カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー「やべっちFC」の31件の記事

僕はいろんなことを考えて、清水エスパルスの小野伸二を挙げたいと思うんです

2010年5月2日放送 テレビ朝日 日本サッカー応援宣言 やべっちFC

名波浩さん

闘莉王が前線に残っているのをよく理解した三都主が闘莉王が好きな滞空時間があるボールですよね。ヘディングシュートも素晴らしいです。

僕はいろんなことを考えて、清水エスパルスの小野伸二を挙げたいと思うんですけど、彼の海外での経験、ワールドカップ過去3大会すべてを経験しているということもありますし、今、Jリーグで好調なエスパルスを支えている、プレッシャーとか行くときのスイッチになったり、チームの若手をどんどん盛り上げてリードしたりとか、いろんな役割ができるんで、貴重な存在として入ってほしいなと思います。

クロスに対して、ヨンセンが落とすというポイントを見つけた時のストライカーとして、岡崎が飛び込まない美学なんですよね

2010年4月18日放送 テレビ朝日 日本サッカー応援宣言 やべっちFC

名波浩さん
クロスに対して、ヨンセンが落とすというポイントを見つけた時のストライカーとして、岡崎が飛び込まない美学なんですよね。一歩待って、シュートゾーンを作ってからシュートを打つというね、すばらしいですね。

ジュビロとしては、90分通して、大宮のマトというディフェンスにほとんどヘディングでクリアされていたんですよね。ワンチャンスだったんですけど、前田のヘディングの技術の高さ、戻りながら難しいシュートですよね。

普段温厚な僕がこうやって辛口で言うんで、必ず選手はやってくれると思いますけどね

2010年4月10日放送 テレビ朝日 日本サッカー応援宣言 やべっちFC

名波浩さん

期待が大きい分、最近の結果が不安を呼び起こしてしまうんですよね。ただ、僕はシステムうんぬんより、けが人云々、出場停止云々というよりもまずこれをピンポイントコラムとして挙げたいんですけど、バックアップメンバーの重要性、特に、このセルビア戦はレギュラー組というよりもバックアップメンバーと言われる人が半分ぐらいいて、もちろん相手チームもほぼバックアップメンバーですよね。セルビアはその中で二人か三人しか選ばれない。そういう中でも、気丈に戦っていましたし、国際Aマッチとしての位置づけというのが非常に高いものでしたよね。そういう観点から見ても、僕が経験したフランスワールドカップというのがあるんですけど、それは非常にチームがまとまっていたと。なぜそれが結果として出なかったかというのは、それは技術的な問題であったり、組織力がまだまだ世界に届かなかったというのがあるんですけど、チームとしては非常にいい状態だったんですね。それは年配者、井原さんであったり、秋田さんであったり、中山さんであったり、そういった選手の包容力がチームをいい方向に進めたと。ドイツワールドカップの時は、現地に行って、もちろん試合も見ましたし、トレーニングも見ましたけど、少しばらばら感があったんですよね。そういう意味で、バックアップメンバーがチームの柱として、裏方さんかもしれないけれども柱として戦わなければいけない。そして、バックアップメンバーと言われないまでも、例えば、90年のワールドカップで、スキラッチというストライカーがいましたよね。彼はもともとバックアップメンバーでしたよね。そんな中で活躍して、得点王になったり、近年のブラジル代表なんかは特にそうなんですけど、ああいったポテンシャルの高い、我が強い選手が多い国でも、点が入ったときは、サブの12人がバアーとベンチから飛び出して、コーチとともども喜びあうというね、ああいう空気というのを作りだしてほしいなと。それがサポーターにも熱い気持ちとして届くのではないかなと。日本でも必ずできますしね、普段温厚な僕がこうやって辛口で言うんで、必ず選手はやってくれると思いますけどね。

乾が横にスッと交わしたときに、まだディフェンスは来ないんだろうなっていうふわっとした空気になるんですよね

2010年4月4日放送 テレビ朝日 日本サッカー応援宣言 やべっちFC

名波浩さん

セレッソ大阪の乾、香川のホットラインは縦の関係になるときに、特にストロングポイントとして出てくるんですけど、乾が横にスッと交わしたときに、まだディフェンスは来ないんだろうなっていうふわっとした空気になるんですよね。その瞬間、2人の関係がスピードアップしてゴール。シュートもセンスありますね。

清水エスパルスの小野と辻尾のダブルシンジなんですけれども、この二人で崩して、クロスの正確性ももちろんそうですけど、こぼれ球を岡崎慎司が決めるという、トリプルシンジが完成ですね。

この体幹の強さ、切れ、まだ21歳ですから、これからもっともっと伸びる感じがしますね。楽しみです

2010年3月29日放送 テレビ朝日 日本サッカー応援宣言 やべっちFC

堀池巧さん

ボールもよかったと思うんですけど、柳沢はあえて外に広がっているんですよね。ゴールから離れて、スペースを作って受けている。シュート、ダイレクトでニアサイドを狙っているから、キーパーの位置も見えていましたね。

まずは2トップが作ったスペースを遠藤は見逃してないですよね。左サイドから右サイドに入っていくんですよ。そのあとですよね。この体幹の強さ、切れ、まだ21歳ですから、これからもっともっと伸びる感じがしますね。楽しみです。

入り方というのは日本代表には非常に武器になると思いますよね

2010年3月22日放送 テレビ朝日 日本サッカー応援宣言 やべっちFC

名波浩さん

佐藤の入り方なんですけど、右からのクロスに対して、ディフェンス、屈強なジャーンなんですよね。その選手の目を切っている間にスッと前に入ってくるんですよね。バウンドも非常に難しいんで、シュートも素晴らしいですよね。入り方というのは日本代表には非常に武器になると思いますよね。

まずこぼれ球のところに居るというのはポジショニング素晴らしいですし、ファーストタッチ、コントロールした後、ものすごい雰囲気作るんですよね。自分でルックアップしてから、ゴールキーパーの位置と自分の技術、シュートの軌道を確認してのパーフェクトなゴールですよね。

チョンテセの得点は少しスペースにトラップして、この一振りですよね、ゴール見てないですよね、感覚

2010年3月14日放送 テレビ朝日 日本サッカー応援宣言 やべっちFC

堀池巧さん

中村俊輔は復帰初戦ということで、アシストですけど、結果が出るということはホッとすると思いますよね。これで、もっともっとサッカーを楽しめるんじゃないでしょうかね。

チョンテセの得点は少しスペースにトラップして、この一振りですよね、ゴール見てないですよね、感覚。あと軸足から遠いんですよ。パワーがある証拠ですよね。

鮮やかなパス回しなんですけれども、ゴールまで14本のパスがつながるんですよね

2010年3月7日放送 テレビ朝日 日本サッカー応援宣言 やべっちFC

名波浩さん

オランダの攻撃のキーなんですけど、このスナイデル、オランダのメディアの方も言っていましたけど、とにかく決定的な仕事ができる、自分でシュートも打てますし、それから、長いボール、これも出せると、もちろん精度も素晴らしいですからね。それから、背後からの動きだしも含めて、彼の足元にボールがある時は、怖い存在だと思いますね。
鮮やかなパス回しなんですけれども、ゴールまで14本のパスがつながるんですよね。オランダがゆっくり、サイドで攻めながら、アメリカも前線のスペース使われないようにプレスを掛けながらなんですけど、それでも落ち着いてボールの距離も変えながら、左右に上手く振り分けながら、最後はセンターからいくんですけれども。

正直、このゲーム自体はちょっと微妙な感じだったですよ。というのも、デンマークが何人もけがをしていて、デンマークらしいボール回し、プレス、そういうのが見られなかったんで、セットプレー、これに特徴があると思うんですね。このゲームに関して言えば、失点もセットプレーでしたし、得点もセットプレー、良くも悪くも高さ、組織、そしてルーズさそういうものが出てくるんではないかなと、そういうふうに思いますね。

あとはコンディションさえそろえば、みんな一致団結してボールを取りに行ける、ここでボールを奪おう、ここではボールを奪うのをやめようという判断もできると思う

2010年2月21日放送 テレビ朝日 日本サッカー応援宣言 やべっちFC

名波浩さん

岡田ジャパンの中で、一つのキーファクターとなるコンセプトという言葉がありますよね。これがショートパスであったり、縦パスの意識付けであったり、そうしたものに固執し過ぎているんで、その辺はロングボールという話も出ましたけれど、局面を一気に打開するような動きとボールの質ですよね、そういうもので打開してほしいなと思いますし、あとはコンディションさえそろえば、みんな一致団結してボールを取りに行ける、ここでボールを奪おう、ここではボールを奪うのをやめようという判断もできると思うので。

もちろんそれも問題はあるんですけど、それ以上にフォワードの問題だと思うんですよね。やはり前を向けるところで向かない

2010年2月15日放送 テレビ朝日 日本サッカー応援宣言 やべっちFC

堀池巧さん

東アジア選手権3試合で岡田ジャパンの課題が見えたと思うんですけど、まず中澤選手も言ったんですけれども、守備で韓国戦3点取られたんですけれども、もちろんそれも問題はあるんですけど、それ以上にフォワードの問題だと思うんですよね。やはり前を向けるところで向かない。韓国は逆に前を向いて、遠目でもシュートを打ちましたし、それが入っているんですよね。これも、もっとゴール前に入っていきたいのに、もう一度真ん中のほうに下げてしまうというね。これは唯一いいシーンだったんですけど、やはり入るタイミングだとか、フォワードがもっと迫力、稲本が言っていましたけれども、迫力がほしいなという感じがします。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

10/11 プレミアリーグ | 3カット美人 | AFCチャンピオンズリーグ | E.N.G イングランドサッカー情報番組 | Foot! | UEFA Europa League | UEFAチャンピオンズリーグ | たけしアート☆ビート | たべもの一直線 | にっぽん紀行 | やべっちFC | ようこそ先輩 | アインシュタインの眼 | アスリートの魂 | アレ今どうなった? | イングランド プレミアリーグ | インタビュー | オンリーワン | カンブリア宮殿 | ガイアの夜明け | クローズアップ現代 | サキどり↑ | サッカー | サッカーネット プレスパス | ジェネレーションY | スポーツ大陸 | スーパーサッカー | セカイでニホンGO! | ソロモン流 | タイムスクープハンター | ディープピープル | トップランナー | ドキュメンタリー | ドキュメント20min. | バラエティ | バルサTV | ファミリーヒストリー | ファーストジャパニーズ | フットボールクラッキ | ブラタモリ | ブンデスリーガ | プレミアリーグ09/10 | プレミアリーグ・ワールド2009 | プロフェッショナル | ボクシング | マーケットウィナーズ | ラップトゥデイ | リーガダイジェスト | ワンダー×ワンダー | ワールドビジネスサテライト | 世界の競馬 | 井崎脩五郎のニッポン競馬史 | 働くって夢見ること? | 名将の采配 | 告白TV | 地球アゴラ | 地球イチバン | 大相撲 | 将棋 | 情熱大陸 | 映画・テレビ | 月刊やさい通信 | 月刊サッカーアース | 未来をつくる君たちへ | 歴史 | 歴史秘話ヒストリア | 水上の挑戦者 | 熱中人 | 熱中時間 | 爆問学問 | 爆笑問題のニッポンの教養 | 特報首都圏 | 百年旅行 | 目撃!日本列島 | 知る楽選 | 競馬 | 競馬場の達人 | 管理人のつぶやき | 経済ワイドビジョンe | 経済・政治・国際 | 経済最前線 | 追跡!A to Z | 週刊 ニュース深読み | )アスリートの魂 | A1 NEWS STAGE | CHANGE MAKER | COOL JAPAN | FOOT × BRAIN | GLOCALジャポン | Jリーグアフターゲームショー | Jリーグタイム | Mプラス Express_ | NEWS FINE | NHKスペシャル | Newsモーニングサテライト | S☆1スパサカ | TOKYO ニュース REMIX | UEFAチャンピオンズリーグ09/10 | UEFAチャンピオンズリーグ・マガジン

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ