カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー「UEFAチャンピオンズリーグ・マガジン」の29件の記事

私の目標はレアルの指導ではなくレアルとともに勝つこと。選手にはプレーすることではなく、勝利を目指してほしいのです

2010年8月29日放送 フジテレビ UEFAチャンピオンズリーグ・マガジン

レアル・マドリード モウリーニョ監督

監督が重圧の耐え、選手に自由にプレーさせる。それはチームにとって重要なことです。私は責任や重圧から逃げたりはしません。大切なのは明確な考えと動じない強い気持ちなのです。私が相手と衝突するのはクラブに全力を注いでいるからです。チェルシーやインテルのように、レアルサポーターも私を受け入れてくれるはずです。
CLでは勝利と敗北は紙一重です。でも私は経験を通じ準備方法を学びました。私の目標はレアルの指導ではなくレアルとともに勝つこと。選手にはプレーすることではなく、勝利を目指してほしいのです。全力を尽くさなければ、成功はあり得ません。

若いころは自分に自信がなく、決定力もなかったけれど、今は決定力のあるFWに成長できたのさ

2010年5月2日放送 フジテレビ UEFAチャンピオンズリーグ・マガジン

バルセロナ FW10 メッシ
僕らはいつも冷静だし、自分たちの能力には自信があるんだ。チームは攻撃的なプレーで多くのチャンスを作ってくれる。若いころは自分に自信がなく、決定力もなかったけれど、今は決定力のあるFWに成長できたのさ。

チェルシー戦のイニエスタのゴール、ゴールを決め、ローマで優勝。忘れられない思い出はたくさんあるんだ。家族やサポーターと喜びを分かち合ったし、バルセロナでの優勝パレードも最高だったよ。

スター軍団の中でも、メッシの存在感は際立っています

2010年4月18日放送 フジテレビ UEFAチャンピオンズリーグ・マガジン

歴史に残る名選手です。
バルサ時代のマラドーナを超えましたね。
メッシのドリブルは最高です。ボールが足から離れません。
追いかけられているのを楽しんでいるかのようです。
あの小さな足、プレステみたいです。
メッシが得点するのはチームのため。仲間もメッシのプレーを楽しんでいます。
スター軍団の中でも、メッシの存在感は際立っています。
メッシは断トツで世界最高の選手です。

もっと成長した俺らの姿をロシアの皆さんとそして日本の皆さんに見せられるんじゃないかなというふうには個人的には思っています

2010年4月4日放送 フジテレビ UEFAチャンピオンズリーグ・マガジン

CSKAモスクワ MF18 本田圭佑さん
小さい頃に、おやじに昔のワールドカップのビデオを見せられたのを覚えていて、それがちょうど白黒のワールドカップで、ペレのワールドカップを繰り返し何度も見せられたなという記憶がありますよね。それで格好いいと思ってね、サッカーをやり始めましたね。
単純にセヴィージャに勝てた誇りというのはすごいもっていますし、アウェイでゴールを挙げれたことといのは、すごい誇りに思っていますし、ラッキーゴールだとしてもね。
サッカーに集中する環境があるかどうかというのが、選手にとって一番大切なことですから。だいぶ温かくなってきてね、だいぶ温かくなってきたと言っても、まだゼロ度ぐらいなんですね。でも、ロシア語はまだまだ喋れないですけれども、落ち着いてきているので、ちょっとでも喋れるようになったら、俺的には、日本よりもやりやすかったかなという感じですね。マルクとは上手いことコミュニケーションも取れていますし、彼も英語がうまいんで、そのへんは他のロシア人よりも合流してからは打ち解けれた唯一の仲間かなというふうに感じますね。
和を大切にする監督だと感じましたね。きつい練習をキャンプでもしていたんですけれども、その中から絆を同じように深めていく、監督中心にそういうような雰囲気を作りだしていたんで。
小さいころから見ていたチームのスタジアムでしょ。そもそもこう思うこと自体が準備の仕方としては、試合前から負けているなという感じがしますね。だから、それを、もちろんうれしいし、あこがれのような場所だったというのが正直な気持ちなんでしょうけど。ロシア初ということに関して、ロシア人すごい騒いでいると思うし、すごい盛り上がっているとは思うんですけど、それは僕にとっては届いてこないので、そういう意味では発展途上のチームなので、何とかもうワンステップ上に行くことができれば、もっと成長した俺らの姿をロシアの皆さんとそして日本の皆さんに見せられるんじゃないかなというふうには個人的には思っています。

インテルにとっては最低限のことは達成できたゲームだったと思いますけど、ちょっと物足りなさも残ったと思いますね

FOOTBALLCXUEFAチャンピオンズリーグ インテル×CSKAモスクワ

解説:清水秀彦さん
ジローラモ・バンツェッタさん
実況:青嶋達也さん

結局、インテルが1対0で初戦を取っています。
インテルにとっては最低限のことは達成できたゲームだったと思いますけど、ちょっと物足りなさも残ったと思いますね。
そんな中、途中でベンチに退きはしましたが、本田圭佑、今日の戦いぶりいかがでしたか。
やはりボールに触れなかったなら、なかなか力が出せないんだなという感じは受けましたね。でも、しかし、堂々としていましたよ。
チャレンジをしていこうという気持ちはね、一定のレベルで伝わってきた感じはあるりますが、さあ、第2戦は4月6日、モスクワ、ルジニキ、人工芝での戦いです。

各国の代表にとってCLの戦術は参考になるのです。今年のW杯では8割のチームがCLのプレーを参考にするでしょう

2010年3月28日放送 フジテレビ UEFAチャンピオンズリーグ・マガジン

トロフィーツアーアンバサダー クリンスマンさん
アメリカの大学ではサッカーはとても人気があります。しかし、学生は奨学金を目的として、プロを目指す選手が少ないのです。でも、優秀な選手はプロ入りを目指しています。そのレベルは高く、プレミアやドイツなどに移籍した選手もいます。アメリカ代表も実力をつけていて、昨年のコンフェデの好成績も偶然ではないのです。
各国の代表にとってCLの戦術は参考になるのです。今年のW杯では8割のチームがCLのプレーを参考にするでしょう。これはCLにとって、とても名誉なことですね。

彼のチーム相手に得点できたのはうれしかったね。でも、喜んでよいのか戸惑ったよ。彼は僕にとって特別な存在だからね

2010年3月21日放送 フジテレビ UEFAチャンピオンズリーグ・マガジン

チェルシー FW21 S.カルー
さんしーろでのプレーは初めてだったんだ。世界有数のスタジアムだね。恩師相手に得点できてうれしかったよ。でも、喜んでよいかどうかわからなかったね。彼との再会はうれしかったよ。最高の監督だし、僕は彼のおかげで成長できたからね。彼は僕に自信を与えてくれたんだ。そして、出場させてくれた。彼には助けられたから、彼のことは絶対に忘れないよ。彼のチーム相手に得点できたのはうれしかったね。でも、喜んでよいのか戸惑ったよ。彼は僕にとって特別な存在だからね。

最初の数年間は心の傷が癒えず、戻りたくなかったよ。マンUが嫌いになったわけじゃない

2010年3月14日放送 フジテレビ UEFAチャンピオンズリーグ・マガジン

ミラン MF32 ベッカム
最初の数年間は心の傷が癒えず、戻りたくなかったよ。マンUが嫌いになったわけじゃない。彼らの試合を見るのが辛かったんだ。でも、今はオールドトラフォードに行くのが楽しみさ。

ルーニーはプレーを楽しんで、ずっとマンUに居ることだね。マンUでは大切にしてもらえるし、最高の監督がいる。それにサポーターも最高さ。ルーニーは素晴らしい選手だよ。

誰もがマンUの誇りを持ち、チームのために全力を尽くしているよ。お互いに支え合っていることが強さの秘訣さ

2010年3月7日放送 フジテレビ UEFAチャンピオンズリーグ・マガジン

マンチェスターU FW9 ベルバトフ
みんなで負担を分け合っているんだ。ロナウドの移籍は痛手だったけど、選手の移籍は珍しくないからね。上手く対処できるはずさ。

戦力の充実が大きいね。良いチームにはピッチ上だけでなく、普段も仲が良いんだ。全員が親友だけれど、練習や試合には真剣に取り組むのさ。また、監督がチームを把握している。彼は選手の考えを理解し、個性を尊重してくれるんだ。誰もがマンUの誇りを持ち、チームのために全力を尽くしているよ。お互いに支え合っていることが強さの秘訣さ。

マンU時代に指導方法などを書きとめたノートを持っています。フランスとイギリスの文化は異なりますが、今はこのノートをボルドーで使っています

2010年2月28日放送 フジテレビ UEFAチャンピオンズリーグ・マガジン

ボルドー ブラン監督

私は常にどのような監督が来ても、話を聞くようにしていました。どんな監督であれ、よかろうが、悪かろうが、何かを与えてくれると考えていましたから。現役時代から監督になることに興味がありました。そして、現役を引退したとき、その興味がさらに大きくなったのです。現役時代の経験を振り返り、監督になるための準備を進めました。ノートに書き残していたものをファイルするのに少し時間がかかりましたが、監督になった時、このファイルがとても役に立ったのです。マンU時代に指導方法などを書きとめたノートを持っています。フランスとイギリスの文化は異なりますが、今はこのノートをボルドーで使っています。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

10/11 プレミアリーグ | 3カット美人 | AFCチャンピオンズリーグ | E.N.G イングランドサッカー情報番組 | Foot! | UEFA Europa League | UEFAチャンピオンズリーグ | たけしアート☆ビート | たべもの一直線 | にっぽん紀行 | やべっちFC | ようこそ先輩 | アインシュタインの眼 | アスリートの魂 | アレ今どうなった? | イングランド プレミアリーグ | インタビュー | オンリーワン | カンブリア宮殿 | ガイアの夜明け | クローズアップ現代 | サキどり↑ | サッカー | サッカーネット プレスパス | ジェネレーションY | スポーツ大陸 | スーパーサッカー | セカイでニホンGO! | ソロモン流 | タイムスクープハンター | ディープピープル | トップランナー | ドキュメンタリー | ドキュメント20min. | バラエティ | バルサTV | ファミリーヒストリー | ファーストジャパニーズ | フットボールクラッキ | ブラタモリ | ブンデスリーガ | プレミアリーグ09/10 | プレミアリーグ・ワールド2009 | プロフェッショナル | ボクシング | マーケットウィナーズ | ラップトゥデイ | リーガダイジェスト | ワンダー×ワンダー | ワールドビジネスサテライト | 世界の競馬 | 井崎脩五郎のニッポン競馬史 | 働くって夢見ること? | 名将の采配 | 告白TV | 地球アゴラ | 地球イチバン | 大相撲 | 将棋 | 情熱大陸 | 映画・テレビ | 月刊やさい通信 | 月刊サッカーアース | 未来をつくる君たちへ | 歴史 | 歴史秘話ヒストリア | 水上の挑戦者 | 熱中人 | 熱中時間 | 爆問学問 | 爆笑問題のニッポンの教養 | 特報首都圏 | 百年旅行 | 目撃!日本列島 | 知る楽選 | 競馬 | 競馬場の達人 | 管理人のつぶやき | 経済ワイドビジョンe | 経済・政治・国際 | 経済最前線 | 追跡!A to Z | 週刊 ニュース深読み | )アスリートの魂 | A1 NEWS STAGE | CHANGE MAKER | COOL JAPAN | FOOT × BRAIN | GLOCALジャポン | Jリーグアフターゲームショー | Jリーグタイム | Mプラス Express_ | NEWS FINE | NHKスペシャル | Newsモーニングサテライト | S☆1スパサカ | TOKYO ニュース REMIX | UEFAチャンピオンズリーグ09/10 | UEFAチャンピオンズリーグ・マガジン

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ