カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー「バルサTV」の51件の記事

夏にカタール人がオーナーに就任したマラガ、この冬にはデミチェリスなど5人の選手を新たに獲得し、アンダルシアのミニマンチェスターシティなんて呼ばれ方もされています

2011年1月21日放送 J sports 2 バルサTV バルサ・エス・バルサ10/11 ~#23 

夏にカタール人がオーナーに就任したマラガ、この冬にはデミチェリスなど5人の選手を新たに獲得し、アンダルシアのミニマンチェスターシティなんて呼ばれ方もされていますが、リーガを知り尽くすペジェグリーニに率いられたこのチームが、それこそシティのように近い将来、優勝争いをするチームになっていても何ら不思議ではありません。とはいえ、今のところ何十年も同じスタイルを貫くバルサと入団して数日の選手5人がスタメンを張るマラガとでは、チームの完成度に雲泥の差があることは確か。それを認めているからなのか、この日、カタール人のその名物オーナーはスタジアムに姿を現さなかったそうです。

試合後、ぺレス会長がマドリーの歴史上最悪の敗戦と評したそうですが、それはつまりバルサ史上最高の勝利と言えるのかもしれません

2010年11月30日放送 J sports 2  バルサTV バルサ・エス・バルサ10/11 ~#17  

試合前、史上最高レベルのクラシコになると謳われていた両チームの対戦でしたが、終わってみれば、5対0。試合後、ぺレス会長がマドリーの歴史上最悪の敗戦と評したそうですが、それはつまりバルサ史上最高の勝利と言えるのかもしれません。

578本のパスを通し、26本のシュートをアワテの守るゴールにはなったバルサでしたが、この日の勝ち点は1どまり

2010年10月8日放送 J sports 2 バルサTV バルサ・エス・バルサ10/11 #9

578本のパスを通し、26本のシュートをアワテの守るゴールにはなったバルサでしたが、この日の勝ち点は1どまり。しかし、足りなかったのはゴールだけ。代表ウィークが明けて、カンプノウの芝が整えば、いつものバルサが戻ってきそうな気がします。本当のリーガは第7節のバレンシア戦からです。

昨シーズンは1しか獲得できなかったカルデロンとサンマメスの2試合で6をもぎ取ったわけですから、プラスマイナスでいうと、プラスの4

2010年10月1日放送 J sports 2 バルサTV バルサ・エス・バルサ10/11 #8

ちなみにバルサは公式戦を8試合戦い6勝2敗、その内セルヒオは勝った6試合にフル出場を果たし、負けた2試合に1分も出場していないという興味深いデータもあります。ヘルクレス戦の負けにより、昨シーズン、勝ち点を二つしか落とさなかったカンプノウで、すでに三つ落としているバルサ。しかし、昨シーズンは1しか獲得できなかったカルデロンとサンマメスの2試合で6をもぎ取ったわけですから、プラスマイナスでいうと、プラスの4。昨年を上回る計算が成り立ちます。

特別悪い内容ではなかったものの、またもやルビンに勝てなかったバルサ。これにより、バルサとの対戦を消化していないコペンハーゲンがグループDの首位に躍り出ました。

こういったタックルでスペクタクルなプレーが阻止されることは、バルサに限らず、フットボール全体にとって大きな損失と言えるでしょう

2010年9月24日放送 J sports 2 バルサTV バルサ・エス・バルサ10/11 #7

バルサに3点目が生まれなかったことで、最後まで緊張感のある白熱試合となったこのゲーム、しかし、だからと言って悪質なタックルがもちろん許されるわけではありません。ロスタイムにウィファルシがメッシの足首を踏みつけ一発退場。試合後、ウィファルシはメッシのもとにわざとではなかったと謝りに行ったそうですが、我々ファンにできることは、彼のその言葉を信じること。そして、世界一のフットボーラーの怪我が一日でも早く完治するように祈ることだけです。とにかく、こういったタックルでスペクタクルなプレーが阻止されることは、バルサに限らず、フットボール全体にとって大きな損失と言えるでしょう。担架で運ばれるメッシ、痛みと悔しさで涙を抑えることができませんでした。
ペップが監督に就任後、初めてビセンテカルデロンで勝ち点3を獲得したバルサ、しかし、大きな勝利を手にした直後であっても、この夜ばかりは選手にも監督にも笑顔はありませんでした。

スポルティングにがっちり守られたこと。そして、芝の影響もあり、あまりリズム良くパスを回せなかったことが影響し、ホームゲームとしては物足りない内容でしたが、ひとまずカンプノウでのリーガ初勝利を飾ったバルサ。メッシの不在を全く感じさせなかったと言ったらうそになるかもしれません。しかし、守備陣はこの日も枠内シュートをゼロに抑え、攻撃面では、いつもメッシがこなす仕事を新加入のビージャが成し遂げ、しっかりと勝ち点3を獲得。十分でしょう。

この負けは2シーズン前のヌマンシア戦、そして南アフリカでのスイス戦と同様に、ハッピーエンドの終えるための予防接種の役割を果たしてくれるはずです

2010年9月17日放送 J sports 2 バルサTV バルサ・エス・バルサ10/11 #6

開幕2試合目にして、それもカンプノウで、それも昇格チームを相手に敗戦を喫した6冠王バルサ。しかし、シーズンはまだ始まったばかり。この負けは2シーズン前のヌマンシア戦、そして南アフリカでのスイス戦と同様に、ハッピーエンドの終えるための予防接種の役割を果たしてくれるはずです。

特別な場所ウェンブリーに向かって力強い第一歩を踏み出したバルサ。試合後、グリコフ監督の我々にできたことはボールのあとを追いかけるだけという言葉通り、手のつけられえないバルサが帰ってきました。

正直な話、バルサらしいコンビネーションやパス回しは数えるほどしか見ることができなかったこの開幕戦

2010年9月4日放送 JスポーツPlusH バルサTV バルサ・エス・バルサ10/11

正直な話、バルサらしいコンビネーションやパス回しは数えるほどしか見ることができなかったこの開幕戦。しかし、ゴールを決めたイニエスタやPKをストップしたヴィクトル・バルデスをはじめ、急遽スタメン出場となっても安定した守備を見せたピケ、そして相変わらずのキープ力をいかんなく発揮したチャビなど、南アフリカで世界の頂点に立った選手たちが要所要所で輝きを放ちました。

バルサは今シーズンもファンにはたまらないスペクタクルを、そして相手チームには耐えがたい恐怖を与えるチームであることは間違いなさそうです

2010年8月28日放送 JスポーツPlusH バルサTV バルサ・エス・バルサ10/11 #3

●特集―韓国ツアー密着
●ハイライト&試合後インタビュー

―10/11 スーペル・コパ・デ・エスパーニャ 2ndレグ
FCバルセロナ vs セビージャ
3対1のあとの4対0という見事なレモンターダで、マドリーの8回を上回る9度目のスーペル・コパを獲得したバルサ、世界チャンピオン8人のうち、唯一この日出場しなかったカプタン・プジョールがカップを掲げます。主力選手のコンディションやモチベーションが心配された、シーズンの最初の2試合でしたが、バルサは今シーズンもファンにはたまらないスペクタクルを、そして相手チームには耐えがたい恐怖を与えるチームであることは間違いなさそうです。

―ガンペール杯
FCバルセロナ vs ACミラン

3人のカンテナーノのトップデビューなど明るい話題もありましたが、セビージャの強さを認めざるを得ない試合でした

2010年8月21日放送 JスポーツPlusH バルサTV バルサ・エス・バルサ10/11 #2

ビージャ、アドリアーノ入団
サンドロ・ルセイ、会長選挙に当選
プレシーズン始動
マルケス退団会見

ハイライト&試合後インタビュー
10/11プレシーズンマッチ
バレレンガ、Kリーグ選抜、北京国安戦
10/11スーペル・コパ・デ・エスパーニャ(1st)セビージャ×FCバルセロナ
スーペル・コパ セカンドレグに向けて

3人のカンテナーノのトップデビューなど明るい話題もありましたが、セビージャの強さを認めざるを得ない試合でした。2年連続、9度目のスーペル・コパ優勝を手にするには、カンプノウで2点差をはね返すしかありません。
昨シーズンに続きスーペル・コパ連覇を狙うペップバルサ、シーズン初めにして早くも一つ目の決戦です。

クラブ記録であったロナウドの34ゴール、そして公式戦47ゴールという途轍もない記録に肩を並べることとなりました。セリアさん、この子を産んでくれてありがとう

2010年5月22日放送 JスポーツPlusH バルサTV バルサ・エス・バルサ09/10 #40

バルセロナ4-0ヴァジャドリード
最後の4節で、2点2点1点2点とゴールを積み上げたレオ・メッシ。クラブ記録であったロナウドの34ゴール、そして公式戦47ゴールという途轍もない記録に肩を並べることとなりました。セリアさん、この子を産んでくれてありがとう。
この日も0点に抑え、サモーラ賞を受賞することが決まったビクトル・ヴァルデス。あれだけ拒み続けていたデルボスケも遂に折れ、この男を南アフリカに連れていくことを決めました。
残り5分で、ベンチにいたカンプ・ノウの恋人、みんな大好きイニエスタがピッチに登場し、ファンは大喜び。そして、テレテラサの試合終了の笛、その瞬間、バルサが20回目のリーグ制覇を達成しました。獲得勝ち点99、1シーズンでの勝利数31、得失点差74は全てリーガ・エスパニョーラにおいて新記録。まさに繰り返すことが不可能な完全優勝です。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

10/11 プレミアリーグ | 3カット美人 | AFCチャンピオンズリーグ | E.N.G イングランドサッカー情報番組 | Foot! | UEFA Europa League | UEFAチャンピオンズリーグ | たけしアート☆ビート | たべもの一直線 | にっぽん紀行 | やべっちFC | ようこそ先輩 | アインシュタインの眼 | アスリートの魂 | アレ今どうなった? | イングランド プレミアリーグ | インタビュー | オンリーワン | カンブリア宮殿 | ガイアの夜明け | クローズアップ現代 | サキどり↑ | サッカー | サッカーネット プレスパス | ジェネレーションY | スポーツ大陸 | スーパーサッカー | セカイでニホンGO! | ソロモン流 | タイムスクープハンター | ディープピープル | トップランナー | ドキュメンタリー | ドキュメント20min. | バラエティ | バルサTV | ファミリーヒストリー | ファーストジャパニーズ | フットボールクラッキ | ブラタモリ | ブンデスリーガ | プレミアリーグ09/10 | プレミアリーグ・ワールド2009 | プロフェッショナル | ボクシング | マーケットウィナーズ | ラップトゥデイ | リーガダイジェスト | ワンダー×ワンダー | ワールドビジネスサテライト | 世界の競馬 | 井崎脩五郎のニッポン競馬史 | 働くって夢見ること? | 名将の采配 | 告白TV | 地球アゴラ | 地球イチバン | 大相撲 | 将棋 | 情熱大陸 | 映画・テレビ | 月刊やさい通信 | 月刊サッカーアース | 未来をつくる君たちへ | 歴史 | 歴史秘話ヒストリア | 水上の挑戦者 | 熱中人 | 熱中時間 | 爆問学問 | 爆笑問題のニッポンの教養 | 特報首都圏 | 百年旅行 | 目撃!日本列島 | 知る楽選 | 競馬 | 競馬場の達人 | 管理人のつぶやき | 経済ワイドビジョンe | 経済・政治・国際 | 経済最前線 | 追跡!A to Z | 週刊 ニュース深読み | )アスリートの魂 | A1 NEWS STAGE | CHANGE MAKER | COOL JAPAN | FOOT × BRAIN | GLOCALジャポン | Jリーグアフターゲームショー | Jリーグタイム | Mプラス Express_ | NEWS FINE | NHKスペシャル | Newsモーニングサテライト | S☆1スパサカ | TOKYO ニュース REMIX | UEFAチャンピオンズリーグ09/10 | UEFAチャンピオンズリーグ・マガジン

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ