カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー「Foot!」の45件の記事

ファーガソンが勇退を決意した時、オールドトラッフォードに立っているのモイーズかもしれないと記事を綴っています

デイリーサッカーニュース Foot! WEDNESDAY(03/21)

マンチェスターイヴニングニュースはユナイテッド次期監督の完璧な候補者という見出しを付け、モイーズを称賛しています。ルーニー、ロドウェルといったホームグローン選手の育成やケイヒル、ジャギエルカの才能を見極める能力は称賛に値する。モウリーニョ、グラウディオラ、ヴェンゲルに比べモイーズは洗練されていないかもしれないが、ファーガソンが勇退を決意した時、オールドトラッフォードに立っているのモイーズかもしれないと記事を綴っています。

マッツァーリ監督の3バックはプレッシングとラインを押し上げることに優れたマルセロ・ビエルサの3バックと保守的だったアルベルト・ザッケローニの3バックのハイブリット版と言えるだろう

デイリーサッカーニュース Foot! WEDNESDAY(02/29)

ガーディアンの記者、ジョナサン・ウィルソンはマッツァーリ監督の3バックはプレッシングとラインを押し上げることに優れたマルセロ・ビエルサの3バックと保守的だったアルベルト・ザッケローニの3バックのハイブリット版と言えるだろう。臨機応変に対応できる彼らはチェルシーのような1トップのチームと戦う場合、中盤で余った1枚が最終ラインをケアし、相手の中盤の人数が多い場合はいつもの3-4-3に戻して守ることができると称賛。

北京テレビによるとこの日、スポーツチャンネルで夜7時から生中継されたレアルマドリーの試合をおよそ6000万人が視聴したという

デイリーサッカーニュース Foot! MONDAY(11/07)

現地各紙が大きく取り上げたのはロナウドのハットトリックではなく、正午にゲームが行われたことでした。リーガエスパニョーラがアジア市場の開拓をもくろみ導入した日曜正午のキックオフについて、さまざまな反応が伝えられております。アスの記事を紹介しましょう。北京テレビによるとこの日、スポーツチャンネルで夜7時から生中継されたレアルマドリーの試合をおよそ6000万人が視聴したという。アジア市場の売り上げ拡大をもくろむリーガエスパニョーラにとっては大きな後押しになる数字となったと伝えています。

バルサが唯一違うのは4の中盤のところですよね。絶対にディフェンスを置かない。攻撃的に行く時もそうですし、守るときもそうなんですけど、3-4-3の4のところにディフェンスを置きたくない

デイリーサッカーニュース Foot! FRIDAY“ESPECIAL”(11/04)
 
ゲスト:幸谷秀巳さん

サイドバックが3バックを形成します。これが3-4-3の攻撃的な形ですよね。この時点で、前に6人いますよね。そこにサイドバックの二人が来るわけですよね。相手がもし4-4-2にしても4-2-3-1とかにしても両サイドで守備の時は2対3の形、攻撃のときは3対2の形ができるわけですね。どんどん攻撃を活性化して前に出る。
バルサが唯一違うのは4の中盤のところですよね。絶対にディフェンスを置かない。攻撃的に行く時もそうですし、守るときもそうなんですけど、3-4-3の4のところにディフェンスを置きたくない。

チェルシーのファンは安心すべきだ。ヴィラス・ボアスはこのゲームで全く満足したそぶりを見せなかった。33歳の彼はすでにプレミアリーグ優勝への道のりをイメージしている

デイリーサッカーニュース Foot! WEDNESDAY(08/17)

ガーディアンの記者、ドミニク・ファイフィールドは開幕戦を振り返り、こう綴っている。
チェルシーのファンは安心すべきだ。ヴィラス・ボアスはこのゲームで全く満足したそぶりを見せなかった。33歳の彼はすでにプレミアリーグ優勝への道のりをイメージしている。

BBCの記者、スチュワート・ローソンは記事をこう締めくくっている。
チケットの値段に対する不満は常にフットボールファンの一番の話題である。誰もフットボール観戦を強制されているわけではない。重要なことはクラブがお金に見合うものを提供しているか、クラブはフットボールへの情熱と愛情から不当に金儲けをしていないかということなのだ。

日本をなめているというかね、そういうところで僕は戦ってきましたよ。日本をなめるんじゃないぞと

2010年9月10日放送 J sports 2 10/11 Foot!

MC:平畠啓史さん
ゲスト:福西崇史さん

まじめな選手は話も聞いてくれるし、融合させようという意図は見えるんですけれども、強気で俺がやってやるよという選手もたくさんいるんですよね。日本をなめているというかね、そういうところで僕は戦ってきましたよ。日本をなめるんじゃないぞと。こう言ってきたけど、お前がやればいいじゃんとか。それは戦わないと、なめられてしまいますからね。
それはプロの選手の、一選手だし。
あとは自分のやっているのを見せないといけないですね、やっていることを。やらなければいけないというところもありますけれども、そこで上手く外国人のいいところと日本人のいいところが混ざれば、本当に強いチームが生まれるんじゃないですか。

この間みたいに、まあまあなサッカーして勝つと、僕はいつも思うのは、言葉では難しいですけれども、ケチケチなサッカーはやめてほしいな

2010年8月21日放送 JスポーツPlusH 10/11 Foot! #1

MC:倉敷保雄さん
ゲスト:アデマール・ペレイラ・マリーニョさん/亘崇詩さん

新生ブラジル代表&南米モロモロ特集
(1)新生ブラジル代表特集
(2)南米における代表監督決定の方法

政治っぽくじゃないとできないということですよね。まずメディアとのやり取りもありますし、協会の方針もあって、実は公表する方針、実際の方針があって、それを上手くまとめなければならないのは、本当に政治の気持ちを持たないと出来ない職業じゃないかなという感じがしますね。
一番いい言葉はバランスですよね。いろんなファクターがあって、それを上手くまとめる人が成功するんですよね。結局、100%がみんな幸せになるわけではないんですけど、バランスの取れる監督がいいんですね。

サッカーと思うのは、まず攻撃しなければならないと。自分が4-2-3-1、4バックが好き。結局、4バックということが、今度はボランチが一人でもいいからという感じで、攻撃的なチーム作りができると思いますからね。ブラジルはみんなそう見たいんですよ。結果は必要だけど、いいサッカーをして、勝つということは最高ですから。この間みたいに、まあまあなサッカーして勝つと、僕はいつも思うのは、言葉では難しいですけれども、ケチケチなサッカーはやめてほしいな。堂々と負けてもいいです。それだけでもブラジルらしいサッカーだと思いますよ。ケチなサッカー駄目。

第2戦ホームということは、相手チームはアウェイですから、アウェイゴールで意気消沈というパターンが非常に多かったですから

2010年5月29日放送 JスポーツPlusH 09/10 Foot! #39

MC:倉敷保雄さん
ゲスト:木村浩嗣さん

第2戦ホーム有利という図式はどうだったのか。
今シーズンなかったし、これからもないのかなという気がしました。第2戦ホームということは、相手チームはアウェイですから、アウェイゴールで意気消沈というパターンが非常に多かったですから。レアル・マドリーもマンチェスターもそうでした。
第2戦ホームはベスト16で見ると4勝4敗。ベスト8で1勝3敗。準決勝では0勝2敗。トータル5勝9敗。モウリーニョの言うところのグジョンセンの影響はあったかもしれませんけどね。来シーズンは何を楽しみにご覧になりますか。
目標はインテルだと思うんですよ。インテルの非常に攻守のバランスのいい、特に守備力のいいチームを攻撃力のあるバイエルン、あるいはバルセロナのようなチームが倒す、倒さないというようなところじゃないですかね。
モウリーニョがいなくても平気ですか。
わからないです。それぐらい監督の力は大きいですね。

前のマイコン使うか、現在のマイコン使うか、楽しみだなと。おそらく前のマイコンじゃないかなと

2010年5月22日放送 JスポーツPlusH 09/10 Foot! #38

MC:倉敷保雄さん
ゲスト:アデマール・ペレイラ・マリーニョさん

こんなに攻撃的な面でも、ダニウ・アウベスを圧倒するような右のサイドバックは、もうマイコンで決まりと思うじゃないですか。その攻撃力をドゥンガは使うでしょうか。
そこはまた別の話じゃないかなと。おそらくモウリーニョがマイコンの攻撃的な特徴をかって利用しましょうと。ドゥンガ場合は8割ぐらいはディフェンスだぞと。チャンスがあれば前に上がってもいいよと。ドゥンガはいつも言っているんだけど、選手の特徴を利用したいと。マイコン今、変わってきましたからね。前のマイコン使うか、現在のマイコン使うか、楽しみだなと。おそらく前のマイコンじゃないかなと。

ドゥンガ。全部名前変えて、ドゥンガ、ドゥンガ、ドゥンガと変えてもいいんですよ。もちろん安定はしているし、特にディフェンダーの面ではね。ミッドフィルダー見ていると、本当に攻撃的な選手はカカぐらいですよ。カカが壊れたらもうない。ジュリオ・バチスタしかない。本当にカカ頼みという感じですからね、彼が怪我したら、このチームはどうなるでしょうね。

すごく良くなってきました。ですから、このワールドカップでは大きな一本になる可能性が高いですね。まだスーパースターではない。ビッグクラブでプレーしてない。おそらくワールドカップで点をたくさん取って、今、コンフェデの得点王、予選の得点王、いいんだかれど、世界じゃないんですね、まだ。もしかすると、ワールドカップで優勝して、得点王になったら、完全にバルサか、レアルが引き取ると思うんですよ。それで彼がスーパースターになる。今、彼にとっては分かれ目の時期になるんじゃないかなと思います。いまのルイス・ファビアーノのまま終わるか、スーパースターになるか、このワールドカップで決まると思いますね。

残念ながら、ここ何年かに比べると下降期にはあるかなと思いますけどね

2010年5月15日放送 JスポーツPlusH 09/10 Foot! #37

★ヒデキの“プレミアリーグ講座”
MC:倉敷保雄さん ゲスト:粕谷秀樹さん

残念ながら、ここ何年かに比べると下降期にはあるかなと思いますけどね。それは、今までお金を使えていたチームが使えなくなったことによる戦力ダウンもあるんですけど、であるならば、スパーズ、マンチェスター・シティ以外、アストン・ヴィラとかも、終盤でなくて、最終盤までチャンピオンズリーグ争いをもっと激しくして、できたと思うんですよ。ところが、あっさりビッグ3に離されて、残りの座を意外とゆっくり二つが争ってという形になったじゃないですか。だから、もうちょっと下からの突き上げがあってもいいのかなと思いましたけどね。
僕はワールドカップの行われるシーズンというのは、その国のリーグが、どのくらいの情熱とか、強さを持って戦っているというのが、その国のナショナルチームに影響するという説を自分で持っているんですよ。だから、いま、J心配なんですけれども、イングランド代表にはどのくらいのとこで推移していくと思いますか。
あまりいいとは思わないですよね。やっぱり国民的人気と言ったらオーバーかもしれませんけど、みんなが注目しているマンチェスター・ユナイテッドとリヴァプールがピッチ外の注目のほうが大きかったじゃないですか。オーナーシップの問題ですけど。ワールドカップイヤーにその問題が非常にクローズアップされたというのは、イングランド代表にとってあまり好ましくないなと思いますけどね。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

10/11 プレミアリーグ | 3カット美人 | AFCチャンピオンズリーグ | E.N.G イングランドサッカー情報番組 | Foot! | UEFA Europa League | UEFAチャンピオンズリーグ | たけしアート☆ビート | たべもの一直線 | にっぽん紀行 | やべっちFC | ようこそ先輩 | アインシュタインの眼 | アスリートの魂 | アレ今どうなった? | イングランド プレミアリーグ | インタビュー | オンリーワン | カンブリア宮殿 | ガイアの夜明け | クローズアップ現代 | サキどり↑ | サッカー | サッカーネット プレスパス | ジェネレーションY | スポーツ大陸 | スーパーサッカー | セカイでニホンGO! | ソロモン流 | タイムスクープハンター | ディープピープル | トップランナー | ドキュメンタリー | ドキュメント20min. | バラエティ | バルサTV | ファミリーヒストリー | ファーストジャパニーズ | フットボールクラッキ | ブラタモリ | ブンデスリーガ | プレミアリーグ09/10 | プレミアリーグ・ワールド2009 | プロフェッショナル | ボクシング | マーケットウィナーズ | ラップトゥデイ | リーガダイジェスト | ワンダー×ワンダー | ワールドビジネスサテライト | 世界の競馬 | 井崎脩五郎のニッポン競馬史 | 働くって夢見ること? | 名将の采配 | 告白TV | 地球アゴラ | 地球イチバン | 大相撲 | 将棋 | 情熱大陸 | 映画・テレビ | 月刊やさい通信 | 月刊サッカーアース | 未来をつくる君たちへ | 歴史 | 歴史秘話ヒストリア | 水上の挑戦者 | 熱中人 | 熱中時間 | 爆問学問 | 爆笑問題のニッポンの教養 | 特報首都圏 | 百年旅行 | 目撃!日本列島 | 知る楽選 | 競馬 | 競馬場の達人 | 管理人のつぶやき | 経済ワイドビジョンe | 経済・政治・国際 | 経済最前線 | 追跡!A to Z | 週刊 ニュース深読み | )アスリートの魂 | A1 NEWS STAGE | CHANGE MAKER | COOL JAPAN | FOOT × BRAIN | GLOCALジャポン | Jリーグアフターゲームショー | Jリーグタイム | Mプラス Express_ | NEWS FINE | NHKスペシャル | Newsモーニングサテライト | S☆1スパサカ | TOKYO ニュース REMIX | UEFAチャンピオンズリーグ09/10 | UEFAチャンピオンズリーグ・マガジン

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ