カテゴリー

最近のコメント

カテゴリー「管理人のつぶやき」の33件の記事

農協買い取り金額上乗せ

通常のコメより早く出回る2019年産の早場米の収穫が始まったという。
代表銘柄の宮崎産コシヒカリの卸向けの販売価格は5年連続で上昇したようだ。
コメの作付けが減るなか、集荷を増やしたい農協が農家からの買い取り金額を上乗せしたためだそうだ。
小売価格に波及すれば消費者のコメ離れに拍車をかけかねないという。
日本の主食が既にコメから小麦に変わっているのに、小麦を推進する施策が農協からは出てこない。

日本型雇用の見直し

内閣府が公表した2019年度の年次経済財政報告(経済財政白書)は、企業の生産性の向上に向けて日本型雇用の見直しを訴えたという。
性別や国籍にかかわらず多様な人材が活躍することで収益率が高まるといった分析を示したそうだ。
だが硬直的な解雇規制の緩和など、構造改革を進める具体的な道筋までは描けていないようだ。
課題に切り込むよりも既存の政策の正当性を補強する色合いが濃いという。
人口減少で産業構造が変わっているのにもかかわらず、雇用について構造改革を訴えるような政党は現れない。

研究への参加体験

インターネット上で研究費の寄付を募り、お礼に研究への参加体験を提供する大学が増えているという。
好きな自治体に寄付をすると所得税などが控除される「ふるさと納税」に似た仕組みだそうだ。
グッズなどを作って返礼品にするより手間やコストがかからず、一般市民と触れ合うことで研究者の意欲も高まるという。
研究費の使途を開示することが研究の効率化にもつながり、さらに寄付を募りやすくなるはずだ。

選挙運動シーンの裏側

選挙カーで名前を連呼し、繁華街を練り歩いて一人ひとりと笑顔で握手する――。
昔ながらの選挙運動シーンだが、その裏側では最新のデータ分析の技術が使われ始めているという。
地域ごとに有権者の傾向を分析して演説内容を工夫したり、SNS(交流サイト)の投稿から自身への評価を推し量ったりするそうだ。
かつては裏方の経験や勘に頼った「どぶ板選挙」も時代と共に変わりつつあるようだ。
議員は自分の仕事を得るためには最新のデータ分析技術を使っているのに、国民のためには使おうとはしない。

プログラミング言語学ぶ中高年

ITの分野で第2のキャリアを開こうと、プログラミング言語を学ぶ中高年が目立ち始めたそうだ。
あらゆるモノがネットにつながるIoT社会を迎え、ソフトウエアに詳しい人材のニーズが高まっているらしい。
能力開発に対する国の支援も広がりつつあり、早期退職者などはハローワークを通じて無料で学べるという。
在職中の人も民間の教室で、助成対象の講座を受ける道があるそうだ。
産業構造転換を見越して早く動いた人材が報われる社会になってもらいたいものだ。

ホテルスタッフ給与上昇

客室の清掃やベッドメーキングなどを担うホテルスタッフの給与が上昇を続けているという。
アルバイト・パートの募集時平均時給は首都圏や関西で過去最高水準で推移するそうだ。
インバウンド(訪日外国人)需要を見込んだホテル開発が相次ぎ、客室数の急増に人材の確保が追いつかなくなっており、今後も上昇する可能性が高いらしい。
ホテル事業者らは外国人の採用などにも力を入れるそうだ。
人件費高騰によって、ホテルが適切な価格を取り戻しつつあるということだと思われるが、いつまた、格安競争に逆戻りするかわからない。

市販薬利用広がらない

医療費抑制につながる市販薬の利用が広がらないという。
湿布や鼻炎薬など市販薬があるのに、利用者が病院に通って処方される医薬品の総額が5千億円を超すことが調べでわかったそうだ。
処方薬は自己負担が原則3割と安いからだが、残りは税金や保険料で賄うという。
一律に保険を使う制度を改め、代えがきかない新薬に財源を振り向ける必要があるらしい。
9割引きで使い放題という仕組みにメスを入れない限り、早晩、健康保険制度は行き詰まりを迎えるはずだ。

家庭紙卸価格上昇

ティッシュやトイレットペーパーなど家庭紙の卸価格が上昇したそうだ。
物流費上昇や原燃料高騰を理由に、製紙各社は値上げ姿勢を強めており、品薄感を背景に流通業者が受け入れたようだ。
割安な価格でシェアを伸ばしてきた外資勢が戦略転換したことも背景だそうだ。
流通価格の上昇でスーパーなどの店頭価格も上昇傾向にあるという。
収益重視の外資がなく、日本企業だけの過当競争ならば、こういった現象は起きなかったかもしれず、家庭紙の業界再編の余地は十分にありそうだ。

港湾物流パンク寸前

東京港の混雑が深刻さを増し、港湾物流がパンク寸前に陥っているそうだ。
さらに2020年東京五輪・パラリンピックも迫り、東京港を管理する東京都が混雑対策を進めているようだ。
東京港の混雑はなぜこれほど深刻化したのか背景を探ると、首都圏の主要道路と比べて整備が進まなかった状況が浮かび上がるという。
東京港の混雑対策は、東京のインフラ整備のひずみを映し出しているらしい。
東京港以外の横浜や千葉の港も整備が進んでいれば、代替港として浮上できたはずだが、そのような先見の明はどの自治体にもなかったということか。

ガソリンスタンド価格競争

ガソリンスタンドの価格競争が一服しているそうだ。
販売価格から仕入れ価格を引いた利ざやを推計したところ、5月に1リットルあたり15円となり、3年間で1.8倍となったという。
元売りの再編が進み、スタンドや生産能力が減ったためのようだ。
ガソリンの需要は今後も減る見込みだそうだ。
給油所はつかの間の経営安定期にどう手を打つかが課題となるという。
過当競争で、低収益が続く日本の中にあって、ガソリンスタンドは現状の優等生。生産性向上のためには企業の再編が不可欠だという好事例でもある。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

10/11 プレミアリーグ 3カット美人 AFCチャンピオンズリーグ E.N.G イングランドサッカー情報番組 Foot! UEFA Europa League UEFAチャンピオンズリーグ たけしアート☆ビート たべもの一直線 にっぽん紀行 やべっちFC ようこそ先輩 アインシュタインの眼 アスリートの魂 アレ今どうなった? イングランド プレミアリーグ インタビュー オンリーワン カンブリア宮殿 ガイアの夜明け クローズアップ現代 サキどり↑ サッカー サッカーネット プレスパス ジェネレーションY スポーツ大陸 スーパーサッカー セカイでニホンGO! ソロモン流 タイムスクープハンター ディープピープル トップランナー ドキュメンタリー ドキュメント20min. バラエティ バルサTV ファミリーヒストリー ファーストジャパニーズ フットボールクラッキ ブラタモリ ブンデスリーガ プレミアリーグ09/10 プレミアリーグ・ワールド2009 プロフェッショナル ボクシング マーケットウィナーズ ラップトゥデイ リーガダイジェスト ワンダー×ワンダー ワールドビジネスサテライト 世界の競馬 井崎脩五郎のニッポン競馬史 働くって夢見ること? 名将の采配 告白TV 地球アゴラ 地球イチバン 大相撲 将棋 情熱大陸 映画・テレビ 月刊やさい通信 月刊サッカーアース 未来をつくる君たちへ 歴史 歴史秘話ヒストリア 水上の挑戦者 熱中人 熱中時間 爆問学問 爆笑問題のニッポンの教養 特報首都圏 百年旅行 目撃!日本列島 知る楽選 競馬 競馬場の達人 管理人のつぶやき 経済ワイドビジョンe 経済・政治・国際 経済最前線 追跡!A to Z 週刊 ニュース深読み )アスリートの魂 A1 NEWS STAGE CHANGE MAKER COOL JAPAN FOOT × BRAIN GLOCALジャポン Jリーグアフターゲームショー Jリーグタイム Mプラス Express_ NEWS FINE Newsモーニングサテライト NHKスペシャル S☆1スパサカ TOKYO ニュース REMIX UEFAチャンピオンズリーグ09/10 UEFAチャンピオンズリーグ・マガジン

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ