいけない部分もあるしね。ちょっとしたアドバイスで変わっていくと思うしね。蹴り方ももっとこういう蹴り方もあるでとか。もっとこうすればと言ったら、すぐできる。ということは、能力の高い選手が多いということだよね。

面白いと言われるチーム。やっぱり見ていて、うーんとか、すごい感動するような。ゴール前でのシーンが多ければ多いほど、やっぱり面白んいんじゃないかなと思うよね。ゴール前でのいろんなアイデアとか、工夫とか、それも技術とか、やはり少ないんじゃないかなと。中盤での技術、戦術は来ているかもしれないけど、一番大事なとこだもんね。そこを強化していかないといけないんじゃないかなと思っていたけどね。

自分がゴールを取れないで、結果が出ないと、悪いサポーターだと脅しで、車を燃やしてやるとか

2010年3月12日放送 BS日テレ 百年旅行 明日へ紡ぐメッセージ

ボクが故郷に帰ってきた理由

愛媛FC 福田健二さん

南米の選手やそういう人たちになると、家族を支えるためだとか、自分が成り上がって、家族を楽にさせてやるという、そういう気持ちを持った選手たちの中でやると、自分もハングリーな気持ちになりましたし、ここから這い上がっていきたいという強い気持ちは持っていましたね。
結果がそのまま生活に反映するというとことが、直接僕の家族に影響するというのがありましたね。自分がゴールを取れないで、結果が出ないと、悪いサポーターだと脅しで、車を燃やしてやるとか、サッカー選手、誰にでも好不調の波というのがあるので、逆にガタット波が落ちているときこそ、そこから得るものというのも多いので、そこで逆に新たなものを掴むチャンスだと思って、やっていました。

反町帰ってきたなら、もう一回シーズンチケット買うよというふうに、営業にも間違いなくプラスにオフから結果が出ていましたので

2010年2月26日放送 BS日テレ 百年旅行 明日へ紡ぐメッセージ

湘南、悲願のJ1昇格の道!プレハブから誓った再出発

湘南ベルマーレ 営業本部 本部長 雲出哲也さん

個人的には、監督がプレーヤーでいる時からクラブには在籍させてもらいましたので、個人の思いはもちろんありました。他のクラブにいて、うちのクラブの監督だったらいいなと思ったことも一回や二回じゃないですし、その中で帰ってきていただいたというのは、ものすごくありまして、ファンの期待感もありましたし、反町帰ってきたなら、もう一回シーズンチケット買うよというふうに、営業にも間違いなくプラスにオフから結果が出ていましたので。

たってしまえばあっという間なんですけれども、一つ一つの出来事を振り返るとか、資料を作っているときに、あの時どうだったかなと引っ張り出すと、それは相当な年月を費やしてきていますし、ただ、志半ばでクラブを離れなければいけなかった社員も大勢いますし。

うしろ10年を振り返っていても仕方がないので、これからの10年というか、もう一段階クラブを大きくしていくためのクラブ力をつけていく新しい10年がスタートの年という気持ちはとてもありますね。だから、忘れてはいけない10年ですけれども、次の前を向いた10年をどう踏みしめていくかというスタート感の方が強いです。 

小野選手や本山選手や稲本選手の代ですね、あの代の新人研修は、すごく華があって、活気がありましたね

2010年2月12日放送 BS日テレ 百年旅行 明日へ紡ぐメッセージ

プロ選手として第一歩となるJリーグ新人研修会に密着!

日本プロサッカーリーグ HRディベロップメントグループ マネージャー 中西大介さん
思いを強くもっている選手というのは、やっぱりその中でも光っていますよね。僕にはオーラが見えます。小野選手や本山選手や稲本選手の代ですね、あの代の新人研修は、すごく華があって、活気がありましたね。今回の新人研修でも、そういった華がある、オーラが出る雰囲気を感じ取りたいですね。

動きながら常に何回も、二回三回動き直して、ゴール前に入っていく選手って、あんまりいないというふうにずっと言われていた

2010年1月29日放送 BS日テレ 百年旅行 明日へ紡ぐメッセージ

サムライストライカーゴールのために 岡崎慎司×名波浩

清水エスパルス FW 岡崎慎司さん

そこの駆け引きは楽しいですね。そこでぶつかり合うこと自体も嫌いじゃないというか、ガチガチやっているなと、自分が有利に立っているんじゃないかなみたいな感じになりますね。
登さんがよく言っていたんですけど、その場でパッと動いてもらうフォワードって結構多いけれども、動きながら常に何回も、二回三回動き直して、ゴール前に入っていく選手って、あんまりいないというふうにずっと言われていたんで、自分が生きるならここだなって、途中から思い出しましたね。
そこだけは負けたくないという、ただの負けず嫌いというのもありますけど、そこだけは。

Jリーグ以外やったことがないのでわからないですけど、すごいレベルも高いし、ディフェンスに付かれても、代表でやった時のディフェンスとかよりもすごい密着してガツガツ来るのもあるし、自分のレベルもすごい上がるし、そこで自分がゴールを決めれば、また評価も上がるし、やっぱりここでまだ自分は成長できると思っているし、得点王は正直今年は取りたいなと思いますけどね。

どこまで行ってしまうのかというのを見てみたくなっちゃって、欲深いですね、人間って

2010年1月15日放送 BS日テレ 百年旅行 明日へ紡ぐメッセージ

ベガルタ仙台J1昇格の裏側 その時ボクらはひとつになった

ラジオ3 アウェー戦担当 実況 佐々木聡さん

やっぱり喋ってて、なんだかんだで自分、本当にこのチーム好きなんだなって言うのが、喋っていて実感させられた5年間であったり、今日の1日だったりしたんで、どこまで行ってしまうのかというのを見てみたくなっちゃって、欲深いですね、人間って。

どうしても行けない方とか、いろいろいらっしゃると思うんで、現場の雰囲気だけでもというか、伝わるように、僕も頑張りますので、みなさん聴いていただければと。

みんな、こうだと思ってたんですよ。みんなこれがあるもんだと思っていた。そうしたら、これ、どうしたンみたいな

2010年1月1日放送 BS日テレ 百年旅行 明日へ紡ぐメッセージ

永遠のサッカー少年が描く未来

川崎フロンターレ 中村憲剛さん

みんな、こうだと思ってたんですよ。みんなこれがあるもんだと思っていた。そうしたら、これ、どうしたンみたいな。
俺、ちっちゃいころからキックは飛んだんですよ。すごく体小さいんだけど、なんでだろうと思っていたんです。筋力もねえし。
ずっとサッカーが超好きなんですね。サッカー大好きで、本当に上手くなりたくて、ちっちゃいときから。よっぽどでないかぎり、これ、俺、無理だなとか、俺にはできないなとか、あんま思ったことがない。そこに向かうのは自由なんで、自分で自分の限界を作らないという。Jリーガーにはなりたいと思っていたし、プロサッカー選手になりたいと思っていたし、だけど、なれないとは思ってはいなかったし、無理だとは思ってなくて。
サッカーがうまくなりたいから、目標は変わらない。プロに入っても、もっと上のレベルがあるから、プロ入ったから終わりというのは、ありえなかったですよ。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

10/11 プレミアリーグ | 3カット美人 | AFCチャンピオンズリーグ | E.N.G イングランドサッカー情報番組 | Foot! | UEFA Europa League | UEFAチャンピオンズリーグ | たけしアート☆ビート | たべもの一直線 | にっぽん紀行 | やべっちFC | ようこそ先輩 | アインシュタインの眼 | アスリートの魂 | アレ今どうなった? | イングランド プレミアリーグ | インタビュー | オンリーワン | カンブリア宮殿 | ガイアの夜明け | クローズアップ現代 | サキどり↑ | サッカー | サッカーネット プレスパス | ジェネレーションY | スポーツ大陸 | スーパーサッカー | セカイでニホンGO! | ソロモン流 | タイムスクープハンター | ディープピープル | トップランナー | ドキュメンタリー | ドキュメント20min. | バラエティ | バルサTV | ファミリーヒストリー | ファーストジャパニーズ | フットボールクラッキ | ブラタモリ | ブンデスリーガ | プレミアリーグ09/10 | プレミアリーグ・ワールド2009 | プロフェッショナル | ボクシング | マーケットウィナーズ | ラップトゥデイ | リーガダイジェスト | ワンダー×ワンダー | ワールドビジネスサテライト | 世界の競馬 | 井崎脩五郎のニッポン競馬史 | 働くって夢見ること? | 名将の采配 | 告白TV | 地球アゴラ | 地球イチバン | 大相撲 | 将棋 | 情熱大陸 | 映画・テレビ | 月刊やさい通信 | 月刊サッカーアース | 未来をつくる君たちへ | 歴史 | 歴史秘話ヒストリア | 水上の挑戦者 | 熱中人 | 熱中時間 | 爆問学問 | 爆笑問題のニッポンの教養 | 特報首都圏 | 百年旅行 | 目撃!日本列島 | 知る楽選 | 競馬 | 競馬場の達人 | 管理人のつぶやき | 経済ワイドビジョンe | 経済・政治・国際 | 経済最前線 | 追跡!A to Z | 週刊 ニュース深読み | )アスリートの魂 | A1 NEWS STAGE | CHANGE MAKER | COOL JAPAN | FOOT × BRAIN | GLOCALジャポン | Jリーグアフターゲームショー | Jリーグタイム | Mプラス Express_ | NEWS FINE | NHKスペシャル | Newsモーニングサテライト | S☆1スパサカ | TOKYO ニュース REMIX | UEFAチャンピオンズリーグ09/10 | UEFAチャンピオンズリーグ・マガジン

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ