カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー「ファーストジャパニーズ」の7件の記事

誰かのためにというよりも、もし、私に何かできることがあって、一緒にいて、共鳴できるというか、分かち合えるものができたら、本当に幸せって

2010年3月7日放送 NHK BS1 関口知宏のファーストジャパニーズ

中国 北京鄭州 中国武術 横山春光さん

何で太極拳しているのって聞かれて、私、そのときふって考えて、私は心に闇があるんですって言ったら、先生がちょっと待って、みんなちょっと黙ってという感じで、これ大事って、その闇をよく見てという感じで、えって。みんな、闇なんか、過ぎ去った苦しさなんか忘れろとしか言わないじゃないですか。振り返って、その闇を凝視しろというんですよ。嬉しくてうれしくて、だって、それがやりたかったんですけど、やったら間違いだって思わされていたというか、思っていたというか。

私、小さいときに苦しくて、登校を拒否してみたり、家で、自閉症までは行かないですけど、1年ぐらいほとんどしゃべらない時期があって、入れ替わり立ち替わり、児童相談所の先生とか、担任の先生とか、友達とか、親とか、親せきとか来るんですよ。どうして学校に行かないのって。答えられなくなっちゃって、最初は、いろいろ自分なりに理由を作って言うんですけど、結局、どれ一つ本当の理由ではなくて、喋れなくなってきて、そのときに思ったのは、助けてほしいって。誰かに助けてほしいって。ここから手を引っ張って、連れ出してほしいと思ったんですよ。渇望というか、でも、そういう人は訪れないですから、自分で出ていかないと。そのときに、でも、もし本当に分かってくれる人、この苦しみとか、わかってくれる人がいたら、どんなに自分は救われただろうって思って、それができる人になりたいというのが一つだったんですね。今、素直に言えるのは、自分はまだできないかもしれないんですけど、今は、私の能力でも、でも、言えるようになったんですね。誰かのためにというよりも、もし、私に何かできることがあって、一緒にいて、共鳴できるというか、分かち合えるものができたら、本当に幸せって。私は今、言えるんですね。できなくても。そんなこと言ったって、何もできないじゃないとか、言われるかもしれないですけど、でも、それでもやっていこう、その決心は強いと思います。

そのラインというのは目に見えているラインではなくて、私は私の心から出ている犬の心につながっているラインだと思うんですね

2010年2月7日放送 NHK BS1 関口知宏のファーストジャパニーズ

アメリカ アラスカ州 犬ぞりレーサー 今野里紅さん

言葉を持たない犬と人間が同じ目標に向かって、言葉がない中で、同じ目標に向かって、同じ快感を得ようとしているものなので、私の中では、普通に人間っとやる競技よりも、すごくやってやった感があるというか、言葉の疎通がない分、心で感じるものが強いというか、それを犬もたぶん同じように感じてくれているかなあと思いますね。

たぶん私これ、犬いないと生きていけないのかなあというか、ずっと犬ぞりにかかわらないと、生きていけないんじゃないかなという感覚は今はありますね。犬ぞりって、そりから一本一本、犬に向かってラインが伸びているんですけど、そのラインというのは目に見えているラインではなくて、私は私の心から出ている犬の心につながっているラインだと思うんですね。私はそれは絆のラインだと思っています。本当に心と心が通じているラインだと思っているので、それがいつも犬との間で切れないように、たるまないように、頑張っているわけではないですけど、大切にしてます。

モロッコだったら、例えばバナナを売りたいと思ったら、そこらへんでバナナを買ってきて、道端でホイッと売っちゃえば、それでいいんだよ。成り立っちゃう国なんだ

2009年12月6日放送 NHK BS1 関口知宏のファーストジャパニーズ

モロッコ エッサウィラ 花屋 加納安奈さん

だって、わたしもう30だし、結婚しなきゃあいけないし、仕事もまた考えなければいけないし、と言ったら、そんなこと問題じゃないじゃないかって。日本ではいろいろ考えなければいけないことがいっぱいあるんだよ。でも、そんな好きだったら、住んじゃえばいいじゃないかと言われたんですよ。いや、無理だよ、住むのは。そうしたら、そのおとうさんが、何か自分で始めてみればいいんじゃないか、会社に入ろうと思うから、難しいんであって、自分で何か始めちゃえばいいんじゃないか。そんなのできないよ、と言ったら、モロッコだったら、例えばバナナを売りたいと思ったら、そこらへんでバナナを買ってきて、道端でホイッと売っちゃえば、それでいいんだよ。成り立っちゃう国なんだ。そんなに難しく考えることではないよと言われたんですよ。そうなのかって。

花屋やって、いろんなところで活けさせてもらって、ときにはすごく大きいところで、やっているときに、なんて幸せな人生なんだろうと思ったりしたんだけど、でも、今、長くここにいたら、だんだんそれも日常になってきちゃって、ようやく自分の持っていたものというのが見えて、いいところも悪いところも含めて、日本では全然発見できなかったところが今、引き出されているから、花屋によって、だから、いまここで手に入れた吸収したものとか、発見したものを全部持って、また別の土地に行ったら、さらにそれが大きな力になるかもしれない。ここが自分のこれからのスタートになったみたいな、でも、それはここなのかもしれないし、他かもしれないし。

1%しか実現可能性がなくても、それを100個アイデアがあれば、少なくともそのうち一つが実現する可能性って、100%ですよね

2009年10月4日放送 NHK BS1 関口知宏のファーストジャパニーズ

ベルギー ブルッセル ビール醸造家 今井礼欧さん

人にいうと、ベルギーでビール作って、成功するわけにじゃないかっていわれました。ベルギー人もそうだし、日本人だってそうだったですよ。夢一つ一つって、実現の可能性って1%ぐらいしかないものじゃないかなと思っているんですね。でも、考え方として、1%しか実現可能性がなくても、それを100個アイデアがあれば、少なくともそのうち一つが実現する可能性って、100%ですよね。そういうふうにして、今、生きてきたかなと思うんですね。1%って、かなり可能性高いと思いますよ。100回に1回ですもん。100回やったら1回実現するんですよ。

人が集まるところは好きだけど、でも、自分がそこの中心になるほど、みんなを引きつけるものがなかったし、ただ、自分の分身なんですよね、これ。私に代わって、人を集めてくれるなと思って。

みんなとコミニュケーションをしている間に得たものだけでも食っていかれる

2009年9月6日放送 NHK BS1 関口知宏のファーストジャパニーズ

韓国 ソウル ギターリスト 長谷川陽平さん
やっていてよかったなという瞬間になるのは、音楽でなくても、おれ、生きていかれるんだという思う瞬間もまたあったりして、それが嬉しかったりとかもするんですね。別に、音楽だめだったら、もうここで音楽をやっていて、みんなとコミニュケーションをしている間に得たものだけでも食っていかれるかなとか、生きていかれるかなと自信がつく瞬間なんですよ。もしかしたら、本当に幸せなのかなあと思ったりとかしますね。

私は一人で生まれて、一人で死んでいくんだろうけど、その周りにいっぱい人がいるから、私がある

2009年8月9日放送 NHK BS1 関口知宏のファーストジャパニーズ

スペイン グラナダ 陶芸家 北原由紀子さん
私、子供の時に、人と話をしなくて、どぶ川のことで詩を書いたんですけど、それが、見た目は、普段は臭いし、汚いんだけれども、太陽の光が当たると、ダイヤモンドを散りばめたみたいにきれいだみたいなことを書いた。急に変わるみたいな詩を書いて賞をもらったことがある。それで、今思えば、基本的なところって、そういうところを探すのかも。

個展は絶対したくない。何となく恥ずかしいから。自分の名前が出て、自分だけで。恥ずかしい感じで、何か裸見られる感じがして嫌だ。だから、グループ展とかだったら。

私、焼き物イコールお金はできないんですよ。焼き物イコールお金だと、多分売れるものを作っていくんでしょうね。これはお金と切り離して。

四角いスペースの中に、いっぱい吊るすんですね。たくさん吊るすというのは、私は社会、ソシアリティみたいなことを表しているんですけど、私は一人で生まれて、一人で死んでいくんだろうけど、その周りにいっぱい人がいるから、私がある。いろんな人に出会って、いろんなものが変わってきて、生きていくんだけれども、作品も1個ではなく、たくさん置くことで、自分の社会性というか、生きざまというか。

その土地の周波数にラジオを合わせるみたいに合わせることができる

2009年7月5日放送 NHK BS1 関口知宏のファーストジャパニーズ

オーストラリア ゴールドコースト エコガイド 藤井慶輔さん
海に行けば海、森に行けば森、その土地に行ったら、その土地のリズムというのが流れているのかもしれないですね。いった場所で、目をつぶって、映像ではなくて、感覚でその土地を実感してみると、その土地の周波数にラジオを合わせるみたいに合わせることができる。チューニングができたりするんですよね。自分もこういうところに入って、何をどう感じるかというのが一番大切ですね。見る角度も、感じる角度も違ってくると、最初はたかが森と感じていた人が、すべて宝の森と感じて、出ていかれるんでしょうね。

自分がこれだけは負けないようにしようと思ったのは、美味しんぼの中にあった一期一会。僕たちガイドから見たら、毎日同じお客さん。でも、来た人たちはみんな違う人生背景を持っていて、いろんな苦しみとか、楽しみとか、たくさんお金を持って、こっちに来て、いろんなところを旅行している人もいれば、一生に一回の旅行かもしれないと思ってくる人もいるんですね。だから、そういうことを考えると、全力疾走でしょうね。というのを毎日思いますよね。

自分がこういう森の中に入って感じたのは、役割なんですよね。社長だからえらいとか、平だから違うとかではなくて、社長には社長しかできないことがあり、平といわれている人たちには、それは全部役割なんですよね。だから、この中にいると、どれが一番か競っていないんですよ。俺が一番だというような木なんてないんですよね。そこに、共生と共存と競争があって、それを考えた時に、自分の中で調和というのが生まれてきて、その調和というのは、融合と繋がって、自分というものを形成していく中では、日本とオーストラリアの、自分の中では融合していて、全部繋がっているんですよね。

その他のカテゴリー

10/11 プレミアリーグ | 3カット美人 | AFCチャンピオンズリーグ | E.N.G イングランドサッカー情報番組 | Foot! | UEFA Europa League | UEFAチャンピオンズリーグ | たけしアート☆ビート | たべもの一直線 | にっぽん紀行 | やべっちFC | ようこそ先輩 | アインシュタインの眼 | アスリートの魂 | アレ今どうなった? | イングランド プレミアリーグ | インタビュー | オンリーワン | カンブリア宮殿 | ガイアの夜明け | クローズアップ現代 | サキどり↑ | サッカー | サッカーネット プレスパス | ジェネレーションY | スポーツ大陸 | スーパーサッカー | セカイでニホンGO! | ソロモン流 | タイムスクープハンター | ディープピープル | トップランナー | ドキュメンタリー | ドキュメント20min. | バラエティ | バルサTV | ファミリーヒストリー | ファーストジャパニーズ | フットボールクラッキ | ブラタモリ | ブンデスリーガ | プレミアリーグ09/10 | プレミアリーグ・ワールド2009 | プロフェッショナル | ボクシング | マーケットウィナーズ | ラップトゥデイ | リーガダイジェスト | ワンダー×ワンダー | ワールドビジネスサテライト | 世界の競馬 | 井崎脩五郎のニッポン競馬史 | 働くって夢見ること? | 名将の采配 | 告白TV | 地球アゴラ | 地球イチバン | 大相撲 | 将棋 | 情熱大陸 | 映画・テレビ | 月刊やさい通信 | 月刊サッカーアース | 未来をつくる君たちへ | 歴史 | 歴史秘話ヒストリア | 水上の挑戦者 | 熱中人 | 熱中時間 | 爆問学問 | 爆笑問題のニッポンの教養 | 特報首都圏 | 百年旅行 | 目撃!日本列島 | 知る楽選 | 競馬 | 競馬場の達人 | 管理人のつぶやき | 経済ワイドビジョンe | 経済・政治・国際 | 経済最前線 | 追跡!A to Z | 週刊 ニュース深読み | )アスリートの魂 | A1 NEWS STAGE | CHANGE MAKER | COOL JAPAN | FOOT × BRAIN | GLOCALジャポン | Jリーグアフターゲームショー | Jリーグタイム | Mプラス Express_ | NEWS FINE | NHKスペシャル | Newsモーニングサテライト | S☆1スパサカ | TOKYO ニュース REMIX | UEFAチャンピオンズリーグ09/10 | UEFAチャンピオンズリーグ・マガジン

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ